Office Hack

エクセルのオートフィルに関するショートカットキー

  • Release
  • Update

オートフィルとは、連続したデータを自動で入力することです。例えば、表の項番を入力する際に非常に便利です。

ここでは、オートフィルをアクセスキーで利用する方法と、通常のフィルハンドルを利用する方法をお伝えします。

オートフィル

Excelのショートカットキー一覧PDFを入手する

ExcelのショートカットキーがまとめられているPDFを販売しています。タブレットでPDFを表示したり紙に印刷することで、いつでもExcelのショートカットキーを確認できます。

Store.jpで販売しておりますので、ご希望の方は以下から遷移して下さい。

Excel(Windows)のPDF販売ページへ

Excel(Mac)のPDF販売ページへ

同じ数字で連続データを作成する

アクセスキーで反映する

セルの選択

頭となる数字を入力し、連続データを反映させるセルをあらかじめ選択します。

連続データの選択

AltHFISを押し、連続データを選択します。

連続データダイアログボックス

「連続データ」のダイアログボックスが開きました。

列とオートフィルの選択

列にデータを反映させたいので【列を選択】、1だけ入力してあるので【オートフィルを選択】すると同じ数字が連続します。最後に【OK】ボタンを押します。

オートフィルの反映

同じ数字の連続データが入力されました。

フィルハンドルで反映する

フィルハンドルをクリック

赤枠の部分は「フィルハンドル」と言います。

下へドラッグ

【フィルハンドルをクリック】しながら下へ【ドラッグ】すると、同じ結果が得られます。

1ずつ増分する連続データを作成する

アクセスキーで反映する

ここでは1,2,3,4,5と、1ずつ増分する連続データを作成します。

セルの選択

頭となる数字を入力し、連続データを反映させるセルをあらかじめ選択します。

連続データの選択

AltHFISを押し、連続データを選択します。

列と加算の選択

列にデータを反映させたいので【列を選択】、1ずつ増分したいので【加算を選択】、増分値を【1】に設定します。この増分値を2にすると、2ずつ増えていきいます。最後に【OK】ボタンを押します。

オートフィルの反映

1ずつ増分する連続データが入力されました。

フィルハンドルで反映する

フィルハンドルをクリック

「フィルハンドル」での操作ですが、先ほどの「同じ数字の場合と少し違った操作」をします。

下へドラッグ

Ctrlキーを押しながら【フィルハンドルをクリック】し、下へ【ドラッグ】すると、1ずつ増分する連続データが得られます。

[Excel ショートカット 入力]の関連記事

Excelの入力作業が激速に!文字入力に関するショートカットキー

エクセルのセル編集のショートカットキー(Win/Mac)

エクセルの切り取りのショートカットキー(Win/Mac)

Excelの値の貼り付けの3種の違いとショートカットキー3つ

エクセルで元に戻すショートカットキー(Win/Mac)

Excelで直前の操作を繰り返すショートカットキー

文字編集中に←キーで左セルに移動するのを回避する方法

エクセル使用中に矢印キーでカーソルが動かない場合の対処法

エクセルのプルダウンに関するショートカットキー

セルの表示形式に関するExcelショートカットキー

エクセル時短術!Excelで数式と関数に関するショートカットキー

エクセルの再計算のショートカットキー(Win/Mac)