Office Hack

ExcelのHYPERLINK関数の使い方|ハイパーリンクを作成する

  • Release
  • Update

本記事では、HYPERLINK関数の書式と基本的な使い方についてご紹介しています。

HYPERLINK関数を使用すると、指定したリンク先にジャンプするハイパーリンクをセル内に挿入することができます。

リンクが飛ばない場合の対処法についても記載しておりますので、お困りの際にお役立てください。

HYPERLINK関数とは?

HYPERLINK関数とは、指定したリンク先にジャンプするハイパーリンクを作成できる関数です。

HYPERLINK関数の書式

まずは、HYPERLINK関数の書式を確認していきましょう。

書式

HYPERLINK関数の書式は「=HYPERLINK(リンク先, [別名])」のように引数を最大2つ使用します。引数を1つずつ確認していきましょう。

※引数(ひきすう)とは、Excelの関数を使用する際に必要な情報です。関数が結果を返す際の判断材料とイメージしましょう。関数名の後の括弧「()」内に入力します。

第1引数(リンク先)

リンク先

1番目の引数は「リンク先」です。この引数は必須です。リンク先にジャンプするための文字列を指定します。リンク先にはWebページのURL以外にも、ファイルやフォルダー、メールアドレスなども指定できます。

以下の表では、リンク先の内容ごとに引数の指定例を紹介しています。

リンク先の内容引数の指定例
WebページのURL"https://office-hack.com/"
ファイルやフォルダー"C:\Users\XXX\Documents\テスト"
同じブックの別シートにあるセル"[Book1.xlsx]Sheet2!A3"
別のブックのシートにあるセル"[C:\Users\XXX\Desktop\Book2.xlsx]Sheet1!A3"
メールアドレス"mailto:XXX@mail.com"

第2引数(別名)

別名

2番目の引数は「別名」です。この引数は任意です。セルに表示される文字列を指定します。

この引数を省略すると、「リンク先」で指定した文字列がセルに表示されます。

HYPERLINK関数の基本的な使い方

HYPERLINK関数の基本的な使い方をご紹介します。

作業時間:1分

関数名を入力する

関数名

Excelファイルを開きます。【任意のセル(例:B3)】を選択し、②『=HYPERLINK(』と入力します。

リンク先を指定する

リンク先入力

リンク先を指定します。「=HYPERLINK(」に続けて『"https://office-hack.com/", 』と入力します。文字列を引数として入力する際は、必ず「"(ダブルクォーテーション)」で囲みましょう。

別名を指定する

別名入力

別名を指定します。「=HYPERLINK("https://office-hack.com/", 」に続けて『"Office Hack")』と入力します。【Enter】キーを押します。

ハイパーリンクの作成完了

反映

ハイパーリンクが作成されました。リンクの確認をします。【ハイパーリンクが作成されたセル(例:B3)】を選択します。

リンクの確認完了

ジャンプ確認

指定したリンク先にジャンプしました。

HYPERLINK関数でリンクが飛ばない時の対処法

HYPERLINK関数でリンクが飛ばない場合、リンク先の指定方法に誤りがある可能性があります。

上記セクション「第1引数(リンク先)」に記載されているリンク先の指定例を参考に、引数の書き方にお間違いがないかご確認ください。

また、書き方に誤りがないのにリンクが飛ばない場合、リンクの文字列に「()」などの記号が使用されている場合があります。

ここでは同じブックの別シートにリンク先を指定する引数を使用して、対処法をご紹介します。

括弧なし

エクセルの同じブック内にある別シート「(Sheet2)」の「A3セル」にリンク先を指定してみましょう。

同じブック内にある別シートのセルにリンク先を指定するための引数は、「=HYPERLINK("[ブック名.xlsx]シート名!セル番地")」のように記述します。

【任意のセル(例:B3)】を選択し、『=HYPERLINK("[Book1.xlsx](Sheet2)!A3")』と通常通り入力してみます。

Enterを押します。

無効のリンク

【ハイパーリンクが作成されたセル(例:B3)】を選択します。

エラー

「Microsoft Excel」ダイアログボックスが表示されました。

「参照が正しくありません。」というエラーメッセージが表示されてしまいました。

以下の手順で、リンク先として指定した引数を修正します。

書き直し

「()」が使われている箇所を「'(シングルクォーテーション)」で囲みます。

【ハイパーリンクが作成されたセル(例:B3)】を選択した状態で、「関数の入力ボックス」に『正しい関数(例:=HYPERLINK("[Book1.xlsx]'(Sheet2)'!A3"))』を入力します。

リンク参照

【ハイパーリンクが作成されたセル(例:B3)】を再度選択します。

修正完了

引数に指定した同じブック内の別シート「(Sheet2)」の「A3セル」に無事飛ぶことができました。

[Excel 関数 検索/行列]の関連記事

ExcelのADDRESS関数の使い方|セル参照の文字列を求める

ExcelのCHOOSE関数の使い方|インデックスに対応した値を取り出す

ExcelのCOLUMN関数の使い方|指定したセルの列番号を求める

ExcelのFILTER関数の使い方|必要なデータを抽出する

ExcelのGETPIVOTDATA関数の使い方|ピボットテーブルのデータ取得

ExcelのHLOOKUP関数の使い方|指定の行と同じ列にある値を返す

ExcelのINDEX関数の使い方|行と列が交差する位置にあるセルを返す

ExcelのINDEX関数とMATCH関数を組み合わせた使い方

ExcelのINDIRECT関数の使い方|セルや他のシートを参照する

ExcelのLOOKUP関数の使い方|1行または1列の範囲から検索する

ExcelのMATCH関数の使い方|検索値の範囲内での相対的な位置を返す

ExcelでOFFSET関数の使い方|指定した位置のセル範囲を参照する

ExcelのROW関数の使い方|セルの行番号を求める

ExcelのROWS関数の使い方|参照、または配列に含まれる行数を返す

ExcelのXLOOKUP関数の使い方|縦方向/横方向を両方検索する

ExcelのXMATCH関数の使い方|範囲を検索し相対的な位置を返す