Office Hack

ExcelのCOLUMN関数の使い方|指定したセルの列番号を求める

  • Release
  • Update

本記事では、COLUMN関数の基本的な使い方についてご紹介します。

COLUMN関数は単独で使用すると列番号を算出するだけの簡単な関数ですが、INDEX関数やVLOOKUP関数など、他の関数と組み合わせるととても便利な関数です。

COLUMN関数とは?

COLUMN関数は、引数に指定したセルの列番号を算出することができる関数です。

A2

例えばC3セルにA2セルを引数として指定したCOLUMN関数を入力すると、A2セルは1列目にありますので、C3セルに返される値は「1」となります。

COLUMN関数の読み方

COLUMN関数は「カラム(またはコラム)関数」と読みます。

columnは英語で「列」という意味の単語になります。

COLUMN関数の書式

まずは、COLUMN関数の書式を確認していきましょう。

書式

COLUMN関数の書式は「=COLUMN([参照])」のように記述します。引数は1つのみで、列番号を求めたいセルを参照します。

この引数は省略可能で、省略した場合は関数を入力したセルの列番号が反映されます。

※引数(ひきすう)とは、Excelの関数を使用する際に必要な情報です。関数が結果を返す際の判断材料とイメージしましょう。関数名の後の括弧「()」内に入力します。

COLUMN関数の基本的な使い方

COLUMN関数の基本的な使い方をご紹介します。

作業時間:1分

関数を入力する

関数の入力

【任意のセル(例:B3)】を選択し、『=COLUMN(』と入力します。

セルを参照する

セル参照

①【列番号を求めたいセル(例:C2)】を選択し、②数式の最後に『)』を入力します。【Enter】キーを押します。

数値の反映完了

結果

C2セルの列番号は「3」なので、3と算出されました。

[Excel 関数 検索/行列]の関連記事

ExcelのADDRESS関数の使い方|セル参照の文字列を求める

ExcelのCHOOSE関数の使い方|インデックスに対応した値を取り出す

ExcelのFILTER関数の使い方|必要なデータを抽出する

ExcelのGETPIVOTDATA関数の使い方|ピボットテーブルのデータ取得

ExcelのHLOOKUP関数の使い方|指定の行と同じ列にある値を返す

ExcelのHYPERLINK関数の使い方|ハイパーリンクを作成する

ExcelのINDEX関数の使い方|行と列が交差する位置にあるセルを返す

ExcelのINDEX関数とMATCH関数を組み合わせた使い方

ExcelのINDIRECT関数の使い方|セルや他のシートを参照する

ExcelのLOOKUP関数の使い方|1行または1列の範囲から検索する

ExcelのMATCH関数の使い方|検索値の範囲内での相対的な位置を返す

ExcelでOFFSET関数の使い方|指定した位置のセル範囲を参照する

ExcelのROW関数の使い方|セルの行番号を求める

ExcelのROWS関数の使い方|参照、または配列に含まれる行数を返す

ExcelのXLOOKUP関数の使い方|縦方向/横方向を両方検索する

ExcelのXMATCH関数の使い方|範囲を検索し相対的な位置を返す