Amazon BigSale!ブラックフライデー開催中
終了まで48時間9分

Office Hack

CubePDF Utilityとは?機能/ダウンロード/使い方などまとめ

  • Release
  • Update

「CubePDF Utilityって何?」、「Pageとの違いは何?」と思う方は多いでしょう。本記事ではCubePDF Utilityの機能/ダウンロード/使い方などについて説明します。

CubePDF Utilityを使えば、PDFの編集やセキュリティ設定などを行うことができます。

CubePDF Utilityとは?

CubePDF Utilityとは、大阪府豊中市にあるキューブ・ソフトが開発している無料のPDFソフトウェアで、PDFの編集機能やセキュリティ設定機能を有しています。

CubePDF Pageの機能が追加されたことで、旧バージョンよりも機能が充実し、多くの人から高い評価を得ています。

CubePDF UtilityとPageの違い

CubePDF Utiliyの旧バージョンは、PDFファイルのセキュリティ機能を設定し、文書プロパティを追加/編集するためのソフトウェアでした。

しかし、現在のCubePDF Utiliyは、PDFファイルを結合/分割するためのソフトウェアであるCubePDF Pageの機能を統合して使用できるようになりました。

CubePDF Utiliyの現在の機能は、CubePDF Pageにページ編集などの機能を加えたものであるとご理解ください。CubePDF Pageの詳細については、以下の記事をご覧ください。

CubePDF Utilityの料金/機能

このセクションでは、CubePDF Utilityの料金/機能について説明します。

 CubePDF Utility
料金無料
インストール
オンライン×
圧縮機能 ×
変換機能 ×
閲覧機能
結合機能
分割機能 ×
ページを抽出して分割したように保存することは可能
書き込み機能 ×
回転機能
パスワード機能
Windows
Mac

