Office Hack

ExcelのCHAR関数を使ってセル内で改行する方法

  • by kenji
  • Release
  • Update

文字列を結合するときにCHAR関数を使ってセル内で改行する方法があります。一括で改行を指定できるので非常に便利です。

普段CHAR関数はなかなか使わないと思いますが、これを機会に利用してみましょう。

CHAR関数で文字列結合時に改行させる

A1のセルとB1のセルの文字列を結合させるときに、関数を使って改行させる方法を紹介します。

&を使って文字列結合時に改行されるか確認

文字列の連結

まずは「&」を使って、A1とB1の文字を連結してC1に出力します。「折り返して全体を表示する」がアクティブになっているか確認してください。

&で文字列の連結

C1セルを選択して『=』を入力し、A1セルを選択します。次に『&』を入力し、B1セルを選択します。

&で文字列の連結結果

C1に文字列が連結されましたが、改行はされません。

CHAR関数を使って文字列結合時に改行

CHAR関数で改行

CHAR関数を使うことで、文字列結合時に改行させる方法をお伝えします。C2セルを選択して、「折り返して全体を表示する」がアクティブになっているか確認してください。

CHAR関数の入力

「&」の間にCHAR(10)を付け加えます。(10)という値は、LF改行(セル内改行)するという意味です。

CHAR関数の改行結果

A1とB1の間でLF改行を行ったので、セル内で改行できました。

その他、様々な改行の編集方法





よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください