• 公開日:

エクセルの引き算の仕方

エクセルの引き算は「=10-5」「=A1-B1」のように、マイナス記号「-」を使って行われます。

この記事では、エクセルの引き算の仕方についてご紹介します。

基本的な引き算の方法から関数を使った引き算まで、さまざまな引き算を紹介しています。

エクセルの引き算の仕方

エクセルの基本的な引き算の仕方をご紹介します。

作業時間:1分

セルを選択する

セルを選択する

りんごの元の価格から値引き額を引いた販売価格を求めます。値を算出したいセル(例:E3)を選択します。

計算式を入力する

計算式を入力する

数式バーに「=150-15」と数値を直接入力し、Enterを押します

引き算できた

引き算できた

引き算の結果(例: 135)が表示されました。

また、セル参照で入力して引き算することもできます。

セル参照で入力する

上の画像のE3セルには「=C3-D3」とセル参照で入力して、販売価格(例:135)を求めています。

セル参照で入力して引き算する方法については、以下の記事の「-(マイナス)を使って引き算する方法」セクションで説明しています。

エクセルで引き算をするときに使う記号

セル固定して引き算する

セル固定して引き算することができます。

セル固定して引き算する

上の画像のD4セルには「=C4-$F$3」が入っています。F3セルを固定して、C4セルから引いた価格(例:130)を求めています。

数式をコピーしても、固定されたセル(例:F3)は絶対にずれません。

参照セルを固定して引き算する方法については、以下の記事をご参照ください

エクセルで引き算をするときにセル固定する方法

時間を引き算する

時間を引き算することができます。

時間を引き算する

上の画像のD2セルには「=B2-C2」が入っています。

B2セルの時間(例:11:00)からC2セルの時間(例:3:00)を引いた時間(例:8:00)を求めています。

時間を引き算する方法については、以下の記事をご参照ください。

エクセルで時間(時刻)の引き算をする方法

関数を使って引き算する

エクセルには引き算専用の関数はありません。

しかし、引き算をするときに使える関数はいくつかあります。

次のような関数が使えます。

  • SUM関数
  • ABS関数
  • DATEDIF関数
  • EDATE関数
  • IF関数

引き算をするときに使える関数については、以下の記事で詳しく説明しています。

エクセルで引き算をする関数(関数名)

引き算の計算式例

以下の記事では、エクセルで引き算をするときの数式(計算式)の例を紹介しています。

「条件を指定して引き算したい」「日付を引き算したい」「引き算結果を絶対値にしたい」など、さまざまな引き算例を紹介しているのでぜひご覧ください。

エクセルで引き算をするときの数式(計算式)例

引き算できない場合

エクセルで引き算しようすると「#VALUE!」「#NAME?」など、エラーが出てしまう場合があります。

このような場合、以下のような原因が考えられます。

  • 数式の中に文字列がある
  • 参照セルの中に文字列がある
  • 空白文字(スペース)がある
  • 時間の引き算結果がマイナスである
  • 数式で使われていたセルを削除してしまった

以下の記事で、エクセルで引き算ができない場合について解説しています。

エクセルで引き算ができない場合