エクセルで千円単位の金額を表示する方法

  • Release
  • Update

よく決算書で見られる数値の桁数が多すぎる場合は、千円未満の桁を省略することが多いです。

表示形式で変換するだけで、簡単に表示できますのでぜひ覚えましょう。

単位を千円にして、千円未満の桁を省略する方法

1,000,000の千円未満の桁を省略して、1,000にする方法をご説明します。

作業時間:1分

単位の確認

千円単位になる前

売上の単位は「円」となってます。こちらの売上の千円未満を省略します。

その他の表示形式の選択

その他の表示形式を選択

①千円未満を省力する【セルを選択】し、②【ホーム】タブを押し、③【▼】を押し、④【その他の表示形式】を選択します。

表示形式のユーザー定義

ユーザー定義を入力

「セルの書式設定」ダイアログボックスが表示されますので、①【ユーザー定義】を選択し、②『#,##0,』と入力し、③【OK】ボタンを押します。

千円未満の省力を確認

千円単位になる

千円未満が省略されました。

金額を千円単位でカンマ表示する方法

表示形式で千円単位でカンマを打つ方法をご説明します。

通貨表示形式を選択

①千円単位でカンマを打つ【セルを選択】し、②【ホーム】タブを押し、③【通貨表示形式】を押します。

通貨表示形式

先頭にエンマークが付き、千円単位でカンマが付きます。

関数を使った千円単位の計算

千円未満の切り上げ

ROUNDUP関数の入力

切り上げをするにはROUNDUP関数を利用します。『=ROUNDUP(』で開始します。

数値の参照

切り上げたい数値を参照して『,』カンマで区切ります。

桁数の入力

桁数を入力します。千円未満で切り上げたい場合は『-3』と指定します。

千円単位で切り上げ

Enterを押して確定します。千円未満で切り上げました。

他のセルへ反映させるために、フィルハンドルを下へドラッグします。

他のセルへ反映

他のセルへ反映しました。

千円未満の切り捨て

ROUNDDOWN関数の入力

切り捨てをするにはROUNDDOWN関数を利用します。先ほどのROUNDUPをROUNDDOWNに変更させるだけです。『=ROUNDDOWN(D6,-3)』で確定させます。

千円未満の四捨五入

ROUND関数の入力

四捨五入をするにはROUND関数を利用します。先ほどのROUNDDOWNをROUNDに変更させるだけです。『=ROUND(D6,-3)』で確定させます。

他のセルへ反映

切り上げ、切り捨て、四捨五入が完成しました。

問題は解決できましたか?

記事を読んでも問題が解決できなかった場合は、無料でAIに質問することができます。回答の精度は高めなので試してみましょう。

  • 質問例1 ExcelのIF関数で複数条件に対応する方法を教えて
  • 質問例2 Microsoft 365でできることを教えて
あなた

あと100文字

コメント

この記事へのコメントをお寄せ下さい。

0 コメント
すべてのコメントを表示

ショートカットキーのPDFやエクセルなどのテンプレートが登録なし・無料でダウンロードできます。

キーワードで記事を探す: 記事数