Office Hack

Microsoft 365(Office 365)の解約方法について

  • Release

本記事では、Microsoft Office(マイクロソフト オフィス)のサブスクリプションサービスを解約する方法についてご紹介します。

返金対応や解約できない場合の対処方法についても記載しておりますので、お困りの際にお役立てください。

Microsoft 365(Office 365)の解約方法

このセクションでは、Microsoft 365(Office 365)の解約方法について解説していきます。

以下セクションの家庭向けMicrosoft 365 Personalの解約手続きは、公式サイト「サービスとサブスクリプション」から行うことができます。

Microsoft 365 Personalの解約方法

このセクションでは、無料試用版Microsoft 365 Personalの解約方法を解説します。有料版Microsoft 365 Personal(Office 365 Solo)についても同様の手順で解約できますので、参考にしてください。

作業時間:5分

  1. 「サービスとサブスクリプション」にアクセスする
    office-365-cancellation アクセス

    URL「https://account.microsoft.com/services/?refd=support.microsoft.com」にアクセスし、【サインイン】ボタンを押します。

  2. Microsoftアカウントにサインインする
    office-365-cancellation メール

    Microsoftアカウントのサインインページが表示されました。①『メール、電話、またはSkype』を入力し、②【次へ】ボタンを押します。

  3. パスワードの入力
    office-365-cancellation パスワード

    ①『パスワード』を入力し、②【サインイン】ボタンを押します。

  4. サインイン状態の維持について回答する
    office-365-cancellation サインイン状態の維持

    「サインイン状態を維持しますか?」ダイアログボックスが表示されました。【任意の回答(例:はい)】ボタンを押します。

  5. 解約するサービスの選択
    office-365-cancellation サービスとサブスクリプション 管理

    「サービスとサブスクリプション」ページが表示されました。解約したいサブスクリプション横の【管理】を選択します。

  6. サブスクリプションのキャンセル
    office-365-cancellation サブスクリプションのキャンセル

    【サブスクリプションのキャンセル】を選択します。

  7. 定期請求を無効にする
    office-365-cancellation 解約

    【定期請求を無効にする】ボタンを押します。

  8. 解約完了
    office-365-cancellation 解約完了

    Microsoft 365 Personalの解約が完了しました。

Microsoft 365 Business(Office 365 Business)の解約方法

このセクションでは、Microsoft 365 Business(Office 365 Business)の解約方法について解説します。

ユーザーに割り当てられているライセンス数が25未満の場合、下記の記事「Office 365 Business試用版の解約」セクションをご参照ください。

ユーザーに割り当てられているライセンス数が25より多い場合は、「Microsoftサポート」に問い合わせてサブスクリプションのキャンセルを行います。

返金と解約後の使用について

サブスクリプション版Microsoft 365の支払い方法には、「月間契約」と「年間契約」があります。

「月間契約」では支払いが1ヶ月単位なので、月の途中で解約した場合、次の契約日までが有効期限となります。

「年間契約」の場合、家庭向けMicrosoft 365 Personalと法人向けMicrosoft 365 Businessでは対応が異なりますので、以下のセクションでそれぞれの場合に分けて解説していきます。

家庭向けMicrosoft 365 Personalの場合

家庭向けMicrosoft 365 Personalの場合、契約後30日以内であれば途中解約が可能で、返金を受けることができます。

契約後31日を過ぎると基本的に途中解約はできないようですが、返金を受けられた例外のケースもあるようなので、特別な理由がある場合はMicrosoftサポートに問い合わせてみましょう。

解約後、残りの有効期限までは今まで通りの使用ができますが、有効期限を過ぎるとWordやExcelなどのアプリケーションは閲覧のみの機能制限モードに移ります。

また、有効期限後90日までは顧客データが保持されるようですが、180日以内に全てのデータがアカウントから削除されるようなので、必要なデータはアカウントが使用可能な間に保存をしておくようにしましょう。

法人向けMicrosoft 365 Businessの場合

法人向けMicrosoft 365 Businessの場合は、契約後30日以内であれば全額の返金を受けることができ、31日以降であっても途中解約が可能です。

契約期間の利用料を残り日数で日割り計算した金額が次の請求サイクルの間に払い戻しされるようなので、返金されないなどの問題があった場合は、Microsoftサポートに問い合わせてみましょう。

サブスクリプションが無効化された後、ユーザーはアカウントにサインインすることも、メールやSharePoint Onlineなどのサービスにアクセスすることもできなくなり、Officeのアプリケーションは最終的に読み取り専用の機能制限モードに移ります。

管理者のみ解約後90日以内であれば、サブスクリプション無効状態でも組織のデータに引き続きアクセスして、バックアップをとることができます。

また、すべてのデータを維持したままサブスクリプションを再アクティブ化することも、90日以内であれば可能です。

保存された顧客データは、180日以内に完全に削除されます。

解約できない場合

「サービスとサブスクリプション」ページに「管理」の文字が表示されない、または定期請求を無効化できない、などの理由で解約ができない場合は、以下の項目をご確認ください。

  • サブスクリプションの契約時に使用したMicrosoftアカウントでサインインしているか確認します。
  • 「管理」ではなく「定期請求を有効にする」と表示される場合は、表示されている日付でサブスクリプションの有効期限が切れるため、解約手続きの必要はありません。
  • 支払い方法を更新する必要がないか確認します。何か問題があった場合は、公式サイト「支払いの管理」からカード情報などの修正を行います。

このページを見ている人におすすめの商品

その他Officeに関する情報


3~4つの質問で最適なOffice製品をご提案します

個人用/法人用/教育用や、一括払いや月/年払い、利用できるアプリケーション、利用できるOSがそれぞれ製品によって異なるため、分かりやすいナビをご用意しました。

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top