Office Hack

エクセルの行削除の情報まとめ

  • Release

行の削除は、Excelで最も頻繁に行う操作の1つといっても過言ではありません。行の削除は、マウスだけでなく、ショートカットやVBAでも行うことができます。

今回は、行の削除に関する様々な情報をまとめてご紹介します。

多くの行を削除したい場合も、重複した行を一度に削除したい場合も、この記事を参考にして行を削除するとよいでしょう。

通常の行の削除方法

行を削除するための通常の方法については、以下のとおりです。

作業時間:1分

行番号を選択する

行番号を選択する

行番号(例:4)を選択します。

右クリックして削除を選択する

削除を選択する

①行番号(例:4)の上で右クリックし、②削除を選択します。

選択していた行の削除が完了

削除の完了

選択していた行が削除されました。

行を削除するショートカット

行を削除するショートカット

行の削除はマウスで行う方が多いと思いますが、ショートカットを利用することもできます。

ショートカットの使い方には、行を選択してから削除する方法と、セルを選択してから行全体を削除する方法があります。詳細については、以下の記事を参照してください。

エクセルの行の削除のショートカット

不要な行を削除

ジャンプダイアログボックスの表示

Excelで不要な行を削除する方法はいろいろありますが、中でも比較的効率の良いのは、ジャンプダイアログボックスで削除する方法、フィルターを使用して削除する方法、シートの末尾の行まで削除する方法です。

次の記事では、行を削除するための効率的な3つの方法について説明します。

エクセルで不要な行を削除する方法

空白行を削除

選択した行の削除を行う

空白行の削除は、マウスを使う方法と、ショートカットを使う方法の2つが基本です。

以下の記事では、その両方の方法について説明し、詳細を解説しています。

エクセルで空白行を削除する方法

空白行を詰める関数
空白を詰める関数

空白行を詰めるには、以下の5つの関数を使う方法があります。

  • IFFERROR関数
  • INDEX関数
  • SMALL関数
  • IF関数
  • ROW関数

5つの関数を組み合わせて空白行を詰める方法については、以下の記事を参照してください。

Excelで空白行を詰める関数

重複行を削除

重複の削除

Excelでは、重複したデータは誤認識の原因となり、そのままにしておくと業務に重大なミスをもたらす可能性があります。

マウスやアクセスキーで重複ダイアログボックスを表示させ、重複しているデータを抽出・削除する方法があります。詳しくは、以下の記事をご覧ください。

Excelで重複した行を削除する方法

1行おきに削除

1行おきに削除する

データ量が多い場合、手作業で1行ずつ交互に削除していくのは非常に面倒な作業です。

以下の記事では、並べ替えおよびフィルターの機能を使って1行ごとに削除する方法について説明します。

上図では、A列に数字(1、2)が割り当てられており、一度に削除しやすいように昇順に並べ替えられています。2だけの行を選択して削除すると、1行ずつ交互に削除した結果になります。

エクセルで1行おきに削除する方法

偶数行を削除

偶数行を削除する

Excelで偶数行だけ空白だったりすると、手作業で修正しなければならないことを想像するだけで途方に暮れてしまいます。

しかし、MOD関数を使えば、偶数行を数値で表示することができ、簡単に削除することができます。

以下では、MOD関数を使って偶数行を削除する方法を紹介します。

エクセルで偶数行を削除する方法

行を大量に削除

大量のデータ削除を行う

大量の空白行や不要なデータを削除し、必要な行だけを保存したいと考える方も多いのではないでしょうか。

行データを減らすことで、重いPCの動作がスムーズになり、作業中の画面フリーズを防ぐことができます。

行を大量に削除する方法については、以下の記事を参照してください。

エクセルで一括で大量の行削除を行う方法

VBAを使って行を削除

VBAで行を削除する

Excelでデータを管理している方の中には、定期的に同じ行を何度も削除するのが面倒だと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

以下の記事では、Excelで指定した行や空白行をVBAのコードで削除する方法を解説しています。

Excel VBA(マクロ)を使って行を削除する方法

行を削除すると関数がずれる

行の削除によるずれを関数で無くす

行を削除すると、ずれによってExcelの計算が正しく参照されず、エラーが表示されることがあります。

以下の記事では、OFFSET関数とINDIRECT関数をそれぞれ使って、エラーを回避する方法を説明します。

エクセルで行の削除で関数の参照がずれる場合

行を削除できない

行が削除できない

Excelで行を削除できない状況に遭遇したとき、煩わしさを感じる人も多いのではないでしょうか。

以下の記事では、エクセルの行を削除できないときの対処法を紹介します。見出しの行が削除できないとき、シートが保護されているときの対処法を説明します。

エクセルで行が削除できない場合