Office Hack

Microsoft Office Professional 2019とは?価格や内容について

  • Release

プロ向けのOfficeの買い切り版、Office Professional 2019の説明ページです。様々なシーンでよく利用するWord/Excel/PowerPoint、メールソフトのOutlookに加えて、PublisherやAccessまでセットになったパッケージソフトです。

Microsoft Office Professional 2019(日本語版)とは?

Microsoft Office Professional 2019(日本語版)とは、2019年1月22日に発売された、個人とビジネス向けの「買い切り型の永続ライセンス版」となります。

Word/Excel/Outlook/PowerPointの4つのアプリケーションに加えて、さらにPublisher/Accessの2つが利用できるProfessional版です。

Office Professional 2019(最新 永続版)の価格

購入方法

Office Professional 2019の購入方法は、公式サイトもしくはECサイト上でお買い求めいただくことができます。

他の製品(Personal 2019など)ではPOSAカード版(パッケージ版)が用意されているのですが、Professional 2019では用意されてないので、オンラインコード(ダウンロード)版のみの販売となっております。

オンラインコード(ダウンロード)版

カードがなく、プロダクトキーがオンライン上で発行されるものです。下記ボタンよりマイクロソフト公式ストアでOffice Professional 2019をご購入いただけます。

Microsoft Storeで価格を見る
icon

以下のモールでは公式サイトと価格が違う場合がございます。公式サイトより安い可能性もありますので、各モールで価格比較をしてみてください。

Office Professional 2019の内容

さらに詳しくOffice Professional 2019を説明します。

インストールできる台数

同一ユーザーが使用する、WindowsPCに2台インストールすることが可能です。Macにはインストールできません。

利用できるアプリケーション

Office Professional 2019はWord/Excel/Outlook/PowerPoint/Publisher/Accessが利用できます。

Word

ワードアイコン

文字の入力に特化したアプリケーション「Word」。社会人なら「契約書」や「報告書」「マニュアル」、学生なら「論文」「レポート」などの書類作成に向いております。

以下の記事ではWord2019の新機能をまとめました。

Excel

エクセルアイコン

セルと呼ばれるマス目にデータを入力して表を作成する「Excel」。社会人なら「売上管理」「伝票作成」「スケジュール作成」、学生なら「データ分析」、主婦なら「家計簿の作成」などに向いております。

以下の記事ではExcel2019の新機能をまとめました。

PowerPoint

パワーポイントアイコン

スライドに、文字や図表を入れることでプレゼンテーション資料を作成する「PowerPoint」。社会人なら「提案書作成」「改善書作成」「プレゼン」、学生なら「論文発表プレゼン」などに向いております。

Outlook

アウトルックアイコン

メールを受信したり送信したりできる電子メールソフト「Outlook」。メールの署名の入力やフォルダ別振り分けは、もちろんのこと可能です。

メールソフトだけの役割だけでなく、予定表(スケジュール)がカレンダーで管理できるのがメリットです。今日の予定や来週の予定などを分単位で入力でき、スマホアプリからでも確認ができます。

Publisher

パブリッシャーアイコン

名刺やチラシ、パンフレットなどのデザイン重視の文書を作成することができる「Publisher」。Microsoft社製のDTPソフトです。

デザインするだけではPowerPointでも足りそうですが、印刷するための余白線などの設定が備わっていたり、広告素材で利用するパーツが備わっております。

Access

アクセスアイコン

数多くのデータから必要なデータを検索したりレポートを作成したりすることができる「Access」。複数のデータベースを関連付けできるリレーショナルデータベースです。

膨大な商品情報や顧客情報をお持ちの方は、Accessを利用すると便利です。

Teamsは利用できる?

Office Professional 2019にTeamsは含まれておりませんが、Teamsは無料でも利用できますのでダウンロードして利用して下さい。

Microsoft Teams | リモート ワークのためのコラボレーション ツール

Windowsのシステム要件

ご購入を検討されている方へ、ダウンロードするパソコンのシステム要件を必ず事前に確認してください。

項目システム要件
OSWindows 10のみ
アカウントMicrosoftアカウント
後で発行でも問題なし
インターネットライセンス認証が必要なのでアクセスできる状況
プロセッサ1.6GHz、2コアプロセッサ
メモリ4GB、2GB(32ビット)のRAM
空き容量4GB以上
画面解像度1280×768

Office Professional 2019のアカデミック版

Office Professional Academic 2019という名前のアカデミック版が用意されております。学生や教職員の方はこちらをご確認下さい。

Office Professional 2019の企業版

Office Professional Plus 2019という名前のボリュームライセンス版が用意されております。契約数が最小でも500が必要となります。

オンラインショップなどで極端に安い価格で販売されている場合は非正規品の可能性があります。インストールができない、認証して利用できないという報告も数多くされているのでご注意ください。

3~4つの質問で最適なOffice製品をご提案します

個人用/法人用/教育用や、一括払いや月/年払い、利用できるアプリケーション、利用できるOSがそれぞれ製品によって異なるため、分かりやすいナビをご用意しました。

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top