Office Hack

Excelのチェックボックスの大きさや文字サイズを変更する方法

  • by kenji
  • Release
  • Update

持ち物チェックリストを作ったけれど、印刷したときにチェックボックスが小さすぎてマークできない、なんてお悩みの方もいると思います。

ここでは、Excelで作ったチェックボックス自体の大きさや文字サイズを変更する方法をお送りします。

チェックボックスの作成

まずはチェックボックスを準備します。作成方法は以下を参考にしてください。

セルの枠に合わせる

コントロールの書式設定

チェックボックス上で【右クリック】し、【コントロールの書式設定】を選択します。

セルに合わせて移動やサイズ変更

「コントロールの書式設定」ダイアログボックスが表示されますので、【プロパティ】タブを選択し、【セルに合わせて移動やサイズを変更する】をチェックし、【OK】ボタンを押します。

枠線に合わせる

【書式】タブを選択し、【配置】をクリックし【枠線に合わせる】を選択します。

枠に合わせる結果

チェックボックスの四隅にある○をドラッグして動かし、セルにピッタリと合わせます。

チェックボックスの大きさ変更

行の高さ変更

セルの行の高さを伸ばします。すると、チェックボックスとテキストが合わせて縦に伸びました。

列の幅変更

さらにセルの列の幅を伸ばして調整してください。

デザインモードのオフ

チェックボックスにチェックを入れたい場合は、【開発】タブの【デザインモード】を「オフ」にしましょう。

テキストサイズをpt指定で調整することはできないので、こちらの方法で覚えておきましょう。

その他、様々なチェックボックスの編集方法