楽天イーグルス感謝祭!ポイント最大39倍→終了まで1時間0分

Office Hack

WPS Officeとは?マイクロソフトオフィスとの違いや互換性など情報

  • Release
  • Update

「Microsoft Word、Excel、PowerPointをもっと手頃に使いたい。」と思ったことありませんか?そんな時に利用できるOffice互換ソフトに、WPS Officeがあります。

この記事では、WPS Officeの互換性やマイクロソフトオフィスとの比較をご紹介します。

WPS Officeとは?

WPS Officeは、10年連続「売上本数No.1」のオフィス互換ソフト(文章作成、表計算、スライド作成ソフト)です。日本語版では「キングソフトオフィス」として10年にわたり販売されてきましたが、2016年にグローバルブランド名である「WPS Office」に名称変更されました。

パソコン用のWPS Officeには、体験版も用意されており、30日間無料で最新版を利用することができます。

WPS Office Standard Editionとは

WPS Office Standard Editionについては、下記の記事をご参照ください。

WPS Office 2016とは

WPS Office 2016は、2016年に初の日本語版「WPS Office」 としてリリースされました。

その後にメジャーアップデートがあり、2020年8月18日現在のWindows用の最新版は「WPS Office 2 for Windows(WPS Office 2019)」となっています。

Microsoftオフィスとの違いや互換性について

MicrosoftオフィスとWPS Officeは、開発元の異なるオフィス作成ソフトです。このセクションでは、WPS OfficeとMicrosoftオフィスの比較や、互換性について紹介します。

違いについて

MicrosoftオフィスとWPS Officeの価格やソフト名の違いは以下のようになっています。

 MicrosoftWPS Office
価格¥38,284 (税込)¥5,690(税込)
文章作成WordWriter
表計算ExcelSpreadsheets
スライド作成PowerPointPresentation

※文章作成、表計算、スライド作成ソフトを含む「WPS Office Standard Edition」と「Microsoft Office Home & Business 2019」の2020年8月18日現在の公式サイト価格を掲載しています。

WPS Office(キングソフト オフィスソフト)

互換性について

WPS Officeは、Microsoft Wordユーザーが違和感なく使えるように開発されています。マイクロソフトオフィスと互換性が高く、インターフェイスも似ていることから「Microsoftのオフィスソフトと同じように使える」といった評価が多くあります。

WPS Officeでは Microsoft Office 2007 以降のWord、Excel、PowerPointそれぞれの拡張子でファイルを保存することができるため、Microsoftなどとのデータ交換が可能です。

保存可能な拡張子や表示の互換性については下記の記事の「互換性」の項目をご参照ください。

各モールで「WPS Office」の価格を見る

WPS Officeをインストールする

このセクションでは、WPS Officeをインストールする方法についてご紹介します。

今回は体験版をインストールしました。

what-is-wps-office インストール1

キングソフト公式サイトダウンロードページへ開き、【体験版(Windows)】を選択します。

what-is-wps-office インストール2

【WPS Office 2 体験版をダウンロード】ボタンを押します。

what-is-wps-office インストール3

【インストーラー】を選択して起動します。

what-is-wps-office インストール4

【はい】ボタンを押します。

what-is-wps-office インストール5

①「このライセンス契約書に同意します」を選択し、②【インストール】ボタンを押します。

what-is-wps-office インストール6

インストールが完了しました。

ダイアログボックスを【×】で閉じ、デスクトップを確認してみましょう。

what-is-wps-office インストール6

デスクトップに「Writer」、「Spreadsheets」、「Presentation」のショートカットが追加されていることを確認できました。「WPS Office 2」ではPDFリーダーもセットでインストールされます。

製品版をインストールする場合は、製品に付属のURLもしくはWPS Office ダウンロードから専用URLを発行してダウンロードを行います。手順は上記をご参考ください。

WPS Officeの関数について

Microsoft Excelの関数を利用できるかを気にされる方も多いかと思います。

WPS Officeの表計算ソフト「Spreadsheets」では、SUM、SUMIF、AVERAGE、COUNT、COUNTIF、IF、VLOOKUPなどのよく使われる関数をはじめ多くの関数を利用可能です。

安全性について

WPS Officeの安全性については下記の記事をご参照ください。

その他WPS Officeに関する情報



その他Office互換ソフトに関する情報

3~4つの質問で最適なOffice製品をご提案します

個人用/法人用/教育用や、一括払いや月/年払い、利用できるアプリケーション、利用できるOSがそれぞれ製品によって異なるため、分かりやすいナビをご用意しました。

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top