Office Hack

パワーポイントのスライドショーの操作と作り方

  • Release
  • Update

スライドショーとは、パワーポイントのスライドをパソコンの画面やスクリーンに大きく映し出す表示モードのことです。プレゼンテーションの場でよく使われ、視聴者にとってスライドが見やすくなる便利な機能の一つです。

この記事では、スライドショーの操作/編集/保存、関連商品の紹介、そしてスライドショーをめぐる主なトラブルとその解決法について説明していきます。

スライドショーの操作

ここではスライドショーを開始する方法、次のスライド/前のスライドに移る方法、拡大/縮小する方法、レーザーポインターをマウスで操作する方法、そしてスライドショーを終了する方法を説明していきます。

この章はスライドショーの基本的な操作ばかりですので、しっかり覚えて滞り無くプレゼンテーションを行っていきましょう。

開始する

「最初から」を選択する

スライドの1枚目からスライドショーを開始する方法について説明します。

ここでは、3枚目のスライドが選択中であるにもかかわらず、1枚目のスライドからスライドショーが実行される過程を見ていきましょう。

スライドの用意

スライドを用意します。スライドの3枚目が選択されています。矢印の先の1枚目のスライドにもご注目ください。

最初から

【スライドショー】タブ、【最初から】の順に選択します。

最初のスライド

スライドの1枚目からスライドショーが実行されました。

「現在のスライドから」を選択する

ここでは選択中のスライドからスライドショーを実行する過程を見ていきます。

3枚目のスライド

スライドを用意します。ここでは3枚目のスライドが選択中になっています。

現在のスライドから

【スライドショー】タブ、【現在のスライドから】の順に選択します。

現在のスライドから スライドショーの実行

選択中のスライド(3枚目)からスライドショーが実行されます。

ショートカットキーを使う

スライドショーを実行するには、以下のショートカットキーを使用してもOKです。

動作 操作キー
最初から F5
現在のスライドから Shift+F5

次のスライド/前のスライドに移る

ここでは次のスライド、あるいは前のスライドに移る方法について表で解説します。

次のスライド、あるいは前のスライドに切り替える時は以下の操作キーが有効ですので覚えておくと便利です。

動作 操作キー
次のスライド PageDownEnter左クリック
前のスライド PageUpBackSpace

拡大/縮小する

ここではスライドショーの実行中に画面を拡大/縮小する方法について解説します。

スライドショーの拡大/縮小は、以下の操作キーが有効ですのでご参考ください。

動作 操作キー
拡大 Ctrl++
縮小 Ctrl+
最大の拡大時

スライドショーの実行中、Ctrl++を押すごとにスライドを拡大することができます。拡大は3段階までできます。文字を大きく見せたい場合に使用しましょう。

拡大した状態でマウスでドラッグするか、を押すと表示範囲を移動することができます。

通常時

拡大したスライドを縮小したいときはCtrl+を押すとスライドを縮小します。

縮小時

標準の倍率時にCtrl+を押すと、スライドの一覧が表示されます。

レーザーポインターをマウスで操作する

スライドショーの実行中に、マウスを使ってレーザーポインターの印で画面を指し示すことができます。

レーザーポインターをお持ちでない方も、マウスがあればあたかもレーザーポインターを使っているかのようなプレゼンができますので覚えておくとお得です。

スライドショーの実行

スライドを用意します。

※スライドショーは実行中とします。

マウスポインタ―

【右クリック】してコンテキストメニューを表示し、【ポインターオプション】、【レーザーポインター】の順に選択します。

マウスポインタ―の表示

レーザーポインターが表示されました。マウスを使ってレーザーポインターを上下左右に動かすことができます。

スライドショーを終了する

ここではスライドショーを終了する方法について解説します。

右クリックをする
スライドショーの終了

まず右クリックを使用する方法です。終了したいスライドショーのところで【右クリック】をし、【スライドショーの終了】を選択します。

画面

スライドショーが終了し、スライド編集の画面になりました。

スライドショーツールバーから選択する
スライドショーの終了

次にスライドショーツールバーから選択する方法です。最初にスライドショーツールバーの赤枠【・・・】を選択します。コンテキストメニューが表示されたら【スライドショーの終了】を選択します。

