Office Hack

少しでも速く!Excelの行や列に関するショートカットキー

  • by masahiro
  • Release
  • Update

例えばD列とE列の間に1列追加したい、6行目を削除したいなど、行や列に関する操作は頻繁に発生します。行や列の挿入や削除、または非表示や再表示など、これらの作業がキーボードで操作できると少し捗りますね。

ここでは、「行」と「列」に特化したショートカットキーの使い方をお送りいたします。ぜひ参考にしてください。

Excelのショートカットキー一覧PDFをプレゼント!

224種類のショートカットキーがまとめられているPDFを、「Facebookページへのいいね!」や「Twitterのフォロー」をしていただいた方へプレゼントいたします。

タブレットでPDFを表示したり紙に印刷することで、いつでもExcelのショートカットキーを確認できます。PDFの入手方法としては、以下の2つのどちらかを選択ください。

Twitter経由でPDFを入手する

  1. Twitterへログイン後、Office Hack Twitterページへアクセスする
  2. 【フォローする】ボタンを押します
  3. フォロー後、【ダイレクトメッセージ】ボタンを押します
  4. メッセージに「ExcelショートカットキーのPDFを送付ください」と書いて、送信します
  5. こちらからPDFをダウンロードする方法をご案内します

Facebook経由でPDFを入手する

  1. Facebookへログイン後、Office Hack Facebookページへアクセスする
  2. Facebookページの【いいね!】ボタンを押します
  3. いいね!後、【メッセージを送る】ボタンを押します
  4. メッセージに「ExcelショートカットキーのPDFを送付ください」と書いて、送信します
  5. こちらからPDFをダウンロードする方法をご案内します

行や列を選択する

選択範囲を行全体に広げる

現在のアクティブセルの行全体を選択するショートカットキーはShift+Spaceとなります。

※ただし入力モードが「英数」の場合のみです

選択範囲を列全体に広げる

現在のアクティブセルの列全体を選択するショートカットキーはCtrl+Spaceとなります。

行や列を挿入する

行を1行挿入する

挿入したい行全体を選択します。

行全体を選択した状態でCtrl+Shift++を押下すると1行挿入されます。

列を1行挿入する

挿入したい列全体を選択します。

列全体を選択した状態でCtrl+Shift++を押下すると1列挿入されます。

行や列を削除する

行を1行削除する

削除したい行全体を選択します。

行全体を選択した状態でCtrl+を押下すると1行削除されます。

列を1行削除する

削除したい列全体を選択します。

列全体を選択した状態でCtrl+を押下すると1列削除されます。

行や列を非表示にする

行を1行非表示にする

非表示にしたい行全体を選択します。

行全体を選択した状態でCtrl+9を押下すると1行非表示になります。

列を1列非表示にする

非表示にしたい列全体を選択します。

列全体を選択した状態でCtrl+0を押下すると1列非表示になります。

行を非表示にしたものを再表示する

行を再表示させる

非表示にした行の前後1行を選択します。

行の前後1行をを選択した状態でCtrl+Shift+9を押下すると行が再表示されます。

他のショートカットキーも合わせてチェック!

Excel Hackでは、ここでご紹介できなかったショートカットキーの一覧ページもご用意しております。ぜひ、参考にしてください。

この記事のおすすめ商品

たった1秒の最強スキル パソコン仕事が10倍速くなる80の方法

192ページ

気に入ったらSHARE!!