Office Hack

エクセルのフラッシュフィルとは?フラッシュフィルの使い方

  • Release
  • Update

エクセルのフラッシュフィルを利用すれば、データの法則を見つけ出して自動で入力することが可能です。

特に住所録で活用できるので、ぜひ覚えて効率化しましょう。

フラッシュフィルとは?

フラッシュフィルとは、データの法則性を見つけ出し自動的に入力をします。例えば名簿を管理している表があったとして、同じセル内にある姓と名を切り離して2つのセルに分別したり、逆に2つのセルから姓と名を結合したりできます。

フラッシュフィルを覚えると入力が効率化できるので、今回初めて聞いた方は、以下の使い方をご確認ください。

フラッシュフィルの使い方

姓と名を分別する

エクセルのフラッシュフィル機能を使って、姓と名を分別します。

作業時間:1分

  1. 名簿の準備
    名簿の表を準備

    C列に姓と名が結合されているデータがあります。これをD列とE列にフラッシュフィル機能を使って分別します。

  2. 最初は手入力
    最初は直接入力

    フラッシュフィルはデータの法則性を見つけ出す機能なので、最初の姓の抽出に当たる部分は手入力しましょう。

  3. フラッシュフィルを選択
    フラッシュフィルを選択

    ①【データ】タブを押し、②【フラッシュフィル】を押します。

  4. 2行目以降が自動入力
    姓が自動入力

    すると苗字だけD列に自動で入力されました。関数を利用するよりも便利ですね!

  5. 同じ要領で「名」も自動入力
    名もフラッシュフィル

    手順は全く一緒です。名もフラッシュフィルで自動入力ができました。

姓と名を結合する

結合したデータを用意する

結合したデータを準備します。

フラッシュフィルを選択

①【データ】タブを押し、②【フラッシュフィル】を押します。

自動で結合

自動で姓と名が結合されました。

フラッシュフィルがうまくいかないときもある

都道府県の入力

例えば住所の中から都道府県名を取り出したい場合です。

フラッシュフィルがうまくいかない

フラッシュフィルを掛けてみました。しかし和歌山だけ県がありません。これは何故かというと、「頭から3文字を自動入力する」と受け取ったためです。

単語を分析して、「ここまでが都道府県」という判断はできないのです。

ちなみに姓と名の分別で姓が1文字の岡さんがきれいに仕分けできたのは、姓と名の間に半角スペースがあったため、これを規則と判断しているからです。

このページを見ている人におすすめの商品

[Excel オートフィル]の関連記事

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top