Office Hack

エクセルでヘッダーや先頭行の見出しを固定印刷する方法

  • Release
  • Update

エクセルで大きな表を印刷するときは、枚数が何枚にも及びます。印刷プレビューに1/8と表示されれば合計8枚印刷されますが、2/8(2枚目)以降の表は見出しの項目が印刷されません。

ここでは表の見出し項目を全ページに固定で印刷する方法と、ヘッダーを印刷する方法をお伝えします。

タイトル行やタイトル列を固定しなかった時の確認

元データ

印刷をする元データを用意します。

改ページプレビュー

改ページプレビューはこのようになっております。

印刷プレビュー1枚目

Ctrl+Pで印刷プレビューを見てみます。1枚目の印刷プレビューでは先頭の項目・項番ともに表示されております。

印刷プレビュー2枚目

2枚目に行くと項目が消えてしまいました。これでは数字がどの項目なのか分かりません。

印刷プレビュー3枚目

3枚目に行くと今度は項番が消えてしまいました。項番がないと、会議をする時にデータを参照するのが大変になります。ちなみに4枚目に行くと項目・項番ともに消えてしまいます。

タイトル行やタイトル列を固定すると、すべての印刷ページに固定した見出しが常に表示されます。次から設定方法を見ていきましょう。

印刷時に見出し項目とする先頭行と先頭列を固定する方法

エクセルの表を印刷する際に、テーブルの見出しとなる先頭行(タイトル行)と先頭列(タイトル列)を固定にして、すべてのページに表示する方法をご説明します。

作業時間:2分

  1. 印刷タイトルの選択

    印刷タイトルを選択

    ①【ページレイアウト】タブを選択し、②【印刷タイトル】を押します。

  2. 固定するタイトル行の範囲設定ボタン

    タイトル行の範囲を指定する

    すでに「シート」タブが選択されている状態で「ページ設定」のダイアログボックスが表示されますので、タイトル行の【↑】を押して範囲設定をします。

  3. 固定するタイトル行の範囲指定

    タイトル行の範囲を確定

    固定したい行数を①【ドラッグして選択】し、②【↓】で確定させます。図の通り、固定行を2行に渡って複数選択することも可能です。

  4. 固定するタイトル列の範囲設定ボタン

    タイトル列の範囲を指定する

    タイトル列の【↑】を押して範囲設定をします。

  5. 固定するタイトル列の範囲指定

    タイトル列の範囲を確定

    固定したい列数を①【ドラッグして選択】し、②【↓】で確定させます。

  6. 印刷プレビューへ

    印刷プレビューを押す

    行と列の範囲が確定したら、【印刷プレビュー】ボタンを押します。

  7. 印刷プレビューで確認

    2ページ目以降も固定した項目が表示される

    こちらは2ページ目になります。2ページ目でも固定した行と列が表示されているのが分かります。

印刷時にヘッダーを固定する方法

ページ設定を選択

①【ページレイアウト】タブを選択し、②【ページ設定】を押します。

ヘッダーの編集

「ページ設定」ダイアログボックスが表示されますので、①【ヘッダー/フッター】タブを選択し、②【ヘッダーの編集】ボタンを押します。

ヘッダーを入力

左側・中央部・右側に①【任意のテキストを入力】し、②【OK】ボタンを押します。

印刷プレビューへ

2つの矢印を見てください。ヘッダーをどのページに印刷したいかが決められます。奇数/偶数ページに交互か、1枚目だけ別に設定するか指定が可能です。問題なければ①【印刷プレビュー】ボタンを押します。

印刷プレビュー1枚目

1枚目の印刷プレビューです。ヘッダーが表示されていますね。

印刷プレビュー2枚目

2枚目も問題なく表示されております。何も指定しない場合は、全ページにヘッダーが表示されるようになってます。

印刷の固定を解除する方法

印刷タイトルを選択

①【ページレイアウト】タブを選択し、②【印刷タイトル】を押します。

削除する項目の確認

すでに「シート」タブが選択されている状態で「ページ設定」のダイアログボックスが表示されますので、タイトル行とタイトル列の値を削除していきます。

タイトル行とタイトル列を削除

「値を削除」して【OK】ボタンを押します。

おすすめの商品をご紹介

その他、様々な印刷の編集方法

印刷の基本

印刷範囲


印刷設定


印刷先


印刷のトラブル




よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top