Office Hack

Excelのパスワードを忘れて開けない場合

  • Release

本記事では、エクセルのファイルに設定したパスワードを忘れてしまった際の対処法をご紹介しています。

Office 2016のアップデートからセキュリティレベルが向上したため、パスワードを忘れてしまうと、たとえファイルの作成者であってもファイルを開いたり編集したりすることができなくなります。

ただし、パスワードを解除する方法はいくつか存在します。本記事でご紹介する方法はあくまで個人用ですので、決して悪用等しないようにお願いいたします。

エクセルのファイルパスワードを忘れたので解除したい

エクセル含むOffice製品では、下記画像のようにファイルをパスワードで保護することができます。

保護されたファイルは設定したパスワードを入力しない限り、開く/編集するといった操作を一切行えなくなります。

ファイルを保護

以下では、保護パスワードを忘れてしまった場合の解除方法についてご説明しています。

これらの操作はファイルが破損する可能性がありますので、操作を行う前にはファイルの複製等を行うようにしましょう。

忘れてしまったパスワードを解除する方法については以下のとおりです。

拡張子を表示させる

拡張子を変更するため、エクスプローラーからファイルの拡張子を表示させましょう。

①【エクスプローラー】、②【表示】タブの順に選択し、③「ファイル名拡張子」のチェックボックスに【チェック】を入れます。

名前を変更

ファイルの拡張子が表示されました。

①【パスワードを解除したいExcelファイル】を右クリックし、②【名前の変更】を選択します。

zipに変更

「.xlsx」を【.zip(例:Password.zip)】に変更し、Enterを押します。

はいを押す

「名前の変更」ダイアログボックスが表示されます。

【はい】ボタンを押します。

ファイルを選択

【zipファイル】を選択します。

xlフォルダを開く

【xl】フォルダを選択します。

開くを選択

①【workbook.xml】を右クリックし、②【開く】を選択します。

コントロールとFを押す

メモ帳やその他テキストエディタで編集を行います。

Ctrl+Fを押します。

検索する

「検索」ダイアログボックスが表示されます。

①「検索する文字列」に『fileSharing』と入力し、②【次を検索】ボタンを押します。

選択して消す

検索を行うと、「fileSharing」が青く表示されます。

【fileSharingから始まる以下のコード】を選択します。


<filesharing userName="xxx xxx" algorithmName="SHA-512" hashValue="xxx xxx" saltValue="xxx xxx" spinCount="100000"/>

選択後、Deleteを押して削除します。

上書き保存する

①【ファイル】タブ、②【上書き保存】の順に選択します。

名前を変更する

①【エクスプローラー】を選択し、②【zipファイル】を右クリックし、③【名前の変更】を選択します。

変更する

「.zip」を【.xlsx(例:Password.xlsx)】に戻し、Enterを押します。

はいを押す

「名前の変更」ダイアログボックスが表示されます。

【はい】ボタンを押します。

確認する

【Excelのファイル】を選択し、実際に解除できたか確認をします。

ファイルを開けた

パスワードが解除され、ファイルを開くことができました。

ブックやシートの保護のパスワードを忘れたので解除したい

ブックやシートの保護パスワードを忘れてしまった場合の対処法をご説明します。

ブック

「ブックの保護」とは、シートの追加や削除などブックの構造を変更できないようにする機能です。

保護されたブックは削除などを実行しようとしても、下記画像のように項目がグレーアウトして選択できない状態になります。

ブックの保護

ブックを保護するためのパスワードを忘れてしまい、それを解除したい場合は、ファイルのパスワードを解除するのとほとんど同じ手順で行うことができます。

パスワードを解除する方法については、本記事「エクセルのファイルパスワードを忘れたので解除したい」セクションをご参照ください。

ただし、ブックのパスワードを解除するには以下のコードを削除する必要がありますのでご確認ください。


<workbookProtection workbookAlgorithmName="SHA-512" workbookHashValue="xxx xxx==" workbookSaltValue="xxx xxx==" workbookSpinCount="100000" lockStructure="1"/>

シート

「シートの保護」とは、入力したデータを変更できないようにシートをパスワードで保護する機能です。

シートの保護を行った状態で編集を行おうとすると、下記画像のようにダイアログボックスが表示されてしまい、セルの編集などは一切行えなくなります。

シートの保護

ただし、編集はできなくてもセルのコピーは行えます。

パスワードの解除とは異なりますが、コピーしたセルを別のシートに貼り付けることでセルの編集が可能になります。

保護されたシートを編集できるようにする方法は、以下のとおりです。

コピーする

①【保護されたセル】をすべてドラッグして選択し、②Ctrl+Cを押してコピーします。

新しいシートを作成

画面左下の【新しいシート】を選択します。

セルを貼り付ける

Enterを押してセルを貼り付けます。

シートを編集できるようになった

これで保護されたシートを編集できるようになりました。

このページを見ている人におすすめの商品

[Excel パスワード]の関連記事

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top