投稿者:公開日:  最終更新日:

Excelで全般的に使用する便利なショートカットキー

Excelで全般的に使用する便利なショートカットキー

はじめに

ここでは印刷やExcelの終了、そしてリボン操作に関する事項など、全般的に関わるショートカットキーをご紹介します。

使う頻度が高いものから、そこまで使わないけど覚えておくと便利なものまでまとめました。

目次

Excelのショートカットキー一覧PDFをプレゼント!

224種類のショートカットキーがまとめられているPDFを、「Facebookページへのいいね!」や「Twitterのフォロー」をしていただいた方へプレゼントいたします。

タブレットでPDFを表示したり紙に印刷することで、いつでもExcelのショートカットキーを確認できます。PDFの入手方法としては、以下の2つのどちらかを選択ください。

Twitter経由でPDFを入手する

  1. Twitterへログイン後、Office Hack Twitterページへアクセスする
  2. 【フォローする】ボタンを押します
  3. フォロー後、【ダイレクトメッセージ】ボタンを押します
  4. メッセージに「ExcelショートカットキーのPDFを送付ください」と書いて、送信します
  5. こちらからPDFをダウンロードする方法をご案内します

Facebook経由でPDFを入手する

  1. Facebookへログイン後、Office Hack Facebookページへアクセスする
  2. Facebookページの【いいね!】ボタンを押します
  3. いいね!後、【メッセージを送る】ボタンを押します
  4. メッセージに「ExcelショートカットキーのPDFを送付ください」と書いて、送信します
  5. こちらからPDFをダウンロードする方法をご案内します

全画面表示モードに切り替える

全画面表示モード

全画面表示モードに切り替えるには、AltVUとなります。

Macの場合:controlF

全画面表示モードを閉じる

全画面表示モードを閉じる

全画面表示モードを閉じるには、Escとなります。

Macの場合:esc

Excelを非表示にする

Excelを非表示

Excelを非表示にするには、Hとなります。

選択しているアイテムの右クリックメニューが表示される

選択しているアイテムの右クリックメニューを表示させるには、Shift+F10となります。

Macの場合:shiftF10

右クリックメニュー表示

方向キーでメニューを選択し、Enterで確定します。

右クリックメニューを非表示にするには、Escとなります。

印刷プレビュー領域を表示する

印刷プレビュー領域を表示す

印刷プレビュー領域を表示させるには、Ctrl+F2となります。

Macの場合:controlF2

[セルの挿入]ダイアログボックスを表示して、空白セルを挿入する

セルの挿入ダイアログボックスを表示

[セルの挿入]ダイアログボックスを表示して、空白セルを挿入するには、Ctrl+Shift++となります。

Macの場合:controlshift=

[削除]ダイアログボックスを表示して、選択したセルを削除する

削除ダイアログボックスを表示

[削除]ダイアログボックスを表示して、選択したセルを削除するには、Ctrl+となります。

Macの場合:

フィルターの追加と削除を切り替える

フィルターのショートカット

フィルターの追加と削除を切り替えるには、Ctrl+Shift+Lとなります。

Macの場合:shiftF

スペルをチェックする

スペルをチェックする

スペルをチェックするには、F7となります。

Macの場合:F7

[エラー チェック]ボタンのメニューまたはメッセージを表示させる

エラーチェックのメニューを表示させるには、Alt+Shift+F10となります。

エラーチェック

数値と文字列を四則演算して、エラーを表示させます。セルの左上に緑の三角マークが出ましたら、エラーが発生している状態となります。

エラーチェックメニュー

エラーのデバッグを行うため、エラーチェックのメニューを表示させます。

[クイック分析]オプションを表示する

クイック分析オプションを表示する

[クイック分析]オプションを表示するには、Ctrl+Qとなります。

[スマート検索]作業ウィンドウを開く

スマート検索作業ウィンドウを開く

[スマート検索]作業ウィンドウを開くには、controloptionLとなります。

類義語辞典を開く

類義語辞典を開く

類義語辞典を開くには、Shift+F7となります。

Macの場合:shiftF7

メニューやダイアログボックス、メッセージウィンドウを閉じる

ダイアログボックスを閉じる

メニューやダイアログボックス、メッセージウィンドウを閉じるには、Escとなります。

Macの場合:esc

ダイアログボックス表示時に、次のタブに切り替える

ダイアログボックス内の次のタブに切り替える

ダイアログボックス表示時に、次のタブに切り替えるには、Ctrl+Tabとなります。

ダイアログボックス表示時に、前のタブに切り替える

ダイアログボックス内の前のタブに切り替える

ダイアログボックス表示時に、前のタブに切り替えるには、Ctrl+Shift+Tabとなります。

ダイアログボックス表示時に、OKなどのコマンドを実行する

ダイアログボックス内のOKコマンド実行

ダイアログボックス表示時に、OKなどのコマンドを実行するには、Enterとなります。

Macの場合:return

アウトライン記号の表示と非表示を切り替える

アウトライン記号の表示と非表示を切り替えるには、Ctrl+8となります。

Macの場合:control8

アウトラインの設定

アウトラインは【データ】タブの、【グループ化】から設定します。

アウトライン確認

B列に対して設定し、アウトラインが表示されました。

アウトライン非表示

表示を必要としない場合、非表示にできます。

オブジェクトの表示と非表示を切り替える

図形や画像などのオブジェクトを表示と非表示に切り替えるには、Ctrl+6となります。

Macの場合:control6

オブジェクト表示状態

オブジェクトが表示されている状態

オブジェクト非表示

オブジェクトを非表示にした状態

テキストボックスや図形、画像などのフローティングシェイプを切り替える

フローティングシェイプを切り替える

テキストボックスや図形、画像などのフローティングシェイプを切り替えるには、Ctrl+Alt+5Tabとなります。

フローティングシェイプのナビゲーションを終了し、標準のナビゲーションに戻る

標準のナビゲーションに戻る

メニューやダイアログボックス、メッセージウィンドウを閉じるには、Escとなります。

Macの場合:esc

[名前作成]ダイアログボックスを表示する

名前作成ダイアログボックスを表示

[名前作成]ダイアログボックスを表示させるには、Ctrl+Shift+F3となります。

Macの場合:shiftF3

[名前の管理]ダイアログボックスを表示する

名前の管理ダイアログボックスを表示

[名前の管理]ダイアログボックスを表示させるには、Ctrl+F3となります。

[名前の定義]ダイアログボックスを表示する

名前の定義ダイアログボックスを表示

[名前の定義]ダイアログボックスを表示させるには、F3となります

参照で使用する名前を定義する

参照で使用する名前を定義す

参照で使用する名前を定義させるには、AltMMDとなります。

Macの場合:control+L

[名前の貼り付け]ダイアログボックスを表示する

名前の貼り付けダイアログボックスを表示

[名前の貼り付け]ダイアログボックスを表示させるには、F3となります。

他のショートカットキーも合わせてチェック!

Office Hackでは、ここでご紹介できなかったショートカットキーの一覧ページもご用意しております。ぜひ、参考にしてください。

224個のExcelショートカットキー一覧表(Windows/Mac)