Office Hack

Excelのチェックボックスを削除する方法

  • Release
  • Update

この記事では、エクセルのチェックボックスを削除する方法についてご紹介します。

チェックボックスを一括で削除する方法や、チェックボックスを削除できない場合の対処法等についてもご説明していますので、お困りの方は参考にしてみてください。

エクセルのチェックボックスを削除する方法

エクセルで、任意のチェックボックスを選択して削除する方法についてご説明します。

作業時間:3分

  1. エクセルファイルを開く

    チェックボックスを開く

    任意のエクセルファイルを開きます。今回は、画像のような表でチェックボックスを削除する方法についてご説明します。

  2. チェックボックスを選択する

    クリックする

    【Ctrl】キーを押しながら【削除したいチェックボックス(例:C3セルのチェックボックス)】を選択し、【Delete】キーを押します。

  3. 削除が完了する

    削除が完了する

    これで、チェックボックスを削除できました。他のチェックボックスを1つずつ削除する場合は、上記の手順と同じように選択して削除します。

チェックボックスをまとめて一括で消す方法

複数のチェックボックスをまとめて一括で消す方法について、ご紹介します。

Ctrlキーを使う方法

Ctrlキーを使って、複数のチェックボックスを一括で削除する方法については以下の通りです。

全て選択する

任意のエクセルファイルを開きます。

Ctrlを押しながら【削除したい全てのチェックボックス(例:C3セルとC5セルのチェックボックス)】を選択し、Deleteを押します。

削除完了

これで、Ctrlキーを使って複数のチェックボックスを一括で削除することが出来ました。

オブジェクトの選択を使う方法

オブジェクトの選択を使って、複数のチェックボックスを一括で削除する方法については以下の通りです。

オブジェクトの選択

任意のエクセルファイルを開きます。

①【ホーム】タブ、②【検索と選択】、③【オブジェクトの選択】の順に選択します。

チェックボックスを範囲選択

【削除したいチェックボックス(例:C3セルからC7セルのチェックボックス)】を範囲選択し、Deleteを押します。

削除できる

これで、オブジェクトの選択を使って複数のチェックボックスを一括で削除することが出来ました。

チェックボックス以外のオブジェクトがある場合は、一緒に削除されてしまいますのでご注意ください。

ジャンプダイアログボックスを使う方法

ジャンプダイアログボックスを使って、複数のチェックボックスを一括で削除する方法については以下の通りです。

チェックボックスを開く

任意のエクセルファイルを開きます。

CtrlGを押します。

エクセルでは、このCtrlGのようなショートカットキーを活用すると、セル間の移動やダイアログボックスの表示をキーボードのみで行うことが出来ます。

エクセルのセルの移動に関するショートカットキーについては、以下の記事をご参照ください。

セル選択ボタンを押す

「ジャンプ」ダイアログボックスが表示されます。

【セル選択】ボタンを押します。

オブジェクトを選択

「選択オプション」ダイアログボックスが表示されます。

①【オブジェクト】を選択し、②【OK】ボタンを押します。

Deleteキーを押す

上の画像のように複数のチェックボックスが選択された状態になります。

Deleteを押します。

削除できる

これで、ジャンプダイアログボックスを使って複数のチェックボックスを一括で削除することが出来ました。

指定した範囲のチェックボックスを削除する方法

指定した範囲のチェックボックスを削除したい場合や一度にたくさんのチェックボックスを削除したい場合は、VBAを使うと便利です。

VBAを使ってチェックボックスを削除する方法について、ご説明します。

VBAを使用するには開発タブの表示が必要ですが、エクセルの初期設定では開発タブは表示されていません。開発タブを表示する方法については以下の記事をご参照ください。

また、マクロ有効ブックになっていない場合はVBAが正常に作動しない可能性がありますので、あらかじめマクロ有効ブックとしてファイルを保存しておきましょう。

VBAの画面を開く

任意のエクセルファイルを開きます。

①【開発】タブ、②【Visual Basic】の順に選択します。

コードを入力する

「Microsoft Visual Basic」の画面が開きます。

①画面左側の「プロジェクト」から【範囲を指定してチェックボックスを削除したいシート名(例:Sheet2(Sheet2))】を選択して、②コードウィンドウに『下記のコード』を入力し、③緑色の【▶】ボタンを押します。

Sub checkbox_delete()

Dim checkbox As Excel.checkbox
For Each checkbox In ActiveSheet.CheckBoxes
    If checkbox.TopLeftCell.Row <= 7 And Intersect(checkbox.TopLeftCell, Range("C4:C6")) Is Nothing Then checkbox.Delete
Next

End Sub

動作としてはFor文にてアクティブなシートにあるチェックボックスを次々と選択し、IF文で対象となったチェックボックスを削除しています。

上から4行目の「Row <= 7」の数字を変更すると実行範囲を指定することができます。今回はチェックボックスが7行目まで入力されているので、7行目を指定します。

また、上から4行目の「Range("C4:C6")」のセル範囲を変更すると削除しないチェックボックスを指定できます。今回はC4セルからC6セルまでを指定しているので、C3セルとC7セルに入ったチェックボックスのみが削除されます。

指定した範囲が削除される

エクセルの画面に戻ると、C3セルとC7セルのチェックボックスのみが削除されています。

これで、VBAを使って指定した範囲のチェックボックスを削除することが出来ました。

チェックボックスを削除できない場合

チェックボックスが削除できない場合の対処法をご紹介します。

アラートが出る場合

チェックボックスを右クリックで選択できない場合や、Deleteキーを押した際に上の画像のようなアラートが出て削除できない場合は、シートの保護が設定されている可能性があります。

エクセルでシートの保護を解除する方法の詳細については、以下の記事をご参照ください。

このページを見ている人におすすめの商品

[Excel チェックボックス]の関連記事

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top