Office Hack

Outlook for Macとは?使い方や検索できない場合の対処法など

  • Release

OutlookをMacでも利用してみたいと思ったことはありませんか?

Outlook for Macを導入すれば、OutlookをMacでも利用することができます。

本記事では、Microsoft Outlook for Macの導入方法/メールの設定/使い方などをご紹介しています。

これを機会にOutlookをMacにも導入し、利用してみましょう。

Outlook for Macとは?

Outlook for Macとは、Macで利用できるMicrosoftのメールサービスのことを指します。

Microsoft 365のアカウントを所持していれば、Outlookでメールアドレスの作成/メールの送受信を行うことができます。

Gmailのように複数のメールアドレスを所持することもできるため、用途によって使い分けることも可能です。

Microsoft 365 Personalの4つのメリット

  1. 常に最新バージョンが利用可
  2. Word/Excel/PowerPoint/Outlook/Publisher/Accessのすべてが使える
  3. 1ライセンス1ユーザー、無制限にインストール可(Windows/Mac/タブレット/スマホ、複数OK)
  4. 1TBのOneDriveオンラインストレージがついてくる
体験版より年間契約がお得な理由

1ヶ月間無料で試す

Microsoft Store (マイクロソフトストア)

Mac版とWindows版の違い

Microsoft 365のOutlookは、Mac/Windowsの両方で利用することができます。

機能Mac版Windows版
.pstファイルへのエクスポートなしあり
総合受信トレイありなし
アーカイブ機能あり(Exchange 2016 以降)あり
列の表示の変更あり(単一行ビューのみ)あり
その他の形式として保存(HTML/TXT)なしあり

Mac版とWindows版では使用できる機能が一部異なるため、Office 365 での Outlook for Windows と Outlook for Mac の比較にて、機能の違いをご確認ください。

Microsoft 365でのOutlook for Macの導入準備

Microsoft 365でのOutlook for Macの導入準備についてご説明します。「Outlook for Macをインストールする方法」と「メールアドレスの作成方法」の2つをご紹介しますので、参考にしてみてください。

Outlook for Macをインストールする方法

Outlook for Macをインストールする手順は以下のとおりです。

Outlookをインストールする際には、MacOS X 10.9.3以上が必要になってきます。そのため、事前に最新の状態へアップデートしておくことをおすすめします。

公式サイトからダウンロードする

まずは、Microsoftの公式サイトからインストーラーをダウンロードします。

Microsoft Outlook for Mac for Office 365と書いてあるところの【ダウンロード】ボタンを押します。

ダウンロードしたインストーラーを開く

ダウンロードが完了したら、①【Finder】、②【ダウンロード】、③【Microsoft_Outlook.pkg】の順に選択します。

インストーラーが起動する

「Microsoft Outlook for Macのインストール」ダイアログボックスが表示されます。

【続ける】ボタンを押します。

契約を確認したら続けるを押す

マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項が表示されます。

確認したら【続ける】ボタンを押します。

容量を確認したらインストールする

容量に問題が無ければ【インストール】ボタンを押します。

パスワードを入力する

「インストーラが新しいソフトウェアをインストールしようとしています」ダイアログボックスが表示されます。

①「パスワード」に『Macのログイン時に使用するパスワード』を入力し、②【ソフトウェアをインストール】ボタンを押します。

インストール完了

Outlookのインストールが完了しました。

【閉じる】ボタンを押してインストーラを閉じます。

メールアドレスを作成する

Outlookでは、「〇〇@outlook.jp」「〇〇@outlook.com」「〇〇@hotmail.com」といったメールアドレスを無料で作成することができます。

メールアドレスを新規作成する方法は以下のとおりです。

Outlookのアカウントを作る

Outlookの公式サイトにアクセスし、【無料アカウントを作成】ボタンを押します。

新しいメールを作る

①「新しいメール」に『任意のメールアドレス』を入力し、②【ドメイン】を選択します。

ドメインを選ぶ

①【任意のドメイン(例:outlook.jp)】を選択し、②【次へ】ボタンを押します。

パスワードを作成する

①「パスワードの作成」に『任意のパスワード』を入力し、②【次へ】ボタンを押します。

名前を入力する

①【姓(例:田中)】②【名(例:太郎)】を入力し、③【次へ】ボタンを押します。

生年月日を入力する

①【国/地域】、②【生年月日】を入力し、③【次へ】ボタンを押します。

クイズに答える

アカウントを作成するにあたって、ロボットではないことを確認するために簡単な問題が出されます。問題を解いたら【完了】ボタンを押します。

アカウントの作成完了

メールアドレスとアカウントを作成することができました。

Outlook for Macの使い方

先ほど作成したメールアドレスを、Outlook for Macに登録しましょう。

Outlook for Macを利用するには、Microsoft 365のアカウントが必要になります。Outlookを使用する前に、アカウントの登録が済んでいるか確認をしておくことをおすすめします。

Outlook for Macの使い方は以下のとおりです。

Outlookを開く

①【Microsoft Outlook】を選択し、②【開始する】ボタンを押します。

サインインする

【既にご利用の場合はサインイン】ボタンを押します。

メールアドレスを追加する

サインインが完了すると、メールアドレスの登録を求められます。ここで、先ほど作成したメールアドレスを登録しましょう。

【その他の追加】ボタンを押します。

メールアドレスを入力する

①「メール」に『作成したメールアドレス』を入力し、②【続行】ボタンを押します。

パスワードを入力する

①「パスワード」に『登録したパスワード』を入力し、②【サインイン】ボタンを押します。

完了ボタンを押す

メールアドレスが追加されました。

【完了】ボタンを押します。

新規メールを作成する

これでOutlook for Macを利用することができるようになりました。

新規でメールを作成する際は、画面左上の【新規メール】を選択します。

メールを作る

メールを作成する画面が表示されます。

①「宛先」に『相手のメールアドレス』、②「件名」に『任意の件名(例:こんにちは)』を入力します。

③「内容」に『メールの内容(例:こんにちは!)』を入力し、④【送信】ボタンを押します。

送信したメールを確認する

送信したメールを確認するには、①【送信】タブ、②【送信したメール】の順に選択します。

これで、先ほど送信したメールをもう一度確認することができます。

Outlookの様々な使い方の詳細については、以下の記事をご参照ください。

Outlook for Macで検索できない場合の対処法

Outlook for Macを使用している際、検索欄に文字を入力しても「結果はありません」と表示されてしまうことがあります。

そういった場合は、以下の対処法をお試しください。

Macの再起動

再起動を選択する

①画面左上の【アップルメニュー】、②【再起動】の順に選択します。

再起動する

【再起動】ボタンを押します。しばらくするとMacが再起動されますので、再度検索を行ってください。

Outlookの再インストール

アプリをアンインストールする

①【Finder】、②【アプリケーション】タブの順に選択します。

③「Microsoft Outlook」を【右クリック】し、④【ゴミ箱に入れる】を選択します。

アプリを削除する

①「ゴミ箱」を【右クリック】し、②【ゴミ箱を空にする】を選択します。

これでアプリが削除されましたので、再度Outlookのインストールを行い、メールの検索をしてみてください。

上記の方法でメールの検索がうまくできない時は、Microsoft コミュニティにご相談ください。

このページを見ている人におすすめの商品

[Outlook アプリ]の関連記事

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top