Office Hack

エクセルのチェックボックスをコピーする3つの方法

  • Release
  • Update

Excelでチェックボックスを複数作成する場合、1つずつ作成すると時間がかかってしまいます。セルと同様、チェックボックスもコピーすることが可能です。作業時間を短縮するためにチェックボックスをコピーする方法を覚えましょう。

この記事ではチェックボックスをコピーする方法を3つご紹介します。用途に合わせて使い分けをしましょう。

エクセルのチェックボックスをコピーする3つの方法

エクセルのチェックボックスをコピーする3つの方法については、以下のとおりです。

オートフィルでコピーする

エクセルでチェックボックスを1つ作成した後にオートフィルでコピーする方法については、以下のとおりです。海外旅行の持ち物リストや遠足のチェック表など複数のチェックボックスを作成する際におすすめです。

作業時間:1分

  1. セル右下のフィルハンドルを下にドラッグする
    フィルハンドルを下にドラッグ

    チェックマークがついているセル右下の■(フィルハンドル)を下に【ドラッグ】してオートフィルします。

  2. オートフィルによるコピーが完了した
    チェックボックスのコピー

    オートフィルによるチェックボックスのコピーが完了しました。 このようにオートフィルを使うと簡単にチェックボックスをコピーすることができ、作業時間が短縮できます。

ショートカットキーでコピーする

エクセルのショートカットキーを使ってチェックボックスをコピーする方法については、以下のとおりです。

オブジェクトの選択

はじめに、複製したいチェックボックスを選択します。

①【ホーム】、②【検索と選択】、③【オブジェクトの選択】の順に選択します。

チェックボックスの選択

B2セルの【チェックボックス】を選択します。

コピー

Ctrl+Dを押すと、チェックボックスがコピーされます。

さらに、Ctrl+Dを押すと、同じチェックボックスがコピーされます。

エクセルで使える他のショートカットキーについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご参考ください。

マクロを使ってリンクするチェックボックスをコピーする

チェックボックスにリンクするセルを設定した場合、そのままコピーしてもチェックボックスを別々に動作させることはExcelの基本機能ではできません。

個別にリンクしたチェックボックスをコピーするには、マクロの登録をする必要があります。

マクロを使用することでそれぞれ独立したチェックボックスをコピーする方法をご紹介します。

マクロ有効ブックとして保存する

マクロの登録を行うには、最初にマクロ有効ブックとしてエクセルファイルを保存する必要があります。その手順について説明します。

ファイル

エクセルファイルを開きます。この時点でチェックボックスを含むシートが用意されています。

エクセルシートを「Excel マクロ有効ブック」で保存したいので、はじめに【ファイル】タブを選択します。

このPC

①【名前を付けて保存】タブ、②【このPC】の順に選択します。

保存

「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されました。

①【ブックを保存したいフォルダー(例:デスクトップ)】を選択し、②『ファイル名(例:マクロ有効化)』を入力し、③ファイルの種類を【Excel マクロ有効ブック】に変更し、④【保存】ボタンを押します。

ファイルを開く

「マクロ有効化」のファイルが保存されました。

リンクするセルをオフにする

マクロの有効化が終わったら、リンクするセルをオフにしましょう。

ファイルを開く

「Excel マクロ有効ブック」で保存されたエクセルファイルを開きます。

リンクするセルをオフにする手順は、以下のとおりです。

コントロールの書式設定

①シート内のチェックボックスを【右クリック】し、②【コントロールの書式設定】を選択します。

セル番地の削除

「コントロールの書式設定」ダイアログボックスが表示されました。

①【コントロール】タブを選択し、②「リンクするセル」のセル番地を【削除】し、③【OK】ボタンを押して完了です。

マクロの登録をする

リンクするセルをオフにしたら、いよいよ個別のチェックボックスのみ結果を返すことができるマクロの登録を行います。

マクロの登録

①「チェックボックス」を【右クリック】し、②【マクロの登録】を選択します。

新規作成

「マクロの登録」ダイアログボックスが表示されました。

①『マクロ名(例:チェック1_Click)』を入力し、②【新規作成】ボタンを押します。

VBAの再生

「Microsoft Visual Basic for Applications」ダイアログボックスが表示されました。

①『以下のコード』を入力し、②【Sub/ユーザー フォームの実行】を選択します。

コードの概要としては各チェックボックスのリンク先をチェックボックスがあるセルの1つ右に表示し、0か-1を返します。


Sub チェック1_Click()

'チェックボックスの1つ右に0か-1を返す
With ActiveSheet.Shapes(Application.Caller).TopLeftCell.Offset(0, 1)
.Value = Not .Value
End With

End Sub

終了

場合によっては「Microsoft Visual Basic」ダイアログボックスが表示され、実行時エラーになる可能性があります。

この場合は、そのまま【終了】ボタンを押します。

×

【×】ボタンを押します。

Ctrl+C

チェックボックスが入っているセルの1つ右側のセルに「-1」が返されたことがわかります。

【チェックボックスと-1を含むセル】を範囲選択し、Ctrl+Cを押します。

Ctrl+V

【チェックボックスと返した結果をコピーしたいセル(例:B3からC10)】を選択し、Ctrl+Vを押します。

チェックボックスを外す

チェックボックスと返した結果が指定したセルにコピーされました。

試しにチェックボックスのチェックマークを1つ外してみましょう。

-1から0になる

チェックボックスが1つ外れ、「0」が返されました。

チェックボックスを1つ外しても全てのチェックボックスのチェックマークが外れず、個別のチェックボックスのみ結果を返すことができるようになりました。

リンクするセルをコピーしたらチェックボックスが別々に動作しない場合

チェックボックスにリンクするセルを設定してコピーした場合、1つのチェックボックスを選択したのに、全てのチェックが外れてしまう現象が起きてしまいます。その手順と現象を確認していきましょう。

コントロールの書式設定

①エクセルシートのセル内にあるチェックボックスを【右クリック】し、②【コントロールの書式設定】を選択します。

コントロールタブ

「コントロールの書式設定」ダイアログボックスが表示されました。

①【コントロール】タブを選択します。②リンクするセルに『セル番地(例:C2)』を入力し、③【OK】ボタンを押します。

オートフィル

チェックマークがついているセル右下の■(フィルハンドル)を下に【ドラッグ】してオートフィルします。

チェックを1つ外す

複数のセル内にチェックボックスが配置されました。

そのうち1つの【チェックボックス】を選択します。

チェックボックスがすべて外れる

1つのチェックボックスのチェックマークを外したつもりが、全てのチェックマークが外れてしまいました。

では、チェックボックスにリンクするセルを設定した場合に、チェックボックスを別々に動作させる設定方法は無いのでしょうか?

上記「マクロを使ってリンクするチェックボックスをコピーする」セクションには、チェックボックスをコピーしても別々に動作させる設定方法について記載しています。

このページを見ている人におすすめの商品

[Excel チェックボックス]の関連記事

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top