Office Hack

エクセルのピボットグラフ(ピボットテーブルのグラフ)の使い方

  • Release
  • Update

ピボットテーブルを元にしたグラフ、「ピボットグラフ」は大変便利です。ピボットテーブルのデータを整理する機能がグラフにも使えるようになります。

グラフ上でフィルタリングしたり、表示するフィールドを選んだり、グループで展開したり折りたたんだり、様々なことがグラフでコントロールできます。操作方法は簡単なのでぜひこの機会に機能だけでも覚えてみましょう。

ピボットテーブルを用意

先にデータが入っているピボットテーブルを用意しておきましょう。ピボットテーブルの作り方を知りたい方は以下のページをご覧ください。

ピボットグラフを作成する方法

ピボットテーブルのデータを元にしたグラフの作成方法をご説明します。

作業時間:1分

  1. ピボットグラフを選択

    ピボットグラフの選択

    ①【ピボットテーブル上を選択】し、②【ピボットテーブル分析】タブを押し、③【ピボットグラフ】を選択します。

  2. 任意のグラフを選択

    集合縦棒グラフの選択

    「グラフの挿入」ダイアログボックスが表示されますので、ここでは①【縦棒】②【集合縦棒】を選択して、③【OK】ボタンを押します。

  3. ピボットグラフの完成

    ピボットグラフの完成

    作成したピボットテーブルのデータを元に、ピボットグラフが完成しました。

ピボットグラフの使い方

ピボットグラフの各部名称

ピボットグラフと通常のグラフの違うところは、グラフの周りにそれぞれのボタンが配置されます。

ボタンの表示/非表示

このボタンの表示/非表示は、①【ピボットテーブル分析】タブを押し、②【フィールドボタン】を選択すると、各ボタンのリストがあらわれます。

コンテキストメニュー

ボタン上で【右クリック】すると、そのボタンに関するメニューが開かれます。グラフ内のボタンの移動位置や、フィールドのボックス移動、そしてボタンの表示/非表示がコントロールできます。

レポートフィルターフィールドボタン

レポートフィルターフィールドボタン

ピボットグラフのレポートフィルターフィールドボタンを使えば、ピボットテーブルでフィルタに設定したフィールドで絞り込みができます。①【レポートフィルターフィールドボタン】を押し、②【絞り込みたい値】を選択し、③【OK】ボタンを押します。

日付で絞り込み

10月23日のデータだけ抽出されました。フィルタリング中の場合は、矢印のフィルターのアイコンが付与されます。

値フィールドボタン

値フィールドボタン

ピボットテーブルで値に設定したフィールドが出てきます。ボタンを押して操作をすることはできません。

軸フィールドボタン

軸フォールドボタン

ピボットグラフの軸フィールドボタンを使えば、ピボットテーブルで軸(分類項目)に設定したフィールドで項目の絞り込みができます。①【軸フィールドボタン】を押し、②【抽出したい項目】を選択し、③【OK】ボタンを押します。

果物を外す

果物を省いたので野菜のみが表示されました。フィルタリング中の場合は、矢印のフィルターのアイコンが付与されます。

凡例フィールドボタン

凡例フィールドボタン

ピボットテーブルで凡例に設定したフィールドが出てきます。ボタンを押して操作をすることはできません。

フィールド全体の展開/折りたたみボタン

フィールド全体の展開/折りたたみボタン

「+」が展開ボタンで、「-」が折りたたみボタンです。初期設定では展開されている状態なので、ボタンで折りたたんでいきます。上のピボットテーブルにもご注目ください。

折りたたみ

【折りたたみ】ボタンを押すと、ピボットテーブルもピボットグラフの項目も折りたたまれました。

ピボットグラフに更新したデータを反映させる

元データの数字を更新してもピボットグラフにはリアルタイムで反映できません。

更新ボタン

元データを更新したら、①【ピボットテーブル分析】タブを押し、②【更新】を押しましょう。

ピボットテーブル専門の本をご紹介

ピボットテーブルをより深く勉強したい方はこちらの本でさらに理解を深めてみてはいかがでしょうか?

その他、様々なピボットテーブルの編集方法





よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top