Office Hack

エクセルでオートフィルができない場合

  • Release

エクセルの「オートフィル」機能とは、1,2,3…といった連続したデータを簡単な操作で入力できるとても便利な機能です。

今回は、エクセルでオートフィルができない場合の対処法をご紹介します。

オートフィルができずお困りの方は、本記事を参考に設定を行ってみてください。

オートフィルでコピーしかできない

オートフィルで1,2,3…といったように連続データを入力しようとしても、下記画像のように1,1,1…と同じ数字がコピーされてしまう現象にお悩みの方もいらっしゃると思います。

同じ数字がコピーされる現象

オートフィルでコピーしかできない場合は、以下の方法で連続データを入力できるようになりますのでお試しください。

連続データを選択する

オートフィルを適用させた状態で、①【オートフィル オプション】、②【連続データ】の順に選択します。

連続データが入力されるようになった

連続データが入力されるようになりました。

連番(連続データ)のオートフィルができない

1,2,3…といったように、連番(連続データ)のオートフィルができない場合は、オートフィル オプションから連続データを入力するよう設定すれば連番を入力できるようになります。

連続データを入力したい場合は、上記「オートフィルでコピーしかできない」セクションと同じ手順で設定を行ってみてください。

日付のオートフィルができない

日付のオートフィルを適用しようとすると、週単位/年単位の連続データを入力する項目が灰色に表示され、適用できない場合があります。

そういった場合は一度書式設定を変更し、再度日付を入力すると、問題なくオートフィルを使用できるようになります。

書式設定の変更方法は、以下のとおりです。

セルの書式設定を変更する

①【オートフィルができないセル】を右クリックし、②【セルの書式設定】を選択します。

標準に変更する

「セルの書式設定」ダイアログボックスが表示されます。

①【標準】を選択し、②【OK】ボタンを押します。

再度日付を入力する

書式設定を「標準」にすると、日付の表示が5桁ほどの数字に変更されるかと思います。

【オートフィルを適用させたいセル】に、再度日付を入力します。

オートフィルが適用される

セル右下の【フィルハンドル】を選択したままドラッグすると連続データが入力されますので、お試しください。

数式(関数)のオートフィルができない

数式(関数)のオートフィルができない場合、オプションから「計算方法の設定」を自動にすることでオートフィルが適用されるようになります。

計算方法の設定を変更する方法については、以下のとおりです。

ファイルタブを選択する

【ファイル】タブを選択します。

オプションを選択する

【オプション】を選択します。

数式を自動にする

「Excel のオプション」ダイアログボックスが表示されます。

①【数式】タブを選択し、②「計算方法の設定」の【自動】にチェックを入れ、③【OK】ボタンを押します。

数式のオートフィルができた

セル右下の【フィルハンドル】を選択した状態でドラッグすると、数式のオートフィルが適用されますのでご確認ください。

このページを見ている人におすすめの商品

[Excel オートフィル]の関連記事

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top