Office Hack

エクセルの切り取りのショートカットキー(Win/Mac)

  • by yoshihiro
  • Release
  • Update

Excelでセルをコピーしたり、切り取って他のセルに貼り付ける操作はよく使用されます。マウスを使ってメニューからコピー、切り取り、ペーストすることはできますが、Excelでは便利なショートカットキーが用意されていますので使ってみましょう。作業効率が上がること間違いありません。

ここでは、よく使う操作の中から切り取りを行うショートカットキーをご紹介します。切り取りは選んだ内容を切り取ってクリップボードにコピーして、他の場所に貼り付けられるようにします。

切り取り

Excelのショートカットキー一覧PDFをプレゼント!

262種類のショートカットキーがまとめられているPDFを、「Facebookページへのいいね!」や「Twitterのフォロー」をしていただいた方へプレゼントいたします。

タブレットでPDFを表示したり紙に印刷することで、いつでもExcelのショートカットキーを確認できます。PDFの入手方法としては、以下の2つのどちらかを選択ください。

Twitter経由でPDFを入手する

  1. を押してフォローします。※要ログイン
  2. フォロー後、Office Hack Twitterページで【ダイレクトメッセージ】ボタンを押します
  3. メッセージに「ExcelショートカットキーのPDFを送付ください」と書いて送信すると、こちらからPDFをダウンロードする方法をご案内します

Facebook経由でPDFを入手する

  1. を押します。※要ログイン
  2. いいね!後、Office Hack Facebookページで【メッセージを送る】ボタンを押します
  3. メッセージに「ExcelショートカットキーのPDFを送付ください」と書いて送信すると、こちらからPDFをダウンロードする方法をご案内します

切り取りのショートカットキー(Windows/Mac)

セルの切り取り

セルの選択

切り取りたいセルを選択します。上図ではC4セルを選択しています。

セルを選択した状態で、
Windowsの場合はCtrl+X
Macの場合:+Xを押します。

切り取り

貼り付ける前の切り取り状態は、上図のようにセルの枠が破線になります。

行の切り取り

行の選択

切り取りたい行を選択します。上図では4行目を選択しています。

行を選択した状態で、
Windowsの場合はCtrl+X
Macの場合:+Xを押します。

行の切り取り

貼り付ける前の切り取り状態は、上図のように行の枠が破線になります。

列の切り取り

列の選択

切り取りたい列を選択します。上図ではC列を選択しています。

列を選択した状態で、
Windowsの場合はCtrl+X
Macの場合:+Xを押します。

列の切り取り

貼り付ける前の切り取り状態は、上図のように列の枠が破線になります。

アクセスキーによる切り取り

ショートカットキーによる切り取りの他にアクセスキーを使って切り取りを行うことができます。アクセスキーとは、Altキーを押した後に順番に英数字のキーを押す操作のことです。

セルの選択

切り取りたいセルを選択し(上図ではC4セル)、Altを押してアクセスキーを表示させます。

Hキーを押す

ホームタブを選択したいのでHを押します。

Xキーを押す

切り取りを選択したいのでXを押します。

切り取り

選択したセルが切り取られました。AltHXの順番でキーを押しても切り取りができます。ショートカットキー、アクセスキーどちらか使いやすい方を使ってみましょう。

切り取りを解除するには

切り取り

切り取りを行った状態から解除したい場合もあると思います。上図でC4セルが切り取り状態になっています。切り取りを解除するにはEscを押します。

切り取りの解除

切り取りを解除することができました。切り取り状態では点線が付いていましたが、通常の選択状態に切り替わりました。

他のショートカットキーも合わせてチェック!

ここでご紹介できなかったショートカットキーの一覧ページもご用意しております。ぜひ、参考にしてください。

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください