投稿者:公開日:  最終更新日:

必ず覚えよう!頻繁に使うExcelショートカットキー

必ず覚えよう!頻繁に使うExcelショートカットキー

はじめに

保存する・切り取る・コピーする・貼り付ける操作は、基本Excel以外の場面でも多用しますね。もちろんこれらのコマンドは、エクセルでも変わらない操作方法で利用することができます。

さらにテキストを太くする・斜体にする・下線を引くなども頻繁に利用します。

ここでは、よく登場するショートカットキーをまとめてみました。

Excelのショートカットキー一覧PDFをプレゼント!

224種類のショートカットキーがまとめられているPDFを、「Facebookページへのいいね!」や「Twitterのフォロー」をしていただいた方へプレゼントいたします。

タブレットでPDFを表示したり紙に印刷することで、いつでもExcelのショートカットキーを確認できます。PDFの入手方法としては、以下の2つのどちらかを選択ください。

Twitter経由でPDFを入手する

  1. Twitterへログイン後、Office Hack Twitterページへアクセスする
  2. 【フォローする】ボタンを押します
  3. フォロー後、【ダイレクトメッセージ】ボタンを押します
  4. メッセージに「ExcelショートカットキーのPDFを送付ください」と書いて、送信します
  5. こちらからPDFをダウンロードする方法をご案内します

Facebook経由でPDFを入手する

  1. Facebookへログイン後、Office Hack Facebookページへアクセスする
  2. Facebookページの【いいね!】ボタンを押します
  3. いいね!後、【メッセージを送る】ボタンを押します
  4. メッセージに「ExcelショートカットキーのPDFを送付ください」と書いて、送信します
  5. こちらからPDFをダウンロードする方法をご案内します

ファイルを開くショートカットキー

ファイルを開く

新しくファイルを開くには、Ctrl+Oとなります。

Macの場合:+O

切り取りを行うショートカットキー

切り取り

選択されたセルを切り取りとるには、Ctrl+Xとなります。

Macの場合:+X

貼り付ける前のセルの切り取り状態中は、上図のようにセルの枠が破線になります。

コピーを行うショートカットキー

コピー前

選択されたセルをコピーするには、Ctrl+Cとなります。

Macの場合:+C

貼り付ける前のセルのコピー状態中は、上図のようにセルの枠が破線になります。

貼り付けを行うショートカットキー

コピー後

切り取りまたはコピーされた内容を貼り付けるには、Ctrl+Vとなります。

Macの場合:+V

上図はB2のセルをコピーし、D2に貼り付けました。

貼り付けを行う際に形式を選択する

書式のコピー前

エクセルは、値のみの貼り付けや書式のみの貼り付けなど、貼り付ける際に様々な形式が選択ができます。できれば形式の選択もキーボードのみで操作しましょう。

B2セルをコピーします。

書式のコピー後

D2セルに貼り付けるとB2セルの「テキスト」「書式:黄色い背景」がコピーされました。同時に右下に形式を選択するポップアップが表示されております。

貼り付けの形式を選択

Ctrlキーを押下すると、選択画面が展開されます。方向キーで貼り付け形式を選択しEnterで実行してください。

書式設定

書式(黄色い背景)のみコピーされました。

直前のコマンドを元に戻すショートカットキー

直前のコマンドを元に戻す説明

作業を一つ戻したいときに利用します。直前のコマンドまたは操作を元に戻すには、Ctrl+Zとなります。

Macの場合:+Z

直前のコマンドを元に戻す

4の入力(直前の操作)を元に戻したので、セルが空白となります。

直前のコマンドを繰り返すショートカットキー

直前のコマンドを繰り返すショートカットキー

Ctrl + Zで操作を元に戻した場合、復活させるのによく使います。直前のコマンドまたは操作を繰り返すには、Ctrl+Yとなります。

Macの場合:+Y

テキストを太字にするショートカットキー

文字を太字にする

テキストを太字にするには、Ctrl+BまたはCtrl+2となります。

Macの場合:+B

文字の太字を戻す

テキストの太字を解除するには、再びCtrl+BまたはCtrl+2となります。

Macの場合:+B

テキストを斜体にするショートカットキー

文字を斜体にする

テキストを斜体にするには、Ctrl+IまたはCtrl+3となります。

Macの場合:+I

文字の斜体を戻す

テキストを斜体を解除するには、再びCtrl+IまたはCtrl+3となります。

Macの場合:+I

テキストに下線を引くショートカットキー

文字に下線を引く

テキストに下線を引くには、Ctrl+UまたはCtrl+4となります。

Macの場合:+U

文字の下線を戻す

テキストの下線を解除するには、再びCtrl+UまたはCtrl+4となります。

Macの場合:+U

テキストに取り消し線を引くショートカットキー

文字に取り消し線を引く

テキストに取り消し線を設定するには、Ctrl+5となります。

Macの場合:+Shift+X

文字の取り消し線を解除する

テキストの取り消し線を解除するには、再びCtrl+5となります。

Macの場合:+Shift+X

検索するショートカットキー

検索と置換ダイアログボックスの表示

「検索と置換ダイアログボックス」の「検索タブ」を表示するショートカットキーはCtrl+Fとなります。

Macの場合:+F

印刷するショートカットキー

印刷する

作業中のファイルをプリントアウトするには、Ctrl+PCtrl+F2となります。

Macの場合:+P

上書き保存するショートカットキー

上書き保存

作業中のファイルを上書き保存するには、Ctrl+Sとなります。

Macの場合:+S

名前を付けて保存するショートカットキー

名前を付けて保存する

作業中のファイルを名前を付けて保存するには、F12となります。

Macの場合:F12

ファイルを保存する際に、上書き保存のショートカットキーCtrl+Sと混同しないように気を付けてください。

Excelを終了するショートカットキー

現在実行しているExcelを終了させるには、Alt+F4となります。

Macの場合:+Q

ファイルを開いた時点から更新が発生した場合は、終了させる前に保存確認をしますので安心です。

ヘルプに関するショートカットキー

Excelヘルプウィンドウの表示

操作が分からなくなった時に活躍する、「Excel ヘルプ」作業ウィンドウを表示するには、F1となります。

Macの場合:F1

他のショートカットキーも合わせてチェック!

Office Hackでは、ここでご紹介できなかったショートカットキーの一覧ページもご用意しております。ぜひ、参考にしてください。

224個のExcelショートカットキー一覧表(Windows/Mac)