Office Hack

Excelのチェックボックスの大きさを変更する方法

  • by kenji
  • Release
  • Update

持ち物チェックリストを作ったけれど、印刷したときにチェックボックスが小さすぎてマークできない、なんてお悩みの方もいると思います。

ここでは、Excelで作ったチェックボックスの大きさを変更する方法をお送りします。

開発タブの表示

赤枠の【▼】をクリックし、【その他のコマンド】を選択します。

「Excelのオプション」ダイアログボックスが開きます。

【リボンのユーザー設定】を選択し、リボンのユーザー設定が「メインタブ」に設定されていることを確認し、【開発】にチェックし【OK】ボタンを押します。

チェックボックスの作成

それではチェックボックスを作成していきます。

先程表示した【開発】タブを選択し【挿入】を選択、ActiveXコントロール内にある【チェックボックス】を選択してください。

任意のところで【クリック】し、チェックボックスを配置します。

チェックボックス上で【右クリック】し、【コントロールの書式設定】を選択します。

「コントロールの書式設定」ダイアログボックスが表示されますので、【プロパティ】タブを選択し、【セルに合わせて移動やサイズを変更する】をチェックし、【OK】ボタンを押します。

セルの枠に合わせる

【書式】タブを選択し、【配置】をクリックし【枠線に合わせる】を選択します。

チェックボックスの四隅にある○をドラッグして動かし、セルにピッタリと合わせます。

チェックボックスの大きさ変更

セルの行の高さを伸ばします。すると、チェックボックスとテキストが合わせて縦に伸びました。

さらにセルの列の幅を伸ばして調整してください。

チェックボックスにチェックを入れたい場合は、【開発】タブの【デザインモード】を「オフ」にしましょう。

この記事のおすすめ商品

Excel 最強の教科書[完全版]――すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術

352ページ

気に入ったらSHARE!!