Office Hack

ExcelのCOUNTIF関数で空白以外のセルを数える方法

  • Release
  • Update

COUNTIF関数で「空白セル以外(何かしらデータが入っているセル)」を数える方法を、比較演算子を使ってお伝えします。

その他、COUNTA関数の利用や、COUNTIF関数でワイルドカードを使った場合も合わせてご説明します。

比較演算子を知る

空白以外のセルを数える演算子は、「<>」というものを使っていきます。

まず先にCOUNTIFの書式の確認ですが、=COUNTIF(範囲, 検索条件)となっており、検索条件の部分を=COUNTIF(範囲, "")のようにダブルクオーテーションで囲むと、空白セルのみをカウントしてくれます。

このダブルクオーテーションの中に、「<>」=「等しくない」を入力すれば、「空白セルではない」と認識してくれます。

比較演算子を詳しく知りたい方は、以下の記事をご参考にしてください。

COUNTIF関数で空白以外のセルを数える方法

比較演算子を使って、COUNTIF関数で空白以外のセルを数える方法をご説明します。

作業時間:1分

  1. 表の準備

    表の準備

    空白セルがある表を準備します。

  2. COUNTIF関数の入力

    COUNTIF関数を入力

    =COUNTIF( でCOUNTIF関数を入力します。

  3. 範囲を指定する

    範囲を指定

    C3からC8をドラッグして、カウントする範囲を指定します。指定し終わったら(,)で区切ってください。

  4. 検索条件を指定する

    検索条件を指定

    検索条件を、"<>"と入力して、空白以外のセルを抽出します。

  5. 関数を確定する

    空白以外のセルを数える

    Enterを押して、確定してください。空白以外のセルの数が出力されました。

COUNTA関数で空白以外のセルを数える

COUNTA関数で空白以外を数える

実は、COUNTA関数を利用しても数えられます。こちらの方が指定は簡単です。『=COUNTA(C3:C8)』と入力します。

COUNTA関数の結果

COUNTIF関数と同じ値が出力されました。COUNTA関数は、もともと「セル範囲に含まれる空白ではないセルの個数を返す」関数です。

COUNTIF関数でワイルドカードを使う

それではワイルドカードを使ってみても同じ値が出るのではないか検証します。

ワイルドカードの入力

ワイルドカードの「*」を使って検証します。「*」の意味は、何かしらの値が入っていたらという意味なので、「空白セル以外」と同じ意味になります。『=COUNTIF(C3:C8,”*”)』と入力します。

文字列しかカウントされない

結果は「2」と出てしまいました。理由としては「*」は文字列しか認識しないので、「COUNTIF」と「カウントイフ」の文字列が入っている2つのセルのみカウントされました。

おすすめの商品をご紹介

その他、様々なCOUNTIF関数の使い方






よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top