楽天イーグルス感謝祭!ポイント最大39倍→終了まで1時間19分

Office Hack

Adobe Acrobat Standard DCとは?価格/機能/Proとの違いなどまとめ

  • Release
  • Update

Adobe Acrobat Standard DCについて、「価格はいくらですか?」、「Proとどう違うのですか?」という質問が多いです。

本記事では、Adobe Acrobat Standard DCの価格/機能/インストール方法/使い方などについて説明します。Adobe Acrobat Pro DCとの違いも知り、使用の可否をご検討ください。

Adobe Acrobat Standard DCとは?

Adobe Acrobat Standard DCは、Adobe Systems(米国カリフォルニア州サンノゼ)が開発したPDF作成/編集/署名ツールです。

Adobe Acrobat Pro DCより少し価格が安いですが、以下の機能を比較してご利用いただくかどうかをご検討ください。

Adobe Acrobat Standard DCの価格/機能

Adobe Acrobat Standard DCの価格/機能については、以下のとおりです。

価格/機能 Adobe Acrobat Standard DC
価格 年間プラン 1,380 円/月(税別)
年間プラン、一括払い
16,560 円/年(税別)
月々プラン 2,480 円/月(税別)
インストール
オンライン ×
圧縮機能
変換機能
閲覧機能
結合機能
分割機能
書き込み機能
スキャンとOCR機能
注釈機能
スタンプ機能
Windows
Mac×

各モールで「Adobe Acrobat Standard DC」の価格を見る

StandardとProの違い

2020年8月27日現在、Adobe Acrobat Standard DCは年間プランで月額1,380円(税別)、Adobe Acrobat Pro DCは年間プランで月額1,580円(税別)で利用できます。

StandardはProに比べ、使用できる機能が制限されています。Acrobat Pro DCで使用できてもAcrobat Standard DCで使えない機能は以下のとおりです。

  • MacBook ProのTouch Barに対応
  • 2つのバージョンのPDFを比較し、すべての差分を確認
  • PDF内のオブジェクトの距離、面積、周長を計測
  • スキャンした文書を、フォントを保持したまま、検索および編集可能なPDFにすばやく変換
  • Microsoft 365 for Macで、リッチPDFのワンクリック作成やその他のAcrobatの機能を利用
  • アクションウィザードに従って一貫性の高いPDFを作成
  • PDF/A、PDF/Xなど、ISO標準規格に準拠した形式へのPDF変換および適合性の検証
  • Microsoft Project、Visio、Autodesk AutoCADで、PDF技術文書を作成
  • 障害のあるユーザーのためのアクセシビリティ基準を満たすPDFを作成および検証
  • PDF内の表示されている機密情報を墨消し
  • PDFにオーディオ、ビデオ、インタラクティブオブジェクトを追加
  • 法的文書に通し番号を追加
  • タブレットやスマートフォンで、テキストや画像を追加または編集
  • iOSまたはAndroidタブレットで、ページを並べ替え、削除、回転
  • JavaScriptを使ってインタラクティブ機能を追加することによりPDFを拡張
  • PDFを自動的に最適化してファイルサイズを縮小
  • ハイエンドな印刷物を制作するためにファイルをプリフライト、準備

