Office Hack

エクセルで作った宛名ラベルの無料テンプレート

  • Release

電子化が各所で進んでいるとはいえ、ダイレクトメールはまだまだ多くの企業やご家庭で使用されています。

本記事では、ダイレクトメールなどに使用する宛名ラベルのテンプレートを作成する方法についてご紹介します。

テンプレートを1から作るのは難しいという方は、この記事の最後に宛名ラベルのテンプレートをご用意していますので、ぜひダウンロードして使ってみてください。

宛名ラベルのテンプレートの作り方

宛名ラベルのテンプレートの作り方についてご説明します。以下では8面のラベルテンプレートを作成しますので、参考にしてみてください。

作業時間:8分

印刷サイズをA4に変更する

サイズをA4にする

印刷する際の目安になるように、サイズをA4に設定しておきましょう。①【ページレイアウト】タブ、②【サイズ】、③【A4】の順に選択します。

セルの幅を一括で変更する

複数の列を選択する

IとJの間に点線が入り、どこまでが印刷される範囲か分かりやすくなりました。セルの幅を一括で変更するため、①「Ctrl」を押しながら【A,F,G,H,M】の列を選択して右クリックし、②【列の幅】を選択します。

セルの幅の値を変更する

セルの幅を変更する

「セルの幅」ダイアログボックスが表示されました。①「列の幅」に『1.64』と入力し、②【OK】ボタンを押します。

セルを選択する

セルを選択する

列の幅が変更されました。ラベルの外枠を作成するため、【セル(例:A1~F9)】を選択します。

その他の罫線を選択する

その他の罫線を選択する

①「罫線」横の【プルダウンメニュー】、②【その他の罫線】の順に選択します。

外枠を点線にする

罫線の種類を変更する

「セルの書式設定」ダイアログボックスが表示されます。①【点線】、②【外枠】の順に選択し、③【OK】ボタンを押します。

セルを結合する

セルを結合させる

点線の外枠を設定することができました。文字入力やコピーの際にセル幅が変わるのを防ぐため、セルを結合します。①【セル(例:B2,C2)】、②「セルを結合して中央揃え」横の【プルダウンメニュー】、③【セルの結合】の順に選択します。

結合したセルに文字を入力する

文字を入力する

「結合したセル」に『郵便番号(例:〒 111-1111)』を入力します。

同じ要領で文字を入力する

文字を入力する

同じ要領で、【赤枠内】に住所等の文字を入力していきます。

名前用にセルを結合する

セルを結合する

名前を入力するためセルを結合します。①【セル(例:D7,E7,D8,E8)】、②【セルを結合して中央揃え】、③【右揃え】、④【上揃え】の順に選択します。

文字を入力して設定を変更する

文字サイズ等を変更する

①「結合したセル」に『名前(例:〇〇 〇〇 様)』と入力し、②【太字】、③「フォントサイズ」横の【プルダウンメニュー】、④【14】の順に選択します。

作成したラベルをコピーする

コピーする

①【作成したラベル(例:A1~F9)】を選択してCtrlとCを同時に押してコピーをし、②【貼り付けたいセル(例:A11)】を選択してEnterを押します。

宛名ラベルテンプレートを作成できた

宛名ラベルを作成できた

同じ要領で他のセルにもコピーとペーストを行います。これで8面の宛名ラベルテンプレートを作成することができました。

宛名ラベルの無料テンプレートのダウンロード

宛名ラベルテンプレート

「宛名ラベルを自分で作るのは大変」という方向けに、以下では「宛名ラベルのテンプレートの作り方」セクションで作成した宛名ラベルのテンプレートを配布しています。

無料でダウンロード/自由に編集することができますので、宛名ラベルを作成する際はこちらのテンプレートを使用してみてください。

宛名ラベルテンプレートをダウンロード

[Excel テンプレート]の関連記事

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top