Office Hack

ExcelのDATEDIF関数の使い方|2つの日付間の年数/月数/日数を計算

  • Release
  • Update

DATEは日付、DIFFは差分という意味ですが、DATEDIFFではなくDATEDIFと記載します。

DATEDIF関数では、2つの日付(開始日と終了日)間の年数や月数、日数を求めることができます。日付の単位にはシリアル値を持っており、シリアル値の差分を計算します。

単体で利用するには非常に簡単で覚えやすい関数となっております。

DATEDIF関数がない?

DATEDIF関数のサジェスト

まずDATEDIF関数が使えないと思っている方へ、この関数は「関数の挿入」ボタンからは入力できない、入力のサジェストに現れない関数なのでそのように思っているかもしれませんが、直接入力をすれば利用することができます。

DATEDIF関数の書式

DATEDIF関数の書式

DATEDIF関数の書式は「=DATEDIF(開始日,終了日,単位)」のように記述します。

第3引数の「単位」に関しては、様々な指定方法が用意されています。

第1引数(開始日)

開始日

1番目の引数は「開始」です。この引数は必須です。日付の開始日を指定しましょう。

第2引数(終了日)

終了日

2番目の引数は「終了日」です。この引数は必須です。日付の終了日を指定しましょう。日数/月数/年数の指定をすることができます。

第3引数(単位)

単位

3番目の引数は「単位」です。この引数は必須です。以下の6つの単位で指定が可能です。

単位 戻り値
"Y" 期間の年数を求めます。
"M" 期間の月数を求めます。
"D" 期間の日数を求めます。
"MD" 月数と年数を無視した、開始日から終了日までの日数です。ただし、開始日の日数よりも終了日の日数が下回る場合は、不正確な結果を返します。
2019/4/30)-(1989/1/8)=30-8=22
"YM" 日付と年数を無視した、開始日から終了日までの月数です。
2019/4/30)-(1989/1/8)=4-1=3
"YD" 年数を無視した、開始日から終了日までの日数です。
2019/4/30)-(1989/1/8)=4/30-1/8=112

DATEDIF関数の使い方(実践)

DATEDIF関数を使って、日付間の年数を求めていきます。

作業時間:2分

DATEDIF関数の入力

DATEDIF関数の入力

『=DATEDIF(』と入力して、関数を開始します。

開始日の参照

開始日の参照

開始日が入力されているセルを参照します。参照し終わったらカンマで区切ります。

終了日の参照

終了日の参照

終了日が入力されているセルを参照します。参照し終わったらカンマで区切ります。

単位を入力

単位の参照

今回は年数を求めるので『"Y"』を入力します。

入力を確定

日付間の年数を出力

Enterで確定し、日付間の年数が出力されました。日付間が1年○日あったら、○日の部分は切り捨てられます。

他の単位

他の単位

年数"Y"以外の単位を見てみましょう。

DATEDIF関数で年齢を求める

年齢を求める

DATEDIF関数の単位「"Y"」は、そのまま満年齢に利用できますので、現在の年齢の計算はとても楽です。

DATEDIF関数の代わりになる関数

DATE関数やMONTH関数やYEAR関数を利用すれば、DATEDIF関数の代わりになります。

[Excel 関数 日付/時刻]の関連記事

ExcelのDATE関数の使い方|日付をシリアル値に変換する

ExcelのDATEVALUE関数の使い方|文字列を日付に変換する

ExcelのDAY関数の使い方|1から31までの整数を返す

ExcelのDAYS関数の使い方|2つの日付の間の日数を返す

ExcelのEDATE関数の使い方|数ヶ月前や数ヶ月後の日付を求める

ExcelのEOMONTH関数の使い方|月末の日を求める

ExcelのNETWORKDAYS関数の使い方|稼働日を数える

ExcelのTIME関数の使い方|指定した時刻を表すシリアル値を返す

ExcelのTODAY関数の使い方|今日の日付を求める

ExcelのWEEKDAY関数の使い方|曜日の表示を変更する

ExcelのWORKDAY関数の使い方|稼働日を求める