Office Hack

エクセルの日付が#になるエラーの対処法

  • Release
  • Update

日付の計算をすると#のエラーが表示されてしまう場合があります。その原因と対策についてご説明します。

日付が#になるエラーの対処法

日付の計算をしている際に、#になってしまう原因と対処法をご説明します。

作業時間:2分

  1. 日付の計算結果がマイナスになると#で表示

    日付の計算結果がマイナス

    画像のように2019/1/1 - 2020/1/1を行うと、計算結果がマイナスの値になるため、#で表示されます。原因は、日付の裏側で持っている数値(シリアル値)はマイナスの時間を計算することができないためです。

  2. ファイルを選択

    ファイルを選択

    【ファイル】タブを選択します。

  3. オプションを選択

    オプションを選択

    BackStageビューが開きますので、サイドバー一番下の【オプション】を選択します。

  4. 1904年から計算するにチェック

    1904年から計算するをチェック

    「Excelのオプション」ダイアログボックスが表示されますので、①【詳細設定】を選択し、②【下へスクロール】し、③【1904年から計算するをチェック】し、④【OK】ボタンを押します。

  5. 日付のマイナス計算結果

    先ほど#で表示されていたセルがきちんと計算されましたが、1904年から計算されているため、その分が加算されてしまいました。

  6. 日付を打ち直し

    再度日付を打ち直し

    その場合は、再度日付を手入力で打ち直しをしてください。マイナス1年分なので、-365と正しい値が計算されました。

それでも#が表示されている場合

上記の対応を行っても#が表示されてしまっている場合は、セルの幅が文字に対して短い可能性があります。

列の幅が短い

#が表示されているセルをアクティブにした状態で数式バーを見ると、しっかりと日付は表示されています。

その場合は列の幅を広くします。

ポインターの変化

B列とC列の間にマウスオーバーさせると、ポインターが画像のような記号に変化します。

その状態で、【ダブルクリック】します。

列の自動調整

列幅が自動調整されて、日付が表示されました。

おすすめの商品をご紹介

その他、様々な日付の編集方法







よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top