Office Hack

エクセルの行番号を表示(関数で取得)する方法

  • Release

この記事では、エクセルで関数を使って行番号を取得する方法をご紹介します。

行番号の取得ができるようになると、例えば各行に連番を入力したい場合や関数内で行を指定する時などに役立てることが出来ます。

関数で行番号を取得する基本的な方法について学んでおきましょう。

行番号を関数で取得する方法

対象セル、または対象範囲の行番号が求められる「ROW関数」を使うことで行番号を取得できます。

今回は、「現在の行番号を表示する方法」と「指定したセルの行番号を表示する方法」の2通りをご紹介します。

ROW関数の書式は「=ROW(参照)」です。ROW関数の使い方や他の関数との組み合わせなどについては以下の記事をご参照ください。

ExcelのROW関数の使い方|セルの行番号を求める

現在の行番号を表示する

関数を入力したセルの行番号を表示する方法をご紹介します。

作業時間:1分

ROW関数を入力する
ROW関数を入力する

任意のセル(例:B1セル)を選択して、「=ROW()」と入力し、Enterを押します。

数式をコピーする
オートフィルでコピーする

今回はB1セルに入力したので「1」と表示されました。数式をコピーすると行番号をさらに表示できます。ROW関数を入力したセル(例:B1セル)を選択し、セルの右下角にある■(フィルハンドル)を下に向かってドラッグします。

行番号が表示される
行数が表示される

これで、数式をコピーしたセルにもそれぞれのセルの行番号が表示されました。

指定したセルの行番号を表示する

ROW関数では、「参照」の引数に任意のセル番地を指定することでそのセル番地の行番号を取得することが出来ます。

ROW関数を使って、指定したセルの行番号を表示する方法をご説明します。

関数を入力する

今回はB3セルの行番号を取得します。

任意のセル(例:A1セル)を選択し、「=ROW(B3)」と入力して、Enterを押します。

選択したセルの行番号が取得できる

これで行番号を取得できました。

今回は「B3セル」を指定したので「3」と表示されています。