Office Hack

エクセルで数字や文字列の数を数える方法

  • Release

エクセルで自分が指定した数値、文字、記号の数を数えたいと思う方は多いでしょう。

本記事では、エクセルで指定した数値、文字、記号の個数をカウントする方法、数を数えることができる関数についてご紹介します。

多くの数値、文字、記号が混じったセル表でも、簡単に個数を集計することができます。

エクセルで色んな数を数える方法

エクセルでは、色々な数を数えることができます。

下記で詳しく見ていきましょう。

数字の個数をカウントする

数字をカウントする方法については、以下のとおりです。

0の数を数える

0の数をカウントするには、COUNTIF関数を使います。

下記では、0の数を数える方法について説明します。

セルに入力された0と1の数

ここでは、H2セルにCOUNTIF関数を入力して0の数を数えます。

COUNTIF関数を入力する

①【H2セル】を選択し、②数式バーに『=COUNTIF(』を入力します。

該当のセルをドラッグする

続けて『B2:E6,』を入力します。

「B2:E6」は数値を数える対象となるセル範囲で、B2からE6セルを直接ドラッグしても入力できます。

「,」をつけるのを忘れないようにします。

検索条件の入力

『0)』を入力して、Enterを押します。

数値が入力された

B2セルからE6セルまでの0の数(例:8)がCOUNTIF関数を入力したセルに表示されました。

1の数を数える

1の数をカウントするには、COUNTIF関数を使います。

下記では、1の数を数える方法について説明します。

セルに入力された0と1の数

ここでは、H2セルにCOUNTIF関数を入力して1の数を数えます。

COUNTIF関数を入力する

①【H2セル】を選択し、②数式バーに『=COUNTIF(』を入力します。

範囲を入力する

続けて『B2:E6,』を入力します。

「B2:E6」は数値を数える対象となるセル範囲で、B2からE6セルを直接ドラッグしても入力できます。

「,」をつけるのを忘れないようにします。

検索条件を入力する

『1)』を入力して、Enterを押します。

1の数が表示

B2セルからE6セルまでの1の数(例:12)がCOUNTIF関数を入力したセルに表示されました。

文字や記号をカウントする

エクセルで特定の文字や記号(例:〇)をカウントする方法については、以下の各セクションを参照してください。

特定の文字の数を数える

複数のセルに入力された特定の文字列を数えるには、COUNTIF関数を使います。

COUNTIF関数で文字列の数を数える場合は、検索条件の位置で文字列をダブルクォーテーションで囲みます。

手順の詳細については、以下の記事を参照してください。

丸の数を数える

エクセルで使うCOUNTIF関数は、文字だけでなく記号も数えることができます。

COUNTIF関数で記号を数える場合は、検索条件の位置で文字列をダブルクォーテーションで囲みます。

詳しい手順については、下記をご覧ください。

H2セルを選択

ここでは、H2セルにCOUNTIF関数を入力して「〇」の数を数えます。

COUNTIF関数を入力する

①【H2セル】を選択し、②数式バーに『=COUNTIF(』を入力します。

範囲を入力する

続けて『B2:E6,』を入力します。

「B2:E6」は数値を数える対象となるセル範囲で、B2からE6セルを直接ドラッグしても入力できます。

「,」をつけるのを忘れないようにします。

検索条件を入力する

『"〇")』を入力して、Enterを押します。

H2セルに丸の数が表示される

B2セルからE6セルまでの「〇」の数(例:17)がCOUNTIF関数を入力したH2セルに表示されました。

数を数えるその他の関数

その他、数を数える関数としては以下のようなものがありますので、参照してください。

COUNTIFS関数

ExcelのCOUNTIFS関数は、指定した範囲の中で、複数の検索条件に一致するセルの数をもとめる関数です。

COUNTIFS関数を使って、特定の文字列や日付を含むセルの数を数えたり、空白ではないセルの数を数えたりすることができます。

以下の記事では、COUNTIFS関数の基本的な使い方をご紹介しています。

COUNT関数

COUNT関数は、指定した範囲内に数値や、日付、時刻などの数値を含むセルの個数を数える関数です。

数値以外の文字列が入ったセルや、空白のセルを数えることはできません。

COUNT関数の詳細については、以下の記事を参照してください。

COUNTA関数

COUNT関数は数字を含むセルの数を数え、COUNTA関数は空白ではないセルの数を数えます。

したがって、COUNTA関数は数字と文字列の両方の数を数えます。

COUNTA関数の詳細については、以下の記事を参照してください。

DCOUNT関数

DCOUNT関数は、ある条件に合致する数値を含むセルの数をカウントする関数です。

以下に、DCOUNT関数の使い方の例を示します。

  • 成績表から合格者の数をカウントする
  • 顧客データから一定の年齢以下の人数をカウントする
  • 売上表から予算を達成した月数をカウントする

DCOUNT関数の詳細については、以下の記事を参照してください。

[Excel カウント]の関連記事

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top