投稿者:公開日: 

Wordでページを削除する方法と空白ページが削除できない時の対処法

Wordでページを削除する方法と空白ページが削除できない時の対処法

はじめに

Wordで文書を作成していると、「特定のページだけを削除したい」、「印刷した時に空白のページが印刷されてしまった」といった悩みがあると思います。

画面上ではそれぞれのページの境目がはっきりと表示されていますが、Wordでの「ページ」の概念は「印刷する時の目安」のようなもので、入力したデータがページごとに区切られるものではありません。

Wordに入力されたデータは言うなれば1枚のシートに入力されたような状態であり、画面上では印刷する紙の大きさに合わせてページが区切られて表示されているのです。

そのため、Wordには特定のページを指定して削除したり、空白のページを削除したりするといった機能がありません。

では、ページを削除したいときはどのようにすればよいでしょう。
今回はページ削除をする方法、表を挿入した時のページの削除方法、空白ページがどうしても削除できない場合の対処方法をご紹介します。

Wordでページ削除を行う手順

ページ削除を行う手順

ページ削除を行う手順は、

  1. 削除したいページの先頭にカーソルを置く
  2. 削除したいページの末尾までドラッグ
  3. DeleteキーもしくはBackspaceキーを押す

です。以下でより詳しく説明していきます。

ページ削除を行う手順

ページの用意

削除したいページの先頭にカーソルを置きます。

先頭から末尾までドラッグ

削除したいページを末尾までドラッグし、DeleteもしくはBackspaceを押します。

ページの削除

1ページ目にあった選択した部分が削除され、2ページが先頭のページとなりました。

Shiftキーを使いながらページ削除を行う手順

削除するページの用意

削除するページのデータを用意し、ページの先頭にカーソルを置きます。

Shift押しながらページの末尾へ

Shiftを押しつつ↓で【ページの末尾まで選択】します。

Deleteを押下

DeleteもしくはBackspaceを押すと1ページ目が削除され、2ページだったページの先頭にカーソルが移ります。

複数のページを見やすくまとめて削除する方法

ページの削除

ページを削除するデータを用意します。

表示タブを押す

【表示】タブを押し、その下の赤枠の【複数ページ】を押します。

複数のページ

1つのウィンドウに複数のページが表示できるようになりました。

右下のズームスライダーを調整することによって、1つのウィンドウに表示されるページ数が変化します。

削除したいページをドラッグ

3ページ目以降を削除したいので、3ページ目以降を【全てドラッグして選択】します。

ページが全て削除

DeleteもしくはBackspaceを押すと選択されたページが全て削除され、選択されなかったページだけが残ります。

「検索と置換」ダイアログボックスから任意のページを削除する方法

F8で拡張選択モード

「検索と置換」ダイアログボックスを開いて任意のページを削除する方法をお伝えします。ここでは、2ページ目から5ページ目を削除することとします。

まず、削除したいページの先頭(2ページ目の先頭)にカーソルを合わせます。次にF8を押して「拡張選択モード」にし、F5を押します。

※左下のステータスバーに記載されている全体のページ数は6ページになっています。この点にご注目ください。

検索と置換ダイアログボックス

「検索と置換」のダイアログボックスが表示されます。5ページまでを削除したい場合、【ジャンプ】タブ、「移動先」の下の【ページ】を選択し、「ページ番号」の下のテキストボックスに『6』と入力して右下の【ジャンプ】を押します。

※「ページ番号」の下のテキストボックスには、「削除したいページ番号+1」を入力します。

閉じるボタンの押下

次に、【閉じる】ボタンを押します。

部分的な削除

DeleteもしくはBackspaceを押すと2ページ目から5ページ目が削除されます。その結果、6ページ目が新たに2ページ目に移動します。

左下のステータスバーを見てみましょう。全体のページ数が6ページから2ページになっています。

ページに挿入した表が広すぎてページ削除ができない場合の4つの対処方法

表が広すぎて削除できない

表が挿入されているデータを用意します。

ページに挿入した表が広すぎる時、次のページ全体を削除しようとしてDeleteもしくはBackspaceを押しても削除されない場合があります。その際は、行間や行数や余白、もしくはフォントサイズを調整すれば次のページの削除が可能になります。

セクション区切りの挿入方法

「ページ設定」で行間や行数、余白の調整を行うと、他のページのレイアウトに影響を及ぼす可能性があります。

他のページのレイアウトを維持しつつ、ページ設定を行うために「セクション区切り」の機能を使います。

セクション区切りを挿入するには、まずページの先頭である矢印部分にカーソルを置き、【レイアウト】タブ、【区切り】、【現在の位置から開始】の順に選択します。

セクション区切りの挿入

セクション区切りが挿入されました。

3ページ目が削除されない

3ページ目の先頭にカーソルを移動させました。しかし、空白のページである3ページ目の先頭でDeleteもしくはBackspaceを押しても3ページ目が削除されません。

以下の項では、前のページの表が広すぎて空白ページが削除できない場合の4つの対処法をお伝えします。

行数調整による対処

レイアウトタブの選択

これからページ設定で行数調整を行い、空白の3ページ目を削除します。

まず、ページ設定のダイアログボックスを出しますので、【レイアウト】タブを選択した後、「ページ設定」のアイコンを押します。

ページ設定のダイアログボックス

「ページ設定」のダイアログボックスが表示されました。まず、【行数だけを指定する】を選択します。

行数を下げると、空白の3ページ目が自動的に削除されます。ここでは、「37」となっていたのを【▼】を2回押して「35」まで下げ、【OK】を押して完了です。

行間を固定値にすることによる対処

段落のダイアログボックスの表示

これから「段落」のダイアログボックスを開き、行間を固定値にしながら値を調整します。

まず、【レイアウト】タブを選択した後、その下の赤枠のアイコンを押します。

行数を固定値に調整

「段落」のダイアログボックスが表示されました。

行間を【固定値】に選択し、間隔を調整して「10 pt」にし、【OK】を押すと空白の3ページ目が自動的に削除されます。

余白を調整することによる対処

余白の調整の準備

これからページ設定で余白の調整を行い、空白の3ページ目を削除します。

まず、ページ設定のダイアログボックスを出しますので、【レイアウト】タブを選択した後、その下の赤枠のアイコンを押します。

余白の調整

「ページ設定」のダイアログボックスが表示されました。【余白】タブを選択し、「上」を【32mm】に調整します。

最後に【OK】を押せば空白の3ページ目が自動的に削除されます。

フォントサイズを調整することによる対処

フォントサイズを調整する

これからフォントサイズを調整して、空白の3ページ目の削除をします。

まず2ページ目の表の【最後の行を選択】します。そして、【ホーム】タブ、その右下の赤枠の【▼】を選択し、フォントサイズを「11」ptから【10.5】ptにします。

フォントサイズの調整

3ページ目が削除されました。

左下のステータスバーの記載を見ると、3ページ目が存在しないことが確認できました。

任意のページを印刷する方法(ページ削除ができない場合)

ファイルタブの選択

どうしても空白のページを削除できない時に任意のページだけ印刷する方法をお伝えしていきます。試しに3ページ目を抜かして、1ページと2ページのみ印刷してみましょう。

まず、【ファイル】タブを押します。

選択したページの印刷

左ナビゲーションの【印刷】を押し、項目「設定」下にある「ページ:」に『1-2』と入力し、最後に【印刷】ボタンを押せば1ページ目と2ページ目のみ印刷されます。