Office Hack

ExcelのTRUNC関数の使い方|小数点以下を切り捨てる

  • Release
  • Update

小数点以下を切り捨てできるTRUNC関数の使い方をご説明します。

数値を指定して、どこで切り捨てるかを指定するだけなのでとても簡単です。最後にROUNDDOWN関数の違いも説明しております。

TRUNC関数の読み方

TRUNC関数は「トランク関数」と読みます。英語のTrancate(切り捨てる)から来ております。

TRUNC関数の書式

TRUNC関数の書式

TRUNC関数の書式は=TRUNC(数値, [桁数])で成り立っていて、[桁数]の入力は任意となっており、入力しなくても切り捨てられます。

第1引数(数値)

数値

1番目の引数は「数値」です。この引数は必須です。切り捨てたい数値を参照します。

第2引数(桁数)

桁数

2番目の引数は「桁数」です。この引数は任意です。「1」を指定すると小数点第1位になるように切り捨て。「-1」を指定すると十の位で切り捨てします。

TRUNC関数の使い方

それでは実際にTRUNC関数を使ってみましょう。

TRUNC関数の入力

123.456という数値を、桁数指定なしで切り捨てます。

小数点以下を切り捨てる

桁数を指定しないと小数点以下が切り捨てられ、整数となります。

小数点以下を切り捨てる

また、桁数を「0」に設定しても同じ値が返ってきます。

桁数による数値の変化

桁数の違いによる数値の変化はこの様になっております。

TRUNC関数とROUNDDOWN関数の違い

切り捨てができるもう一つの関数はROUNDDOWN関数です。ほぼ同じ指定方法ですが一つだけ違うところがあります。

ROUNDDOWN関数は桁数の指定が必須となっております。実はここだけなのでTRUNC関数のほうが利便性がありますね。

エラーポップアップ

ちなみにROUNDDOWN関数で桁数を指定しないと、このようなエラーが返ってきます。

[Excel 関数 数学/三角]の関連記事

エクセルで絶対値を表示するABS関数の使い方

ExcelのAGGREGATE関数の使い方|リストやDBの集計値を返す

ExcelのCEILING関数の使い方|データを指定した基準値で切り上げる

ExcelのFLOOR関数の使い方|基準値の倍数の最も近い値で切り捨て

エクセルのINT関数の使い方|元の数値より小さい整数に切り捨て

ExcelのMOD関数の使い方|割り算の余りを求める

ExcelのRAND関数の使い方|0以上1未満の乱数を発生させる

エクセルで四捨五入をするROUND関数の使い方

ExcelのROUNDDOWN関数の使い方|指定された桁数で切り捨て

ExcelのROUNDUP関数の使い方|指定された桁数で切り上げ

ExcelのSERIES関数の使い方|グラフの参照範囲を自動的に変更する

ExcelのSQRT関数の使い方|指定した数値の平方根を求める

ExcelのSUBTOTAL関数の使い方|集計方法によって様々な集計をする

ExcelのSUM関数の使い方|数値を合計(足し算)する

ExcelのSUMPRODUCT関数の使い方|範囲または配列の積を合計する