※スライドショーツールバーはマウスで画面下半分をホバーしないと表示されませんのでご注意ください。

画面

スライドショーが終了し、スライド編集の画面になりました。

ショートカットキーを使う

最後にスライドショーを終了するためのショートカットキーを表で説明いたします。

スライドショーを終了しようとして右クリックしても動作しない時に便利です。

動作 操作キー
終了する Esc

編集する

自動で繰り返す

スライドを用意

ここではスライドショーを自動で繰り返す方法を解説します。最初にスライドを用意します。

スライドショーの設定

【スライドショー】タブ、【スライドショーの設定】の順に選択します。

自動プレゼンテーション

「スライドショーの設定」ダイアログボックスが表示されました。【「自動プレゼンテーション」にチェック】を入れ、【OK】ボタンを押します。

スライドを用意

スライドに戻りました。【1枚目のスライド】を選択し、Ctrl+Aを押すと全スライドが選択されます。

画面切り替え

【画面の切り替え】タブを選択し、【「自動的に切り替え」にチェック】を入れます。ここでは7秒間隔で自動的に切り替えたいので、『00:07.00』になるように直接入力します。

最初から

【スライドショー】タブ、【最初から】の順に選択します。

スライドショー

スライドショーが表示され、全スライドが自動的に7秒間隔で切り替わるようになりました。

※スライドショーを終了するにはEscを押します。

リハーサルで表示時間を設定する

スライドショーでは、スライドごとにあらかじめ表示時間を設定する「リハーサル」の機能があります。自分で指定した表示時間が経過すると自動的に次のスライド移るので、スライドショーを直接操作することなくプレゼンテーションができるので便利です。

スライドを用意

ここでは、スライドショーのリハーサル機能について説明します。最初にスライドを用意します。

リハーサル

【スライドショー】タブ、【リハーサル】の順に選択します。

記録

スライドショーが開始されると同時に「リハーサルツールバー」が表示されます。

時間の記録が開始されますので、表示させたい時間が経過したらこのリハーサルツールバーの【→】を押して次のスライドへ移ります。

スライドショーの終了

最後のスライドになったら【右クリック】して【スライドショーの終了】を選択します。

ダイアログボックス

ダイアログボックスが表示されました。【はい】を選択します。

表示

【表示】タブ、【スライド一覧】の順に選択すると、各スライドと表示時間が一覧で確認できます。

最初から

記録したリハーサルを開始するには、【スライドショー】タブ、【最初から】の順に選択します。

リハーサルの実行

リハーサルが開始しました。各スライドに記録した表示時間で自動的に画面が切り替わります。

すべてのスライドのタイミングをクリア

リハーサルの記録を消す場合は、【スライドショー】タブ、【クリア】、【すべてのタイミングをクリア】の順に選択します。

ノートでプレゼンテーション用のメモを作成

スライドショーでプレゼンテーションを行う際は、ノートの機能を使ってメモを作成することができます。

以下の記事ではノートの機能と印刷方法について説明していますので、プレゼンテーションにお役立てください。

パワーポイントのノートを印刷する方法

Excelファイルへのハイパーリンクを挿入する

Excelファイル

ここでは、パワーポイントのスライドショーからExcelファイルへのハイパーリンクを挿入する方法について説明します。最初に、リンク先のExcelファイルを用意します。

