投稿者:公開日:  最終更新日:

Excelで全般的に使用する便利なショートカットキー

Excelで全般的に使用する便利なショートカットキー

はじめに

ここでは印刷やExcelの終了、そしてリボン操作に関する事項など、全般的に関わるショートカットキーをご紹介します。

使う頻度が高いものから、そこまで使わないけど覚えておくと便利なものまでまとめました。

Excelのショートカットキー一覧PDFをプレゼント!

224種類のショートカットキーがまとめられているPDFを、「Facebookページへのいいね!」や「Twitterのフォロー」をしていただいた方へプレゼントいたします。

タブレットでPDFを表示したり紙に印刷することで、いつでもExcelのショートカットキーを確認できます。PDFの入手方法としては、以下の2つのどちらかを選択ください。

Twitter経由でPDFを入手する

  1. Twitterへログイン後、Office Hack Twitterページへアクセスする
  2. 【フォローする】ボタンを押します
  3. フォロー後、【ダイレクトメッセージ】ボタンを押します
  4. メッセージに「ExcelショートカットキーのPDFを送付ください」と書いて、送信します
  5. こちらからPDFをダウンロードする方法をご案内します

Facebook経由でPDFを入手する

  1. Facebookへログイン後、Office Hack Facebookページへアクセスする
  2. Facebookページの【いいね!】ボタンを押します
  3. いいね!後、【メッセージを送る】ボタンを押します
  4. メッセージに「ExcelショートカットキーのPDFを送付ください」と書いて、送信します
  5. こちらからPDFをダウンロードする方法をご案内します

ヘルプに関するショートカットキー

Excelヘルプウィンドウの表示

操作が分からなくなった時に活躍する、「Excel ヘルプ」作業ウィンドウを表示するには、F1となります。

ファイル操作に関するショートカットキー

ファイルを開くショートカットキー

ファイルを開く

新しくファイルを開くには、Ctrl+Oとなります。

名前を付けて保存するショートカットキー

名前を付けて保存する

作業中のファイルを名前を付けて保存するには、F12となります。

ファイルを保存する際に、上書き保存のショートカットキーCtrl+Sと混同しないように気を付けてください。

印刷に関するショートカットキー

印刷する

作業中のファイルをプリントアウトするには、Ctrl+PCtrl+F2となります。

Excelを終了させるショートカットキー

現在実行しているExcelを終了させるには、Alt+F4となります。

ファイルを開いた時点から更新が発生した場合は、終了させる前に保存確認をしますので安心です。

画面操作に関するショートカットキー

リボン、ステータスバー、作業ウィンドウ、ワークシート間を切り替えるショートカットキー

リボン、ステータスバー、作業ウィンドウ、ワークシート間を切り替えるには、F6Shift+F6となります。

リボン操作

リボン操作がアクティブになっている状態

ステータスバー操作

右下の表示選択やズームスライダーがあるステータスバー操作がアクティブになっている状態

作業ウィンドウ操作

右側に表示される固定されたダイアログボックス、作業ウィンドウの操作がアクティブになっている状態

ワークシート操作

データを入力するワークシートの操作がアクティブになっている状態

リボンの表示と非表示を切り替えるショートカットキー

ワークシートの作業スペースを広げるためにリボンを非表示にすると捗ります。リボンの表示と非表示を切り替えるには、Ctrl+F1となります。

リボンを表示中

リボンが表示されている状態

リボンを非表示

リボンが非表示の状態

リボン用のショートカットキーの表示と非表示を切り替えるショートカットキー

F6でもリボン用のショートカットを表示できますが、ワークシートや作業ウィンドウやステータスバーの操作切り替えを跨がなくてはなりません。

リボン操作

ここではリボン用のショートカットキーのみ対象です。表示と非表示を切り替えるには、AltF10となります。

数式バーの展開と縮小を切り替えるショートカットキー

関数や四則演算の計算式が表示される数式バーの展開・縮小を切り替えるには、Ctrl+Shift+Uとなります。

数式バー縮小時

数式バー縮小時

数式バー展開後

数式バー展開後

オブジェクトの表示と非表示を切り替えるショートカットキー

図形や画像などのオブジェクトを表示と非表示に切り替えるには、Ctrl+6となります。

オブジェクト表示状態

オブジェクトが表示されている状態

オブジェクト非表示

オブジェクトを非表示にした状態

アウトライン記号の表示と非表示を切り替えるショートカットキー

アウトライン記号の表示と非表示を切り替えるには、Ctrl+8となります。

アウトラインの設定

アウトラインは【データ】タブの、【グループ化】から設定します。

アウトライン確認

B列に対して設定し、アウトラインが表示されました。

アウトライン非表示

表示を必要としない場合、非表示にできます。

ワークシートのセルの値の表示と、数式の表示を切り替えるショートカットキー

セルの値の表示と数式の表示を切り替えるには、Ctrl+Shift+@となります。

ワークシートのセルの値の表示

初期状態では数式による計算結果が返されます。

数式の表示

数式を表示するモードに切り替えると、数式が確認できます。

選択しているアイテムの右クリックメニューが表示されるショートカットキー

マウスを使わずキーボードだけで操作を済ませたい方は重宝するショートカットキーです。

選択しているアイテムの右クリックメニューを表示させるには、Shift+F10となります。

右クリックメニュー表示

方向キーでメニューを選択し、Enterで確定します。

右クリックメニューを非表示にするには、Escとなります。

[エラー チェック]ボタンのメニューまたはメッセージを表示させるショートカットキー

エラーチェックのメニューを表示させるには、Alt+Shift+F10となります。

エラーチェック

数値と文字列を四則演算して、エラーを表示させます。セルの左上に緑の三角マークが出ましたら、エラーが発生している状態となります。

エラーチェックメニュー

エラーのデバッグを行うため、エラーチェックのメニューを表示させます。

Windows10とExcel2016

本記事で使用したOSはWindows10、Excelのバージョンは2016です。

他のショートカットキーも合わせてチェック!

ショートカットキーリスト

覚えると便利!124個のExcelショートカットキー一覧表

Excel Hackでは、ここでご紹介できなかったショートカットキーの一覧ページもご用意しております。ぜひ、参考にしてください。