Office Hack

エクセルで行を選択する情報まとめ

  • Release

行の削除や入れ替えなどを行う場合は、まず行を任意の位置で選択する必要があります。

この記事では、行の選択に関する様々な情報をまとめてご紹介します。

行全体を選択する方法や、行を選択するためのショートカットキーなどについてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

行全体を選択する

行全体を選択する方法をご紹介します。

一行をすべて選択する方法

一行をすべて選択する方法をご紹介します。

作業時間:1分

行番号を選択する
行番号を選択する

今回は一行目をすべて選択します。一行目の行番号を選択します。

行全体が選択できる
行全体が選択できる

これで、一行全体を選択することが出来ます。画面は自動的に行の端には移動しませんが、右にスクロールしていくと行全体が選択されていることが分かります。

行を全選択するショートカット

行全体を選択する際に、ショートカットキーを使用することも出来ます。

ショートカットキーを使うと、マウスから手を離さずに操作が出来るため大変便利です。

行全体を選択するショートカットキーについては、以下の記事をご参照ください。

エクセルで行を全選択する方法

行を選択するショートカット

空白セルの直前まで選択できる

行の選択はショートカットキーで行うこともできます。

上の画像は、ショートカットキーを使って「同じ行の中で、A1セルから”空白セル”の直前のセル」までを選択した例です。

このショートカットキーを使うと、例えば表の見出しのみを一括で選択することができ大変便利です。

以下の記事では、他にも「同じ行の先頭まで選択する」ショートカットキーや「行全体を選択する」ショートカットキーについてご紹介しています。

エクセルで行を選択するショートカット

最後の行まで選択する

最終行まで選択する

行選択では、「表の最後の行」や「シートの最終行」も簡単に選択することが出来ます。

上の画像は、シートの最終行をショートカットキーで選択した例です。

以下の記事では、「ショートカットキーを使って最後の行まで選択する方法」や「名前ボックスを使って表の最後の行まで選択する方法」等についてご紹介しています。

エクセルの最後の行まで選択する方法