※ファイル名は「銀行融資内訳」とします。

資金調達

今度はパワーポイントのファイルを別に開きます。

リンクを挿入

「資金調達」のスライドの【「銀行」の文字を選択】します。次に、【挿入】タブ、【リンク】、【リンクを挿入】の順に選択します。

ハイパーリンクの挿入

「ハイパーリンクの挿入」ダイアログボックスが表示されました。【ファイル、Webページ】、【現在のフォルダー】を選択します。

次に、【デスクトップ】、【銀行融資内訳】のファイルの順に選択します。最後に【OK】ボタンを押します。

※「銀行融資内訳」のExcelファイルはデスクトップにあるものとします。

現在のスライドから

スライド編集の画面に戻りました。矢印を見ると先ほど選択した「銀行」に下線が引かれ、Excelファイルへのハイパーリンクが挿入されたことがわかります。

ここからは実際にスライドショーからハイパーリンクでExcelファイルへ飛べるのかを検証します。【スライドショー】タブ、【現在のスライドから】の順に選択します。

銀行

「資金調達」のスライドのスライドショーが実行されました。赤枠の【「銀行」を左クリック】します。

Excelファイル

「銀行融資内訳」のExcelファイルが開きました。

音声の録音

スライドの用意

ここではスライドショー実行中に自分の声を録音する方法について解説します。最初にスライドを用意します。

先頭から記録

【スライドショー】タブ、【スライドショーの記録】、【先頭から記録】の順に選択します。

記録

スライドショーか実行されました。録音を開始するには左上の【記録】ボタンを押し、スピーチを始めます。

※右下の画面にはカメラの前の自分の顔が映ります。

停止

スピーチが終わったら、【停止】ボタンを押します。

×ボタン

録音が終わったら右上の【×】ボタンを押します。

録音の再生

スライド編集の画面に戻りました。右下の【再生/一時停止】ボタンを押すと録音されたスピーチが再生されます。

音楽(BGM)付きスライドショーの作成

スライドの用意

ここではBGM付きのスライドショーの作り方について解説していきます。最初にスライドを用意します。

このコンピューター上のビデオ

【挿入】タブ、【オーディオ】、【このコンピューター上のオーディオ】の順に選択します。

BGM

「オーディオの挿入」ダイアログボックスが表示されました。【デスクトップ】、【BGM】の順に選択し、【挿入】ボタンを押します。

※ここではデスクトップにBGMのファイル(MP3)が入っているものとします。

バックグラウンドで再生

スライドにBGMが挿入されました。【再生】タブ、【バックグラウンドで再生】の順に選択します。

※「バックグラウンドで再生」を選択すると、スライドを切り替えた後もBGMがそのまま再生されます。

最初から

【スライドショー】タブ、【最初から】の順に選択します。

BGMの再生

スライドショーが開始し、BGMが流れます。

ビデオファイルとして保存する

パワーポイントには、作成したスライドをスライドショーのビデオファイルとして保存する機能があります。

お客様の医療

ここではスライドをビデオファイルとして保存する機能について説明します。最初にスライドを用意します。

ファイルタブ

【ファイル】タブを選択します。

ビデオの作成

【エクスポート】、「PDF/XPS ドキュメントの作成」の下の【ビデオの作成】の順に選択します。ここでは画質を【フルHD(1080p)】、「各スライドの所要時間」を【05:00.00】とします。

最後にその左下の【ビデオの作成】ボタンを押します。

動画を保存

「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されました。ここではデスクトップにビデオファイルを保存します。

【デスクトップ】を選択し、ファイル名に『お客様の医療』を入力し、【保存】ボタンを押します。

動画の再生

デスクトップに「お客様の医療」というファイル名のビデオファイルが保存されました。

スライドショーの再生

「お客様の医療」のビデオファイルを再生すると、スライドショーの形式でビデオが流れます。

スライドショーの関連商品

プロジェクター

プロジェクターはスクリーンにパワーポイントのスライドを映す時などに使用します。

最近では性能が良く安価なプロジェクターがあるので、頻繁にプレゼンテーションを行う方は入手をご検討しても良いのではないでしょうか。

DXMポータブルプロジェクター PPTパワーポイントプレゼンテーション用フリップPP927ワイヤレスレーザーペン、2.4Gワイヤレスデモンストレーター、マルチメディアPPTプロジェクターリモートコントロールペン、ブリーフィングデバイスを反転します。

