Office Hack

エクセルで四捨五入をするROUND関数の使い方

  • Release
  • Update

エクセルの四捨五入をする関数について、基本的な使用例をまとめました。

最初はROUND関数の基本的な使い方から、中盤はROUND関数と他の関数や四則演算との掛け合わせた様々な四捨五入方法をご説明します。

最後に、勝手に四捨五入されてしまう場合の対処法をお伝えします。

四捨五入とは?

数値の計算で、端数を下の桁が5未満なら切り捨て、5以上なら切り上げる処理法です。

ROUND関数の使い方

ROUND関数の書式

ROUND関数の書式は「=ROUND(数値,桁数)」のように記述します。

数値には、四捨五入する数値データを、桁数ではどの桁数を四捨五入するかを指定します。

第1桁数(数値)

ROUND関数の数値

四捨五入したい数値データを指定してください。直接、数式内に数字を入力しても構いませんし、セルを参照しても構いません。

第2桁数(桁数)

ROUND関数の桁数

四捨五入したい桁数を指定します。桁数に関しては以下を参照してください。

数値 桁数 四捨五入の場所 結果
123,456.789 2 小数点第3位 123,456.79
123,456.789 1 小数点第2位 123,456.8
123,456.789 0 小数点第1位 123,457
123,456.789 -1 1の位 123,460
123,456.789 -2 10の位 123,500

ROUND関数で四捨五入をする方法

ROUND関数を使って、桁数を変えながら結果がどう変わるのか見ていきます。

作業時間:2分

四捨五入する表の準備

四捨五入する表の準備

ROUND関数の数値を「123,456.789」に設定し、それぞれの桁数での結果を見ていきます。

ROUND関数の入力

桁数2で四捨五入

桁数が2から始めます。=ROUND($C$2,2)と入力します。

桁数2の結果

桁数2で四捨五入した結果

小数点第3位の数値を四捨五入して「123,456.790」と出力されました。

桁数1の結果

桁数1で四捨五入

小数点第2位の数値を四捨五入して「123,456.800」と出力されました。

桁数0から-2の結果

桁数0から-2で四捨五入

桁数0から-2の結果は画像のとおりになります。桁数の数字が一つずつ下がることで、位が一つずつ上がっていきます。

よく使う四捨五入のパターン

ここからはエクセルでよく使われる四捨五入のパターンをご紹介いたします。

小数点以下を四捨五入にして、整数にする

四捨五入して整数に

小数点以下を四捨五入して整数にするには、「小数点第1位」を四捨五入します。それを行うためには桁数を「0」にします。

整数にするためには0と覚えましょう。

千円単位で四捨五入する

四捨五入して千円単位に

千円単位で四捨五入するには、百の位を四捨五入します。それを行うためには桁数を「-3」にします。

平均を四捨五入する

AVERAGE関数で平均点を出力

AVERAGE関数(平均)を使って5教科の平均点を算出します。

ROUND関数を掛け合わせる

「=ROUND(数値,桁数)」の「数値」の部分にさきほどのAVERAGE関数を入力します。今回は桁数を0にして整数にします。

平均点を四捨五入する

小数点第1位を四捨五入して整数になりました。

割り算を四捨五入する

四則演算の割り算

エクセルの四則演算記号スラッシュ「/」を使って割り算をします。

ROUND関数を掛け合わせる

「=ROUND(数値,桁数)」の「数値」の部分にさきほどの割り算を入力します。今回は桁数を1にして小数点第1位まで求めます。

割り算を四捨五入する

小数点第2位を四捨五入して3.3になりました。

消費税を四捨五入する

四則演算の掛け算

エクセルの四則演算記号アスタリスク「*」を使って消費税10%を小計に掛け算します。

ROUND関数を掛け合わせる

「=ROUND(数値,桁数)」の「数値」の部分にさきほどの掛け算を入力します。お金に小数点はないので、桁数を0にして整数にします。

掛け算を四捨五入する

小数点第1位を四捨五入して整数になりました。

四捨五入しない方法

セルと数式バーの数が違う

セルに表示されている数値と、上部の数式バーに表示されている数値が違う場合、Excelが勝手に四捨五入しているケースがあります。

それをしっかり表示させるための2つの方法をお伝えします。

ホームタブから設定

表示桁数を増やす

①【ホーム】タブを押し、②【小数点以下の表示桁数を増やす】をクリックします。

表示桁数が増える

クリックした回数分、表示桁数が増えていきます。

セルの書式設定から設定

表示形式を選択

赤枠の【表示形式】を選択します。

小数点以下の桁数を設定

「セルの書式設定」ダイアログボックスが表示されますので、①【表示形式】タブの②【数値】を選択し、③【小数点以下の桁数】を調整し、④【OK】ボタンを押します。

表示桁数が増える

設定した分、表示桁数が増えていきます。

四捨五入の他にも切り捨てや切り上げをする方法

切り捨てをする方法

以下の記事では切り捨てを行う方法や関数について書きました。

Excelで端数または小数点以下を切り捨てて表示する方法

切り上げをする方法

以下の記事では切り上げを行う方法や関数について書きました。

Excelで端数または小数点以下を切り上げて表示する方法

[Excel 関数 数学/三角]の関連記事

エクセルで絶対値を表示するABS関数の使い方

ExcelのAGGREGATE関数の使い方|リストやDBの集計値を返す

ExcelのCEILING関数の使い方|データを指定した基準値で切り上げる

ExcelのFLOOR関数の使い方|基準値の倍数の最も近い値で切り捨て

エクセルのINT関数の使い方|元の数値より小さい整数に切り捨て

ExcelのMOD関数の使い方|割り算の余りを求める

ExcelのRAND関数の使い方|0以上1未満の乱数を発生させる

ExcelのROUNDDOWN関数の使い方|指定された桁数で切り捨て

ExcelのROUNDUP関数の使い方|指定された桁数で切り上げ

ExcelのSERIES関数の使い方|グラフの参照範囲を自動的に変更する

ExcelのSQRT関数の使い方|指定した数値の平方根を求める

ExcelのSUBTOTAL関数の使い方|集計方法によって様々な集計をする

ExcelのSUM関数の使い方|数値を合計(足し算)する

ExcelのSUMPRODUCT関数の使い方|範囲または配列の積を合計する

ExcelのTRUNC関数の使い方|小数点以下を切り捨てる