詳しくは、Adobe公式サイト Pro/Standardバージョン別機能比較をご覧ください。

Adobe Acrobat Pro DCについて、詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

Adobe Acrobat Pro DCをご検討されたい場合は、以下をご覧ください。

Adobe Acrobat Standard DCのダウンロード/インストール方法

このセクションでは、Adobe Acrobat Standard DCをダウンロード/インストールする方法について説明します。

Adobe Acrobat Standard DC

Adobeの公式サイトにアクセスします。

【「Adobe Acrobat Standard DC」の「購入する」ボタン】を押します。

カード情報の入力

①『クレジットカード情報』を入力し、②【注文する】ボタンを押します。

使用開始

「ご注文の確認」ダイアログボックスが表示されました。

【使用開始】ボタンを押します。

インストーラーの保存

「名前を付けて保存」ウィンドウが表示されました。

①【インストーラーを保存する場所(例:デスクトップ)】を選択し、②【保存】ボタンを押します。

インストーラーの起動

デスクトップにAdobe Acrobat Standard DCのインストーラーが保存されました。

【「Adobe Acrobat Standard DCのインストーラー」を「ダブルクリック」】します。

続行

「Acrobat DC インストーラー」ダイアログボックスが表示されました。

【続行】ボタンを押します。

インストール開始

【インストールを開始】ボタンを押します。

Adobe Acrobat Standard DCの起動

Adobe Acrobat Standard DCが起動しました。

Adobe Acrobat Standard DCの使い方/編集方法

Adobe Acrobat Standard DCの使い方/編集方法については、次のとおりです。

起動する

このセクションでは、Adobe Acrobat Standard DCを起動する方法について説明します。

Adobe Acrobat Standard DCの起動

Windows 10を開きます。

①【スタート】、②【Adobe Acrobat DC】の順に選択します。

Adobe Acrobat Standard DCを開く

Adobe Acrobat Standard DCが起動しました。

ログインする

このセクションでは、Adobe Acrobat Standard DCでログインする方法について説明します。

Adobe Acrobat Standard DCの起動

はじめに、Adobe Acrobat Standard DCを起動してログイン画面を開いてみましょう。

Windows 10を開き、①【スタート】、②【Adobe Acrobat DC】の順に選択します。

メールアドレスの入力

ログインがされていない状態だと、Adobe Acrobat Standard DCを起動した際にログイン画面が出てきます。

①『Adobeのアカウントに登録したメールアドレス』を入力し、②【続行】ボタンを押します。

パスワードを入力

「パスワードを入力」画面が表示されました。

①『Adobeのアカウントに登録したパスワード』を入力し、②【続行】ボタンを押します。

後で

「モバイル通知をオンにする」ダイアログボックスが表示されました。

ここでは【後で】を選択します。

Adobe Acrobat Standard DCの起動

Adobe Acrobat Standard DCでログインされた状態になりました。

読み込み/追加する

このセクションでは、Adobe Acrobat Standard DCにPDFのデータを読み込み/追加する方法について説明します。

Adobe Acrobat Standard DC

Windows 10を開きます。

①【スタート】、②【Adobe Acrobat DC】の順に選択します。

開く

「Adobe Acrobat Standard DC」ダイアログボックスが表示されました。

①【ファイル】タブ、②【開く】の順に選択します。

PDFを開く

「開く」ウィンドウが表示されました。

①【開きたいPDFがある場所(例:デスクトップ)】、②【開きたいPDF(例:A製品のマーケティング計画)】の順に選択し、③【開く】ボタンを押します。

PDFの読み込み完了

Adobe Acrobat Standard DCにPDFファイルが読み込まれました。

圧縮する

このセクションでは、Adobe Acrobat Standard DCでPDFファイルを圧縮する方法について説明します。

1.4MB

デスクトップにPDFファイル(1.4MB(1,463,535バイト))を用意します。

その他のツール

PDFファイルをAdobe Acrobat Standard DCで開きます。

①【「スクロールバー」を下に「スクロール」】し、②【その他のツール】を選択します。

開く

①【「スクロールバー」を下に「スクロール」】し、②【「PDFを最適化」の「開く」】ボタンを押します。

PDFファイルを開く

【ファイルサイズを縮小】ボタンを押します。

ファイルサイズを縮小

「サイズが縮小されたPDFとして保存」ダイアログボックスが表示されました。

①【マイコンピューター】タブ、②【デスクトップ】を選択し、③【別のフォルダーを選択】ボタンを押します。

別のフォルダーを選択

「サイズが縮小されたPDFとして保存」ウィンドウが表示されました。

①【圧縮されたPDFを保存したい場所(例:デスクトップ)】を選択し、②『ファイル名(例:A製品のマーケティング計画(圧縮))』を入力し、③【保存】ボタンを押します。

1.31MB

1.31MB(1,371,077バイト)の圧縮PDFファイル(例:A製品のマーケティング計画)が保存されました。

結果、約0.1MB圧縮されました。

変換する

このセクションでは、画像ファイル(JPEG)からPDFファイルに変換する方法について説明します。

A製品のマーケティング計画(JPEG)

画像ファイル(JPEG)を用意します。

Adobe Acrobat Standard DC

①【スタート】、②【Adobe Acrobat DC】の順に選択します。

Adobe Acrobat Standard DCに読み込み

Adobe Acrobat Standard DCが起動しました。

【「JPEGファイル(例:A製品のマーケティング計画)」をAdobe Acrobat Standard DCに「ドラッグ」】します。

JPEG読み込み完了

「JPEGファイル(例:A製品のマーケティング計画)」が読み込まれました。

名前を付けて保存

①【ファイル】タブ、②【名前を付けて保存】の順に選択します。

別のフォルダーを選択

「PDFとして保存」ダイアログボックスが表示されました。

①【マイコンピューター】タブ、②【デスクトップ】の順に選択し、③【別のフォルダーを選択】ボタンを押します。

デスクトップに保存

「PDFとして保存」ウィンドウが表示されました。

①【デスクトップ】を選択し、②『ファイル名(例:A製品のマーケティング計画(JPEG→PDF))』を入力し、③【保存】ボタンを押します。

変換済

JPEGファイルがPDFファイル(例:A製品のマーケティング計画(JPEG→PDF))に変換されて保存されました。

閲覧する

Adobe Acrobat Standard DCではPDFファイルの閲覧が可能です。

閲覧可能

Adobe Acrobat Standard DCにPDFファイルを読み込むと、PDFファイルの内容の閲覧が可能です。

ページが進む

【「スクロールバー」を下に「スクロール」】すると、ページが進みます。

ファイルを結合する

このセクションでは、PDFファイルを結合する方法について説明します。

PDFファイルを複数用意

PDFファイルを複数用意します。

Adobe Acrobat Standard DC

①【スタート】、②【Adobe Acrobat DC】の順に選択します。

ファイルを結合を開く

Adobe Acrobat Standard DCが起動しました。

①【ツール】タブ、②【「ファイルを結合」の「開く」】の順に選択します。

複数のファイルをドラッグアンドドロップ

複数のPDFファイルを【「Adobe Acrobat Standard DC」に「ドラッグアンドドロップ」】します。

結合

複数のPDFファイルが読み込まれました。

【結合】ボタンを押します。

結合済

複数のPDFファイルが結合されました。

ファイルを分割する

このセクションでは、Adobe Acrobat Standard DCでPDFファイルを分割する方法について説明します。

PDFファイル

分割したいPDFファイル(計18ページ)を用意します。

Adobe Acrobat Standard DC

①【スタート】、②【Adobe Acrobat DC】の順に選択します。

PDFファイルをドラッグアンドドロップ

Adobe Acrobat Standard DCが起動しました。

【「分割したいPDFファイル」を「ドラッグアンドドロップ」】します。

ページを整理

PDFファイルの読み込みが完了しました。

【ページを整理】を選択します。

分割

①【分割】タブを選択します。

②ここでは9ページ目と10ページ目の境界で分割したいので「ページ」に『9』を入力し、③【分割】ボタンを押します。

OK

「Adobe Acrobat」ダイアログボックスが表示されました。

【OK】ボタンを押します。

分割されたPDFファイル

9ページ目と10ページ目の境界で分割されたPDFファイルが、それぞれ保存されました。

書き込みする

このセクションでは、Adobe Acrobat Standard DCでPDFファイルに書き込みを行う方法について説明します。

注釈

Adobe Acrobat Standard DCを起動し、PDFファイルを読み込んでいる状態にします。

【注釈】を選択します。

テキストボックスを追加

①【「テキストボックスを追加」のアイコン】を選択すると、②PDFファイルにテキストボックスを作成し、文字を入力することができます。

描画ツールを使用

①【「描画ツールを使用」のアイコン】を選択すると、②フリーハンドで書き込みを入れることができます。

線を引く

このセクションでは、Adobe Acrobat Standard DCでPDFファイルに線を引く方法について説明します。

注釈

Adobe Acrobat Standard DCを起動し、PDFファイルを読み込んでいる状態にします。

【注釈】を選択します。

線

①【描画ツール】、②【線】の順に選択します。

線を引く

【左から右(上から下)に「ドラッグ」】すると、線が引かれます。

Acrobat Standardのサポート期限

Acrobat Standardのサポート期限については、以下のとおりです。

製品名(バージョン)一般向け提供開始コアサポート期間の終了
Acrobat Standard 2020 2020年6月1日2025年6月1日
Acrobat Standard 2017 2017年6月6日2022年6月6日
Acrobat Standard DC 2015(Classic)2015年4月7日2020年4月7日(2020年7月7日まで延長)
Acrobat Standard(9.x )2008年6月23日2013年6月26日
Acrobat Standard(8.x )2006年11月3日2011年11月3日
Acrobat Standard(7.x) 2004年12月28日2009年12月28日

Adobe Acrobat Standard DCを解約する方法

このセクションでは、Adobe Acrobat Standard DCを解約する方法について説明します。

アドビアカウント

Adobe Acrobat Standard DCを開きます。Adobeのアカウントにログインした状態にします。

①【Adobeで登録したアカウントのアイコン】、②【アドビアカウント】の順に選択します。

プランを管理

ブラウザ(Google Chromeなど)で「Adobe Account」のページが開きます。

【プランを管理】を選択します。

プランを解約

【プランを解約】を選択します。

パスワードを入力して続行

「パスワードを入力」画面が表示されました。

①『パスワード』を入力し、②【続行】ボタンを押します。

理由

「プランを解約」画面が表示されました。

①【「解約の理由」に「チェックマーク」】を入れ、②【続行】ボタンを押します。

続行

プランを解約した時の影響を確認し、【続行】ボタンを押します。

解約の確認へ

【解約の確認へ】ボタンを押します。

解約する

解約の詳細や対象のプランを確認したら、【解約する】ボタンを押します。

解約済

「ご契約のプランは解約されました。」のメッセージが表示されました。

Adobe Acrobat Standard DCの解約が完了しました。

Adobe Acrobat Standard DCが落ちるときの対処法

Adobe Acrobat Standard DCが落ちる時は、以下の対処法をお試しください。

  • Acrobat DCを最新バージョンに更新してみる
  • 他のアプリケーションが実行されていないときにAcrobatインストールの修復を実行してみる
  • 「保護されたビュー」をオフにしてみる
  • 別のMicrosoftユーザーアカウントを使用してみる

その他Adobe Acrobatに関する情報






他のおすすめPDFソフトウェア一覧

Adobe Acrobat以外にも多くのPDFソフトウェアがあります。

当サイトおすすめのPDFソフトウェアをご覧になりたい場合は、以下の記事をご覧ください。

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top