Office Hack

スプレッドシートのチェックボックスの使い方

  • Release
  • Update

スプレッドシートでチェックボックスを使えるようになれば、持ち物リストや出欠表作りが便利になります。

ここでは、チェックボックスの作り方と、チェック済みのボックスのカウント方法、最後にチェックしたときに背景色を変える方法をお伝えします。

チェックボックスの作り方

データの入力規則を選択

①【チェックボックスを置くセルを選択】し、②【データ】タブの③【データ入力規則】を選択します。

リストを範囲で指定を押す

「データの入力規則」ダイアログボックスが表示されますので、【リストを範囲で指定】を押します。

チェックボックスを選択

その中から【チェックボックス】を選択してください。

チェックマークありなしの設定

①カスタムのセル値を使用するを【チェック】し、②チェックマーク付きの②【値の入力】と、③チェックマークなしの②【値の入力】をし、④【保存】ボタンを押します。

チェックボックスの配置

チェックボックスが配置されました。

チェックマーク付きの確認

チェック済みになると、先程設定した値「1」が数式バーに表示されます。

チェックボックスの使い方

カウントする

SUM関数でカウント

チェックマークをカウントする場合はSUM関数を利用します。『=sum(B3:B7)』と入力して、チェックボックスがあるセルを範囲指定してあげましょう。

チェックしない状態

SUM関数を確定しました。今はチェックされていないので「0」と表示されます。

チェックでカウント

チェックマークを3つ付けると、自動的にSUM関数の結果が「3」と返ってきました。

これは先程、チェックマーク付きを1、チェックマークなしを0に設定したため、1の合計数を関数で数えています。

チェックしたら背景色に色をつける

範囲を選択

背景色を変えたい【範囲を選択】します。

条件付き書式を選択

①【表示形式】タブの②【条件付き書式】を選択します。

カスタム数式を選択

①【空白ではない】を押し、②【カスタム数式】を選択します。

完成

①『=$B3=1』と入力し、②【完了】ボタンを押します。最後の「=1」は、チェックすると0から1へ変化するための設定です。

チェックボックスをチェックしたら、背景色が変更できるように設定できました。

このページを見ている人におすすめの商品

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top