Office Hack

Excelの改行をCLEAN関数で一括削除する方法

  • by kenji
  • Release

ここではエクセルのセル内の改行の削除方法をお伝えします。削除方法は3つあり、「通常のBackSpaceで削除」する方法と「関数で削除」する方法、最後に「改行コードを指定し、一括置換して削除」する方法をご説明します。

BackSpaceキーで削除

改行を消すためにカーソルを合わせる

改行後の行の冒頭にカーソルを合わせます。

BackSpaceキーで削除

BackSpaceキーを押すと、改行が削除されます。

改行コードをCLEAN関数でまとめて削除

CLEAN関数の入力

CLEAN関数とは、印刷できない文字を文字列から削除します。先ほどCHAR関数で出てきた、CHAR(10)という目に見えない改行コードをCLEAN関数で削除することができます。

『=clean』と入力します。

CLEAN関数の反映

改行を消したいセル(A1)を参照し確定すると、CLEAN関数が入っているB1セルの改行が削除されました。

他のセルへ反映

B2、B3の他のセルにも反映させて完了です。

Ctrl+Jで一括置換し、まとめて削除する方法

その他、様々な改行の編集方法