DXMポータブルプロジェクター PPTパワーポイントプレゼンテーション用フリップPP927ワイヤレスレーザーペン、2.4Gワイヤレスデモンストレーター、マルチメディアPPTプロジェクターリモートコントロールペン、ブリーフィングデバイスを反転します。

DINGXUEMEI

\Kindle本冬の読書フェア 書籍5冊購入で 10%P還元/Amazonで価格を見る

    スクリーン

    プロジェクターを使用する際に、スライドを映すスクリーンが必要です。

    プレゼンテーションだけでなく、映画鑑賞等にも使用できます。

    プロジェクター スクリーン 100インチ サイズ 16:9 折りたたみスクリーン ホームシアター スクリーン 投影用 屋外屋内 会議 教室 映画スクリーン ポータブルモバイルスクリーン PJ100PS

    プロジェクター スクリーン 100インチ サイズ 16:9 折りたたみスクリーン ホームシアター スクリーン 投影用 屋外屋内 会議 教室 映画スクリーン ポータブルモバイルスクリーン PJ100PS

    ドーラボル

    \Kindle本冬の読書フェア 書籍5冊購入で 10%P還元/Amazonで価格を見る

    ワイヤレスレーザーポインター

    プレゼンの際に、遠くのスクリーンのスライドを指すのに便利なのがワイヤレスレーザーポインターです。

    最近ではパワーポイントのページめくり機能がついている商品もあります。

    AMERTEER レーザーポインター ワイヤレス プレゼンター PPTスライド用リモート リモートコントロール PSC認証済み ワイヤレスマウス操作 PowerPoint、Keynote、Googleスライド用リモート等対応 ブラック (031)…

    AMERTEER レーザーポインター ワイヤレス プレゼンター PPTスライド用リモート リモートコントロール PSC認証済み ワイヤレスマウス操作 PowerPoint、Keynote、Googleスライド用リモート等対応 ブラック (031)…

    AMERTEER

    \Kindle本冬の読書フェア 書籍5冊購入で 10%P還元/Amazonで価格を見る

    スライドショーをめぐるトラブルと解決法

    スライドショーが動かない

    スライドショー実行の最中に、「左クリックしても次へ進めない」という方がいらっしゃいます。

    その場合、スライドショーの設定が自動になっている可能性がありますので以下の手順をご参照ください。

    スライドを用意

    最初にスライドを用意します。

    スライドショーの設定

    【スライドショー】タブ、【スライドショーの設定】の順に選択します。

    発表者として使用する

    「スライドショーの設定」ダイアログボックスが表示されました。【「発表者として使用する」にチェックマーク】を入れ、【OK】ボタンを押します。

    これでスライドショーの自動設定が解除されます。

    スライドショーが終了できない

    スライドショーを終了したいのに、「何のボタンを押してもきかない」という時があります。

    その時はEscを押すとスライドショーを終了することができます。

    スライドの切り替えが遅い

    自動でスライドショーの切り替えを行っている時、「切り替えが遅い」という時があります。

    その場合、上記の「自動で繰り返す」の節をご覧ください。自動切り替えの時間が遅く設定されている可能性があります。

    おすすめの商品をご紹介

    AMERTEER レーザーポインター PPTスライド用リモート ワイヤレス プレゼンター USB充電式 リモートコントロール PSC認証済み ハイパーリンク操作 PowerPoint、Keynote、Googleスライド用リモート等対応 収納パック付き ブラック (038)

    AMERTEER レーザーポインター PPTスライド用リモート ワイヤレス プレゼンター USB充電式 リモートコントロール PSC認証済み ハイパーリンク操作 PowerPoint、Keynote、Googleスライド用リモート等対応 収納パック付き ブラック (038)

    AMERTEER

    \Kindle本冬の読書フェア 書籍5冊購入で 10%P還元/Amazonで価格を見る

    [PowerPoint スライドショー]の関連記事

    パワーポイントのスライドを自動再生/繰り返し再生する方法

    コメント

    この記事へのコメントをお寄せ下さい。

    0 コメント
    すべてのコメントを表示