Office Hack

エクセルのウィンドウ枠の固定を複数箇所で行う方法

  • Release

エクセルのシートにたくさんのデータを入力していると、スクロールした時に見出し項目が見えなくなり、データの内容を把握するのに苦労することがあります。

シートのどこをスクロールしてもデータと見出し項目が一致するようにするには、「ウィンドウ枠の固定」機能を使うと便利です。

本記事では、ウィンドウ枠の固定を複数箇所(行/列)で行う方法について説明します。

行と列の両方に見出しがある場合は、以下の方法で行と列同時にウィンドウ枠を固定すると便利です。

ウィンドウ枠の固定を複数箇所(行/列)で行う方法

ウィンドウ枠の固定を複数の行と複数の列で行う方法について説明します。

作業時間:1分

  1. 複数の行と複数の列の境界のセルを選択する

    複数行と列の境界となる位置のセルを選択する

    複数の行(1、2)と複数の列(A、B)のウィンドウ枠の固定を行う方法について説明します。複数の行と複数の列の境界にあるセル(例:C3)を選択します。

  2. ウィンドウ枠の固定を選択する

    ウィンドウ枠の固定を選択

    ①【表示】タブ、②【ウィンドウ枠の固定】、③【ウィンドウ枠の固定(F)】の順に選択します。

  3. 縦にスクロールする

    縦にスクロール

    縦にスクロールしてみましょう。1行目と2行目は固定されたままで、下の行へスクロールすることができます。

  4. 横にスクロールする

    横にスクロール

    横にスクロールしてみましょう。A列とB列が固定されたままで、右の列にスクロールすることができます。

ウィンドウ枠の固定が複数できない場合

エクセルでウィンドウ枠の固定が複数できない場合、以下の原因が考えられますので注意しましょう。

適切なセルを選択していない

複数行と列の境界となる位置のセルを選択する

エクセルのウィンドウ枠の固定を複数箇所行うには、複数の行と複数の列の境界にあるセルを把握し、選択することから始まります。

A列とB列、1行目と2行目を固定したい場合は、C3セルを選択してウィンドウ枠の固定を行わないといけません。

最初に選択するセルを確認し、適切なセルを選択しましょう。

分割を選択していた

分割の選択

表示タブを選択した後、「ウィンドウ枠の固定」を押さずに「分割」を選択してしまう方がいらっしゃいます。

「分割」を選択してしまうと、横/縦/十字いずれかのグレーの線がセルの枠線を通過する形で表示されてしまいます。

「分割」とは、エクセルシートのデータがウィンドウからはみ出すほど多くても、2分割/4分割したシートを上下左右にスクロールして1つのウィンドウで見ることができる機能で、ウィンドウ枠の固定とは異なります。

分割機能について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

このページを見ている人におすすめの商品

[Excel スクロール]の関連記事

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top