Office Hack

エクセルのセル内の余分なスペースを削除する方法

  • Release
  • Update

データをきれいなものにするために、エクセルのセル内の余分なスペースを削除したい場合があると思います。

関数を使わずに一括で削除する方法や、先頭・末尾のスペースを削除する方法、最後に関数を組み合わせてスペース以降を削除する方法などをご説明いたします。

文字列に含まれる半角スペースを削除する

セル内の半角スペースのみを削除する方法をご説明します。

作業時間:1分

  1. 範囲選択をする

    範囲選択

    半角スペースを削除したいセルを範囲選択します。

  2. 検索する文字列の指定

    半角スペースの入力

    Ctrl+Hキーを押して「検索と置換」ダイアログボックスを表示します。検索する文字列に①『半角スペース』を入力し、②【オプション】を押します。

  3. 半角と全角を区別

    半角と全角を区別する

    ①【半角と全角を区別する】にチェックし、②【すべて置換】ボタンを押します。

  4. 置換件数の表示

    置換件数

    すると全部で何件置換されたか確認がでるので、【OK】ボタンを押します。

  5. 半角スペースのみ削除される

    半角スペースを置換後

    結果、2~4行目の半角スペースのみ削除されました。

関数でスペースを削除する

TRIM関数を使ってスペースを削除することも可能です。SUBSTITUTE関数などと組み合わせることによって、細かい削除指定ができます。

詳しい説明は以下の記事をご確認ください。

先頭のスペースを削除する

TRIM関数の入力

先頭のスペースを削除するにはTRIM関数を利用します。『=TRIM(B2)』と入力します。

他のセルへ反映

スペースがないセルなので特に変化はありません。【フィルハンドル】で他のセルへ反映してみましょう。

先頭の空白を削除

半角スペースと全角スペースともに、先頭のスペースが削除されました。

末尾(最後)のスペースを削除する

全角スペースの確認

末尾のスペースなので分かりづらいですが、A3セルの末尾には全角スペース、A5セルの末尾には半角スペースが入っています。

TRIM関数の入力

末尾のスペースを削除するにもTRIM関数を利用します。『=TRIM(B2)』と入力します。

他のセルへ反映

【フィルハンドル】で他のセルへ反映してみましょう。

末尾の空白を削除

半角スペースと全角スペースともに、末尾のスペースが削除されました。

スペース以降を削除する

関数を組み合わせればスペース以降を削除するもできます。発想としては、「スペースより以前の文字列を抽出する」と認識すればよいでしょう。

FIND関数の入力

まずはFIND関数を使って、スペースが開始位置から何番目にあるかを調べます。『=FIND(" ", C3)』と入力します。ダブルクオーテーションの間には必ず半角スペース(もしくは全角スペース)を入れてください。

左から数える

半角スペースは開始位置から2番目の位置にあることが分かりました。

-1をする

次に抽出したい文字数を指定します。文字数は「岸」のみ(1文字)ですので、「-1」をしてあげます。半角スペースのある位置の1個手前まで抽出します。

抽出したい文字数

抽出する文字は「1」となりました。

LEFT関数の入力

では最後にLEFT関数を使って指定した文字数を抽出していきます。LEFT関数は左から○文字返すという意味で、事前に計算した数式を入れ込んでいきます。

『=LEFT(C3, FIND(" ", C3)-1)』という数式になります。

他のセルへ反映

「岸」が抽出されました。【フィルハンドル】を使って、他のセルへ反映させます。

スペース以降を削除する

結果的に、スペース以降を削除した形になります。

このページを見ている人におすすめの商品

[Excel 文字列]の関連記事

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top