Office Hack

Outlookの様々なメール検索方法

  • Release

Outlookで多くのメールを受信した場合、過去のメールを探し出すのに苦労しますよね。そうした時は、メールの検索を行うと便利です。

本記事では、通常のメールの検索方法、検索ツールなどを使った様々なメールの検索/削除方法、検索に関するトラブル対処法について説明します。

Outlookのメール検索方法

ここでは、Outlook(インストール版)でメールを検索する方法について説明します。

作業時間:1分

  1. 「受信トレイ」の選択

    受信トレイを選択

    Outlook(インストール版)を開きます。【受信トレイ】を選択します。

  2. 検索した語句の抽出

    語句を入れて検索

    「現在のメールボックスの検索」に『検索したい語句(例:テスト)』と入力し【Enter】キーを押すと、検索した語句が抽出され背景が黄色に覆われます。

検索のショートカット

Outlookでメールの検索をする際、以下のショートカットキーを使用することができます。

動作 操作キー
メールを検索する Ctrl+E

様々な検索方法

差出人の検索

ここでは、差出人の検索を行う方法について説明します。

検索ボックスにカーソル

Outlook(インストール版)を開きます。【「検索ボックス」にカーソル】を入れます。

高度な検索

①【検索】タブが自動的に移動したことを確認します。

②【検索ツール】、③【高度な検索】の順に選択します。

差出人

「高度な検索」ダイアログボックスが表示されました。①【高度な検索】タブを選択します。

②【フィールド】、③【よく使用するフィールド】、④【差出人】の順に選択します。

一覧に追加

①「値」に『差出人の名前(例:Microsoft)』を入力し、②【一覧に追加】ボタンを押します。

差出人の一覧表示

「メッセージ:高度な検索-高度な検索」ダイアログボックスが表示されました。【検索】ボタンを押すと、差出人の一覧が表示されます。

メッセージの表示

差出人の一覧を開くと、メールの内容が確認できます。

宛先の検索

ここでは、宛先の検索を行う方法について説明します。

検索ボックスにカーソル

Outlook(インストール版)を開きます。【「検索ボックス」にカーソル】を入れます。

高度な検索

①【検索】タブが自動的に移動したことを確認します。

②【検索ツール】、③【高度な検索】の順に選択します。

宛先を選択

「高度な検索」ダイアログボックスが表示されました。①【高度な検索】タブを選択します。

②【フィールド】、③【よく使用するフィールド】、④【宛先】の順に選択します。

一覧に追加を選択

①「値」に『宛先の名前(例:一郎)』を入力し、②【一覧に追加】ボタンを押します。

宛先の一覧の表示

「メッセージ:高度な検索-高度な検索」ダイアログボックスが表示されました。【検索】ボタンを押すと、宛先の一覧が表示されます。

「一郎」の文字が含まれている

宛先の一覧を開くと、メールの内容が確認できます。宛先には「一郎」の文字が含まれています。

完全一致で検索

ここでは、Outlookのメールを完全一致で検索する方法について説明します。

普通の検索

Outlook(インストール版)を開きます。「検索ボックス」に『outlook.jp』と検索してみましょう。

「outlook.jp」の文字を含むメールがヒットしている一方で、「outlook」の文字しかないのにヒットしているメールもあります。これを「outlook.jp」の文字を含むメールのみヒットさせるにはどうすれば良いでしょうか?

完全一致で検索

「"outlook.jp"」と、語句をダブルクォーテーションで挟んで完全一致の検索をします。「outlook.jp」を含むメールしかヒットされなくなります。

検索フォルダーの利用

検索フォルダーは、特定の検索条件と一致するすべてのメールを格納するフォルダーです。

例えば、「未読のメール」検索フォルダーを作成すると、Outlook内のすべての未開封のメッセージを1つのフォルダ内にまとめることができます。

新しい検索フォルダー

Outlook(インストール版)を開きます。①【検索フォルダー】タブ、②【新しい検索フォルダー】の順に選択します。

検索フォルダー

「新しい検索フォルダー」ダイアログボックスが表示されました。①「検索フォルダーを選択してください」の欄から【お好きな検索フォルダー(例:未読のメール)】を選択し、②【OK】ボタンを押します。

未読のメールのみ表示

「新しいフォルダー(例:未読のメール)」が表示されました。【未読のメール】を選択すると、すべてのメールから未読のメールのみ検索されて表示されます。

検索履歴を削除する

Outlookのテキストボックスにカーソルを置くと、自動的に検索結果が表示されます。インストール版で「Outlookの検索結果を削除したい」という方がいらっしゃいますが、2020年2月13日現在は検索履歴を削除する方法はありません。

しかし、Outlook.com(Web版)に検索履歴を削除する方法がありますので、こちらをご紹介します。

設定

Outlook.comを開きます。①【設定】ボタン、②【Outlookのすべての設定を表示】の順に選択します。

Outlook.comにログインしたい方はこちら

履歴を削除

①「設定」ダイアログボックスが表示されました。①【全般】タブ、②【プライバシーとデータ】タブの順に選択します。

③【履歴を削除】ボタンを押します。

削除

「検索履歴を削除しますか?」のダイアログボックスが表示されました。【続行】ボタンを押します。

閉じる

【×】ボタンを押して完了です。

検索に関するトラブル対処法

検索が遅いと感じたら?

検索が遅いと感じたら、以下の方法をお試しください。

  • 受信トレイのメールを削除する
  • フォルダの中のメールを削除する
  • メールの添付ファイルのみ削除する
  • 新しいプロファイルを作成する
  • Office セーフモードにする
  • Office アプリケーションを修復する
  • Office アプリケーションをアンインストールして再インストールする

検索ボックスが出てこない場合の追加方法

Outlookの検索ボックスが出てこない場合の追加方法について説明します。ここではOutlookではなく、Windowsの機能を使っての操作になります。

ファイル名を指定して実行

Outlook(インストール版)を閉じます。Windowsロゴを押しながらRを押します。

「ファイル名を指定して実行」ダイアログボックスが表示されますので、①「名前」に『Services.msc』を入力し、②【OK】ボタンを押します。

プロパティを選択

「サービス」ダイアログボックスが表示されました。①【ズームスライダーを名前の頭文字が「W」】の位置までスクロールします。

②【「Windows search」を選択して「右クリック」】後に③【プロパティ】を選択します。

無効から自動にする

「(ローカル コンピューター)Windows searchのプロパティ」ダイアログボックスが表示されました。

①【全般】タブを選択し、②「スタートアップの種類」が「無効」になっていれば【自動】にします。③【OK】ボタンを押して完了です。

検索ができない場合

「Outlookで過去のメールの検索ができない」という方は、以下の記事をご参考ください。

おすすめの商品をご紹介

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

Page Top