Amazon/楽天/Yahoo!ショッピングのセール一覧

Office Hack

Office 2016とOffice 2019の違いについて(互換性や新機能など)

  • Release

「Office 2016を使い続けるのと、Office 2019を新しく買うのはどっちが良いか?」とお悩みではないでしょうか?この記事では、Office 2016とOffice 2019の違いや新機能についてご紹介します。

Office 2016とOffice 2019の違い

Office 2016とOffice 2019には、以下の通りに様々なパッケージがあります。

下記のうち「Office Home & Business 2019」では、WindowsとMacで共有になり、WindowsとMacに1台ずつインストールすることも可能になりました。

 Office 2016Office 2019
個人向けOffice Personal 2016Office Personal 2019
個人・ビジネス向けOffice Home & Business 2016
Office Professional 2016
Office Home & Business 2019
Office Professional 2019
大企業向け(500台~)
ボリュームライセンス
Office Standard 2016
Office Professional Plus 2016
Office Standard 2019
Office Professional Plus 2019
学生・教職員向けOffice Professional AcademicOffice Professional Academic 2019

対応OSの違い

Microsoft Office 2016とMicrosoft Office 2019の対応OSは、以下の通りです。

 対応OS
Office2016Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows 10
Office2019Windows 10

互換性について

Microsoft Office 2016のWordなどで作成したファイルは、Microsoft Office 2019のWordなどで編集できます。

Microsoft Office 2019のWordなどで新機能を使って作成したファイルは、Microsoft Office 2016のWordなどで一部レイアウト崩れが起きたり、表示されなかったりする可能性があります。

新機能について

Microsoft Office 2019の新機能のうち主なものをご紹介します。

新機能
WordExcelPowerPoint
3Dオブジェクト追加追加追加
翻訳機能追加追加追加
SVG(※)追加追加追加
デジタルインク
(手書き入力)
強化改善強化改善強化改善
各ソフトの新機能読み上げ機能新しい関数、
新しいグラフ
変形、ズーム、
タッチペンのBluetooth
ボタンでのスライド移動

※「SVG=Scalable Vector Graphics」は、アイコンの画質を損なわずに編集し、文中などに挿入できる機能です。

Wordの新機能について

Wordの新機能については、下記の記事をご参照ください。

Excelの新機能について

Excelの新機能については、下記の記事をご参照ください。

PowerPointの新機能について

PowerPointの新機能のうち、名前だけではわかりずらい「変形」と「ズーム」の使い方と機能をご紹介します。

「変形」の機能と使い方は以下の通りです。

Office 2019新機能 変形用スライドの用意

同じオブジェクト(挿入画像)を使い、位置だけずらしたスライドを2つ用意します。

Office 2019新機能 変形の使い方

2枚目のスライドを表示し、①【画面の切り替え】、【変形】の順に選択します。

Office 2019 変形の見え方

1枚目と2枚目のスライドを切り替える際に、間になめらかな動画が挿入されました。

続いて「ズーム機能」をご紹介します。「ズーム機能」には3種類あり、それぞれの機能は下記のとおりです。

名称説明
サマリーズーム新規にセクションとスライドを作成する。目次のように利用できる。
セクションズーム既存のスライドから、別のセクションへと飛ぶサムネイル画像を作る。
スライドズーム既存のスライドから、別のスライドへと飛ぶサムネイル画像を作る。
office2019-differences-office2016 PowerPoint2019新機能1

今回は、「サマリーズーム」の使い方をご紹介します。①【挿入】、②【ズーム】、③【サマリーズーム】の順に選択します。

office2019-differences-office2016 PowerPoint2019新機能2

①表示するスライドを選択し、②【挿入】ボタンを押します。

office2019-differences-office2016 PowerPoint2019新機能3

一番前に、サマリー(目次)のスライドが作成されました。スライドショーではサマリーのスライドと各スライドがアニメーション付きで昇順に表示されます。

サポート期間は?

Office 2016のサポートは、2020年10月までとなっています。延長サポートは、「5年間」で2025年10月に終了します。

Office 2019のサポートは、2023年10月までとなっています。延長サポートは、「2年間」で2025年10月に終了します。

詳しくは、以下の記事の「Office 2016のサポート期限」と「Office 2019のサポート期限」をご参照ください。

MacでのOffice 2016とOffice 2019 の違い

MacでインストールできるOffice 2016とOffice 2019には、以下の通りに様々なパッケージがあります。

下記のうち「Office Home & Business 2019」では、WindowsとMacで共有になり、WindowsとMacに1台ずつインストールすることも可能になりました。

 Office 2016Office 2019
個人向けOffice Home & Student 2016 for MacOffice Home & Student 2019 for Mac
個人・ビジネス向けOffice Home & Business 2016 for MacOffice Home & Business 2019
大企業向け(500台~)
ボリュームライセンス
Office Standard 2016 for MacOffice Standard 2019 for Mac
学生・教職員向けOffice Academic 2019 for MacOffice Academic 2019 for Mac

対応OSについて

OSなどの違いは下記のとおりです。

 Office 2016Office 2019
OS10.10 以降10.12 以降

新機能について

Mac OSで使用する新機能も、Windowsと同様になります。上記、「Office 2016とOffice 2019の違い」の章ある「新機能について」をご参照ください。

このページを見ている人におすすめの商品

3~4つの質問で最適なOffice製品をご提案します

個人用/法人用/教育用や、一括払いや月/年払い、利用できるアプリケーション、利用できるOSがそれぞれ製品によって異なるため、分かりやすいナビをご用意しました。

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top