Office Hack

ExcelのMOD関数の使い方|割り算の余りを求める

  • Release

MOD関数を利用すると、「割られる数÷割る数=商・・・余り」の部分の「余り」を求めることができます。

指定方法は簡単なのでぜひ覚えましょう。

MOD関数の読み方

MOD関数のMODは「Modulus(係数)」から来ております。読み方はモデュラスと読みます。しかし、略してMOD(モッド)関数と読ぶこともあります。

MOD関数の意味

MOD関数は、商の余りの数を求めます。例えば5÷3でしたら、1余り2となります。

MOD関数の書式

まずは、MOD関数の書式を確認していきましょう。

MOD関数の書式

MOD関数は2つの引数で構成されております。第1引数に数値、第2引数の除数を指定するのですが、どちらも入力が必須となっております。

=MOD(数値,除数)

下記で1つずつ説明していきます。

第1引数

第1引数

第1引数の「数値」には「割られる数」を指定して下さい。例えば5÷3であれば「5」の方になります。

第2引数

第2引数

第2引数の「除数」には「割る数」を指定して下さい。例えば5÷3であれば「3」の方になります。

たったこれだけです。それでは実際に使ってみましょう。

MOD関数の使い方

MOD関数の入力

『=MOD(』でMOD関数を開始します。

数値の指定

第1引数の「数値」を参照します。

除数の指定

第2引数の「除数」を参照します。

余りの算出

商の余りが計算されました。5÷3は1余り2なので、「2」と算出されております。

他の数値

他の数値も見てみましょう。第2引数の「除数」だけ変更しております。割り算は0で割ることができないので、エラーが出ております。

ここだけ気をつけて設定しましょう。

このページを見ている人におすすめの商品

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top