Office Hack

Excelの行と列を挿入するショートカットキー(Win/Mac)

  • by kenji
  • Release
  • Update

テーブルにデータを追加したい場合、行や列を増やす操作は非常に多く発生します。ショートカットキーを使わなければ、右クリックして挿入を選択するのですが、少し手間ですね。

ここでは、行と列の挿入のWindowsとMacのショートカットキーをお伝えします。

行の挿入結果

Excelのショートカットキー一覧PDFをプレゼント!

262種類のショートカットキーがまとめられているPDFを、「Facebookページへのいいね!」や「Twitterのフォロー」をしていただいた方へプレゼントいたします。

タブレットでPDFを表示したり紙に印刷することで、いつでもExcelのショートカットキーを確認できます。PDFの入手方法としては、以下の2つのどちらかを選択ください。

Twitter経由でPDFを入手する

  1. を押してフォローします。※要ログイン
  2. フォロー後、Office Hack Twitterページで【ダイレクトメッセージ】ボタンを押します
  3. メッセージに「ExcelショートカットキーのPDFを送付ください」と書いて送信すると、こちらからPDFをダウンロードする方法をご案内します

Facebook経由でPDFを入手する

  1. を押します。※要ログイン
  2. いいね!後、Office Hack Facebookページで【メッセージを送る】ボタンを押します
  3. メッセージに「ExcelショートカットキーのPDFを送付ください」と書いて送信すると、こちらからPDFをダウンロードする方法をご案内します

行を挿入するショートカットキー(Windows/Mac)

行を選択する

先に挿入したい行を決めてください。赤枠の部分の行数をクリックします。

Windowsの場合はCtrl+Shift++
Macの場合は+shift++を押します。

行の挿入結果

行が挿入されました。

列を挿入するショートカットキー

列を選択する

先に挿入したい列を決めてください。赤枠の部分の列数をクリックします。列の場合も、行と同様のショートカットキーです。

Windowsの場合はCtrl+Shift++
Macの場合は+shift++を押します。

列の挿入結果

列が挿入されました。

他のショートカットキーも合わせてチェック!

ここでご紹介できなかったショートカットキーの一覧ページもご用意しております。ぜひ、参考にしてください。

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください