Office Hack

エクセルの令和アップデート対応について(表示されない時の対策)

  • Release
  • Update

2019年5月1日、元号が平成から令和に変わりました。エクセルで日付が和暦で入力されているデータはどうなるのでしょうか?
※令和が始まる前までは、平成31年、32年と表記されておりました。

ここではエクセルの令和アップデートに関する情報をまとめました。

OSアップデートで対応される

まずアップデートには、

  • OS(Windows/Mac)のバージョンアップデート ※厳密には.NET Frameworkアップデートも含む
  • Officeのバージョンアップデート

が、あります。令和の日付対応は、両方のアップデートで対応できます。OSのアップデートも必要ということは、Excelを含めた各Officeの日付は、WindowsOSやmacOSが持っている日付情報を参照しているということになります。

更新プログラムの提供日

2019年04月26日~05月04日の間に、各OSのバージョンにて更新プログラムが提供されました。ですので、現在も令和が表示されない場合は、Officeのバージョンが古いか、OSやOfficeの更新が最新になっていない可能性がございます。

令和アップデートの対象Officeは?

令和アップデートが対象となるOfficeのバージョンは、「サポートライフサイクル期間中」のOfficeに限ります。サポートライフサイクルとは、アップデートの更新サポートの期間という意味です。大抵の製品は延長サポートまで10年と決められておりますが、10年以内で終わる製品もあります。

Office 2007以前の製品は、すでにサポートが終了しております。

サポートライフサイクル期間を調べるには、以下のページを参照してください。

製品のライフサイクルの検索

詳しいOffice更新プログラムを調べるには、以下のページを参照してください。

日本の新元号に関するOfficeの更新プログラム

このページを見ている人におすすめの商品

Excel 最強の教科書[完全版] 【2nd Edition】

Excel 最強の教科書[完全版] 【2nd Edition】

SBクリエイティブ
360ページ

\Kindle本ビジネス書キャンペーン 最大70%OFF/Amazonで価格を見る

\毎月5と0のつく日 楽天カード利用でポイント5倍/楽天市場で価格を見る


    対象WindowsOS/macOSは?

    ここでは、令和アップデートの対象OSをご説明します。WindowsOSもサポートライフサイクル期間中の製品のみということになります。

    WindowsOS
    • Windows 7 Service Pack 1 以降
    • Windows 8.1
    • Windows 10

    詳しいWindows更新プログラムを調べるには、以下のページを参照してください。

    Windows 用の日本の新元号対応更新プログラムについて

    macOS
    • macOS Mojave 10.14.5 以降
    • macOS Catalina

    令和が表示されない場合

    エクセルで日付の書式設定で「和暦」に変更しても表示されない場合は、

    • サポートライフサイクル対象外の製品を使っているか
    • OSもしくはOfficeのプログラムが最新になっていないか

    の2つが原因だと考えられます。

    Officeのバージョンを確認する

    まずは現在のOfficeがサポートライフサイクル対象の製品であるか確認しましょう。各バージョンの確認方法に関しては、以下のリストに示しました。Office 2010以降は対象です。

    • Office 2003→【ヘルプ】メニューから【バージョン情報】
    • Office 2007→左上の【丸いロゴのボタン】から【○○のオプション】
    • Office 2010→【ファイル】タブから、【ヘルプ】
    • Office 2013→【ファイル】タブから、【アカウント】
    • Office 2016→【ファイル】タブから、【アカウント】
    • Office 2019→【ファイル】タブから、【アカウント】

    Windowsを最新版に更新する

    Windows Updateに、OSのバージョンアップデート、.NET Frameworkのアップデート、Officeのアップデートが含まれております。

    各WindowsOSのプログラム更新方法に関しては、以下のリストに示しました。

    • Windows 7→左下の【スタート】ボタンから【Windows Update】、【更新プログラムの確認】から、【詳細情報の表示】
    • Windows 8.1→Windows+Wで検索サイドナビの表示、検索ボックスに【Windows Update】と入力し確定、【更新プログラムのチェック】
    • Windows 10→左下の【スタート】ボタンから、2つ上の【設定(歯車)】ボタン、【更新とセキュリティ】

    コメント

    この記事へのコメントをお寄せ下さい。

    0 コメント
    すべてのコメントを表示