CubePDF Utilityをダウンロード/インストールする方法

このセクションでは、CubePDF Utilityをダウンロード/インストールする方法について説明します。

公式サイトの他、窓の杜からでもダウンロードが可能です。

CubePDF Utilityの無料ダウンロード

CubePDF Utilityのダウンロードページを開きます。

【無料ダウンロード】ボタンを押します。

保存

「名前を付けて保存」ウィンドウが表示されました。

①【インストーラーを保存したい場所(例:デスクトップ)】を選択し、②【保存】ボタンを押します。

インストーラーの保存

インストーラーがデスクトップに保存されたので、【ダブルクリック】で開きます。

次へ

「CubePDF Utility 0.6.1β(×64)セットアップ」ダイアログボックスが表示されました。

「使用許諾契約書の同意」を読んで、①良ければ【同意する】を選択し、②【次へ】ボタンを押します。

デスクトップに保存

「追加タスクの選択」が表示されました。

①【「アイコンを追加する」のお好きな項目に「チェックマーク」】を入れ、②【次へ】ボタンを押します。

次へ

「[PR]E START アプリ」が表示されましたが、ここではそのまま【次へ】ボタンを押します。

インストール

【インストール】ボタンを押します。

完了

「CubePDF Utility セットアップウィザードの完了」が表示されました。

【完了】ボタンを押して完了です。

CubePDF Utilityの使い方

下記では、CubePDF Utilityの使い方について説明します。

起動する

このセクションでは、CubePDF Utilityを起動する方法について説明します。

CubePDF Utilityの選択

Windows 10を開きます。

①【スタート】、②【Cubesoft】、③【CubePDF Utility】の順に選択します。

CubePDF Utilityの起動

CubePDF Utilityが起動しました。

読み込み/追加する

このセクションでは、CubePDF UtilityにPDFファイルを読み込み/追加する方法について説明します。

PDFファイル

読み込みたいPDFファイル(例:A製品のマーケティング計画)を用意します。

CubePDF Utility

CubePDF Utilityを起動し、【開く】を選択します。

PDFファイルを開く

「ファイルを開く」ウィンドウが表示されました。

①【PDFファイルがある場所(例:デスクトップ)】、②【PDFファイル(例:A製品のマーケティング計画)】の順に選択し、③【開く】ボタンを押します。

PDFファイルの読み込み

PDFファイルがCubePDF Utilityに読み込まれました。

閲覧する

CubePDF UtilityではPDFファイルの閲覧が可能です。

PDFファイルの読み込み

CubePDF UtilityにPDFファイルを読み込むと、PDFファイルの内容が表示されるので閲覧が可能です。

結合する

このセクションでは、CubePDF UtilityでPDFファイルを結合する方法について説明します。

PDFを用意

2ファイル(9ページずつ)のPDFをデスクトップに用意します。

末尾に挿入

CubePDF Utilityを起動し、PDFファイル(A製品のマーケティング計画1)を読み込みます。読み込みは1ファイルしかできませんので、ご注意ください。

①【挿入】タブ、②【末尾に挿入】の順に選択します。

開く

「ファイルを開く」ウィンドウが表示されました。

①【2枚目のPDFを保存している場所(例:デスクトップ)】、②【2枚目のPDF(例:A製品のマーケティング計画2)】の順に選択し、③【開く】ボタンを押します。

結合済み

ファイルの結合が完了しました。

画面右下の赤枠部分を見ると、9ページ+9ページで「全18ページ」になっています。

ページを抽出して分割したかのように保存する

CubePDF Utilityでは、PDFファイルを直接分割する方法はありません。

しかし、ページを抽出して分割したかのように保存することは可能ですので、その方法についてご説明します。

A製品のマーケティング計画

PDFファイル(例:A製品のマーケティング計画18ページ)を用意します。

選択ページを抽出

CubePDF Utilityを起動します。ここではページを抽出して保存を2回行います。

Ctrl+左クリックで【保存したいPDF】を選択し、②【抽出】タブ、③【選択ページを抽出】の順に選択します。

保存

「名前を付けて保存」ウィンドウが表示されました。

①【保存したい場所(例:デスクトップ)】を選択し、②『ファイル名(例:抽出保存1)』を入力し、③【保存】ボタンを押します。

選択ページを抽出

Ctrl+左クリックで【残りのページ】を選択します。

②【抽出】タブ、③【選択ページを抽出】の順に選択します。

保存

「名前を付けて保存」ウィンドウが表示されました。

①【保存したい場所(例:デスクトップ)】を選択し、②『ファイル名(例:抽出保存2)』を入力し、③【保存】ボタンを押します。

抽出保存

「抽出保存1」、「抽出保存2」のファイルがそれぞれ抽出されて保存されました。

PDFファイルを分割して保存した状態と同じになっています。

回転する

このセクションでは、選択したPDFのページを回転する方法について説明します。

A製品のマーケティング計画

PDFファイル(A製品のマーケティング計画)を用意します。

右回転

CubePDF Utilityを起動します。

①【回転させたいページ】を選択します。②ここでは【右90度】を選択してページを右90度回転させてみます。

左回転

選択したページが右90度回転しました。

ここでは元に戻したいので、【左90度】を選択します。

元に戻る

ページが左90度回転し、ページの向きが元に戻りました。

パスワード設定をする

このセクションでは、CubePDF UtilityでPDFファイルにパスワードをかける方法について説明します。

パスワード

CubePDF Utilityを起動し、PDFファイルを読み込んだ状態にします。

【セキュリティ】を選択します。

管理用パスワード

「セキュリティ」ダイアログボックスが表示されました。

①【セキュリティに関する各種設定】を行い、②【OK】ボタンを押します。

名前を付けて保存

①【保存】タブ、②【名前を付けて保存】を選択します。

保存

「名前を付けて保存」ウィンドウが表示されました。

①【PDFを保存したい場所(例:デスクトップ)】を選択します。②『ファイル名(例:A製品のマーケティング計画(パスワード有))』を入力し、③【保存】ボタンを押します。

A製品のマーケティング計画

「A製品のマーケティング計画(パスワード有)」のPDFファイルが保存されました。

このファイルを【ダブルクリック】して開きます。

パスワードの表示

PDFファイルが開く前に、パスワードが要求されました。

PDFファイルが開かない/編集できない場合の対処法

「CubePDFユーティリティでパスワードを設定していないはずのPDFファイルを開くと、パスワードの入力を求められる」とお悩みの方がいます。

PDFファイルの中には閲覧にパスワードが不要である一方、PDFファイルの一部の編集/操作が制限されているものもあります。

このような場合にPDFファイルを編集するには、事前設定された管理パスワードが必要になります。管理パスワードを把握しておきましょう。

その他トラブルが解決しない時は

「編集中にCubePDF Utilityが落ちる」、「編集したPDFファイルが保存できない」など、その他様々なトラブルが発生する場合があります。

その時は、Cubesoftのお問い合わせページにアクセスしてお問い合わせください。

このページを見ている人におすすめの商品

その他CubePDFに関する情報

他のおすすめPDFソフトウェア一覧

CubePDF以外にも多くのPDFソフトウェアがあります。

当サイトおすすめのPDFソフトウェア一覧をご覧になりたい場合は、以下の記事をご覧ください。

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top