Office Hack

Gmailでラベルの削除をする方法

  • Release
  • Update

Gmailのラベル機能を利用すると、膨大なメールを振り分けできてすぐに探し出すことができます。

ここでは、設定したラベルの削除方法をご説明いたします。

Gmailでラベルの削除をする方法

パソコンのブラウザ版のGmailのラベルを削除する方法をご説明します。

作業時間:1分

ラベルの位置確認

ラベルの位置確認

ラベルは初期設定では下書きの下に配置されます。

タグをマウスオーバー

三点リーダーの確認

タグ上でマウスオーバーすると、右側に【三点リーダー】が現れるので、押してください。

ラベルを削除を選択

ラベルを削除

三点リーダーを押すとメニューが現れますので、【ラベルを削除】を押してください。

ラベルの削除の最終確認

ラベル削除の確認

本当にラベルを削除するか確認画面が出てきます。こちらの【削除】を押すと、メールに付与されている86件分のラベルがなくなります。

ラベルの削除確認

ラベルの削除結果

下書きの下にあったラベルが削除されました。

スマホでラベルの削除をする方法

iPhoneのGmailアプリを使ってご説明いたします。

ハンバーガーメニューを押す

左上の【ハンバーガーメニュー】を押します。

設定

一番下の【設定】を押します。

対象のアカウントを押す

該当の【アカウント】を選択します。

ラベルの設定

下へスクロールし、【ラベルの設定】を押します。

削除したいラベルを押す

【削除したいラベル】を押します。

ラベルの削除

【[ラベル名]を削除】ボタンを押します。

ラベル削除最終確認

削除の最終確認をしてきますので、【削除】を押します。

削除済み

ラベルが消えました。

親ラベルを消すと子ラベルも消える

ラベルは親子関係にすることもできます。

親ラベルを消す

親ラベルをマウスオーバーし、三点リーダーを押した後、【ラベルを削除】を押します。

親ラベルと子ラベルの削除確認

すると親ラベルだけでなく子ラベルも削除することを確認されますので、問題なければ【削除】を押しましょう。

削除したラベルを復活できる?

残念ながら一度削除したラベルは復活できません。メール自体が無くなるわけではありませんので、もう一度ラベルを作成して振り分け設定をする必要があります。

[Gmail 振り分け]の関連記事

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top