Office Hack

Microsoft 365 Apps for businessとは?個人で使う際はお得か?

  • Release
  • Update

本記事では、法人向けMicrosoft 365 Apps for businessについてご紹介しています。

個人向けMicrosoft 365 Personalや大企業向けMicrosoft 365 Apps for enterpriseとのプランの比較や、購入方法についても記載していますので、必要の際にお役立てください。

Microsoft 365 Apps for businessとは?

Microsoft 365 Apps for businessとは、Microsoftが提供する中小企業向けのサブスクリプション型サービスで、WordやExcelといったOfficeの基本的な機能を常に最新バージョンで利用できます。

中小企業向けプランの特徴としては、最大300人のユーザーまで追加できることや、OneDrive for Businessのクラウドストレージを1TBまで使用できることが挙げられます。

同じく中小企業向けプランであるMicrosoft 365 Businessと比べると、法人メールやTeamsなどのサービスが付いていない代わりに価格が抑えられているため、基本的なOfficeの機能が使用できればいいといった場合にオススメです。

法人向けとして提供されているプランになりますが、個人でも契約が可能です。

Microsoft 365 Apps for businessに関するQ&A

価格/機能/インストール可能台数は?

Microsoft 365 Apps for businessの価格や機能、インストール可能台数をMicrosoft 365 Businessのプランと比較して表にしました。

項目Microsoft 365 Apps for businessMicrosoft 365 Business BasicMicrosoft 365 Business StandardMicrosoft 365 Business Premium
年間契約時の税込価格
1ユーザー/月相当
990円/月(11,880円/年)594円/月(7,128円/年)1,496円/月(17,952円/年)2,398円/月(28,776円/年)
インストール可能台数各端末ごとに最大5台※1各端末ごとに最大5台(モバイル版のみ)※2各端末ごとに最大5台※1各端末ごとに最大5台※1
Word○(WEB/モバイル版のみ)
Excel○(WEB/モバイル版のみ)
PowerPoint○(WEB/モバイル版のみ)
OneNote○(WEB/モバイル版のみ)
Outlook○(デスクトップ版のみ)○(WEB/モバイル版のみ)
Access(Windows PC のみ)-
Publisher(Windows PC のみ)-
OneDrive(容量)○(1TB)○(1TB)○(1TB)○(1TB)
Teams-
Exchange-
SharePoint-
Intune---
Azure Information Protection---
高度な脅威対策---

※1 ユーザー1人あたり最大5台のWindows PCまたはMac、5台のタブレット、5台のスマートフォンにインストールできます。

※2 ユーザー1人あたり最大5台のタブレットと5台のスマートフォンにOffice Mobile アプリをインストールできます。デスクトップアプリは含まれていません。

個人で使うならPersonalとどっちが得か?

Microsoft 365 Apps for businessは法人向けプランとして提供されていますが、個人で契約することも可能です。個人向けMicrosoft 365 Personalとどちらがお得か、気になる方も多いでしょう。

PersonalとApps for businessでは含まれるアプリは基本的に同じため、価格だけで考えればApps for businessの方が年額で1,104円安く上がります。

ただし、PersonalではSkypeやMicrosoft エディターが使用できたり、インストール可能台数やOneDriveのサービスにも若干の違いがありますので、必要な機能をよく見極めた上でご選択ください。

以下の表では、個人向けMicrosoft 365 Personalと法人向けMicrosoft 365 Apps for businessの価格や機能、インストール可能台数の違いを比較しています。

項目Microsoft 365 PersonalMicrosoft 365 Apps for business
年間契約時の税込価格
1ユーザー/月相当
1,082円/月(12,984円/年)990円/月(11,880円/年)
インストール可能台数無制限(同時使用は5台まで)各端末ごとに最大5台※1
Word
Excel
PowerPoint
OneNote
Outlook○(デスクトップ版のみ)
Access(Windows PC のみ)
Publisher(Windows PC のみ)
OneDrive(容量)○(1TB)○(1TB)
Skype-
Microsoft エディター-

※1 ユーザー1人あたり最大5台のWindows PCまたはMac、5台のタブレット、5台のスマートフォンにインストールできます。(同時使用は15台まで可)

OneDriveとOneDrive for Businessの違いは?

OneDriveには個人向けと法人向けの2種類が用意されており、同じ容量1TBのOneDriveでも、少し使用勝手が異なります。

Microsoft 365 Personalには個人用OneDrive、Microsoft 365 Apps for businessには法人用OneDrive for Businessが付属しており、それぞれの大きな違いは利用できるアカウントにあります。

OneDriveにサインインする際、OneDriveでは個人のマイクロソフトアカウント、OneDrive for Businessでは法人のユーザーアカウントを利用します。

既に無料版のOneDriveなどを個人的に使用している場合、個人用OneDriveであれば一緒に管理が行えますが、法人用OneDrive for Businessではまとめて管理が行えませんのでご注意ください。

Apps for businessとApps for enterpriseの違いは?

中小企業向けMicrosoft 365 Apps for businessと、大企業向けMicrosoft 365 Apps for enterpriseの違いとしては、ユーザー数の制限がApps for businessの場合は300人以下であるのに対し、Apps for enterpriseでは無制限であるという点が挙げられます。

また、Apps for enterpriseにはApps for businessと比較して、より組織向けの機能が追加されており、セキュリティやコンプライアンスも強化されています。

個人で使用する場合、Apps for businessは契約が可能ですが、Apps for enterpriseは契約できませんのでご注意ください。

以下の表では、中小企業向けMicrosoft 365 Apps for businessと大企業向けMicrosoft 365 Apps for enterpriseの価格や機能の違いを比較しています。

項目Microsoft 365 Apps for businessMicrosoft 365 Apps for enterprise
年間契約時の税込価格
1ユーザー/月相当
990円/月(11,880円/年)1,430円/月(17,160円/年)
追加可能ユーザー数1人~300人無制限
インストール可能台数各端末ごとに最大5台※1各端末ごとに最大5台※1
Word
Excel
PowerPoint
OneNote
Outlook○(デスクトップ版のみ)
Access(Windows PC のみ)
Publisher(Windows PC のみ)
OneDrive(容量)○(1TB)○(1TB)
Office Delve-
Microsoft Whiteboard-
Sway-
Forms-
Power Virtual Agents-
CDS Project Oakdale-

※1 ユーザー1人あたり最大5台のWindows PCまたはMac、5台のタブレット、5台のスマートフォンにインストールできます。

Macで使えるか?

Microsoft 365 Apps for businessはMacでも利用が可能ですが、PublisherやAccessなど、一部機能はWindows PCのみに使用が制限されておりますのでご注意ください。

Microsoft 365 Apps for businessの購入方法

Microsoft 365 Apps for business(無料試用版)の購入方法について解説します。

アクセス

購入ページiconにアクセスし、【1か月間無料で試す】ボタンを押します。

メール

アカウントのセットアップ画面が表示されました。

①『職場または学校のメールアドレス』を入力し、②【次へ】ボタンを押します。

アカウントセットアップ

【アカウントのセットアップ】ボタンを押します。

利用者情報

①『利用者情報』を入力し、②【次へ】ボタンを押します。

電話番号

①【任意の本人確認方法(例:自分にテキスト メッセージを送信(SMS 認証))】を選択し、②『電話番号』を入力します。

③【確認コードを送信】ボタンを押します。

メッセージが届く

番号を入力したデバイスにメッセージが届きます。

【メッセージ】アプリを開きます。

メッセージ開封

【Microsoftから届いたメッセージ】を選択します。

確認コード

「確認コード」を確認します。

確認コード入力

①『確認コード』を入力し、②【確認】ボタンを押します。

ドメイン

①『任意のドメイン名』を入力し、②【利用可能かどうかを確認】ボタンを押します。

ドメイン決定

【次へ】ボタンを押します。

ユーザー名

①『任意のユーザーID』、②『パスワード』、③『パスワードの確認』の順に入力します。

④【サインアップ】ボタンを押します。

支払方法の追加

①『任意の数量(例:1)』を入力し、②【お支払い方法の追加】ボタンを押します。

支払方法入力

①『赤枠内』の項目を入力し、②【保存】ボタンを押します。

無料体験する

【無料体験する】ボタンを押します。

設定完了

Microsoft 365 Apps for business(無料試用版)の契約が完了しました。

Microsoft 365 Apps for businessのログイン方法

Microsoft 365 Apps for businessの管理画面にログインする方法を解説します。

office-365-admin-center 管理センター ログイン

公式サイト「Microsoft 365 の管理」にアクセスし、【今すぐサインイン】を押します。

office-365-admin-center アカウント メール

Microsoftアカウントのサインインページが表示されました。

【サインインするアカウント(メールアドレス)】を選択します。

管理センターパスワード

①『パスワード』を入力し、②【サインイン】ボタンを押します。

管理センターサインイン

サインイン状態の維持に関して、【任意の回答(例:はい)】ボタンを押します。

Microsoft 365 管理センター

Microsoft 365 管理センターにログインしました。

ユーザーの追加やOfficeのインストール、その他サービスの管理をこのページで行えます。

Microsoft 365 管理センターの操作については、以下の記事もあわせてご参照ください。

Microsoft 365 Apps for businessの解約方法

Microsoft 365 Apps for businessの解約方法について解説します。

サブスクリプション

Microsoft 365 管理センターにログインし、【サブスクリプション】を選択します。

サービスの選択

【Microsoft 365 Apps for business 試用版】を選択します。

サブスクリプションのキャンセル

【サブスクリプションのキャンセル】を選択します。

キャンセル理由

「サブスクリプションのキャンセル」ダイアログボックスが表示されます。

①【キャンセルする理由(例:製品がニーズに合わない)】を選択し、②【保存】ボタンを押します。

キャンセル完了

Microsoft 365 Apps for businessの解約が完了しました。

このページを見ている人におすすめの商品

3~4つの質問で最適なOffice製品をご提案します

個人用/法人用/教育用や、一括払いや月/年払い、利用できるアプリケーション、利用できるOSがそれぞれ製品によって異なるため、分かりやすいナビをご用意しました。

[Microsoft 365 製品]の関連記事

当サイトは、マイクロソフトアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top