Office Hack

Windows 10でポートを開放する方法

  • Release
  • Update

本記事では、Windows 10でポートを開放する方法をご紹介します。

Windowsファイアウォールの受信規則と送信規則の設定方法やポート開放後の確認方法をご紹介します。

Windows 10でポートを開放する方法

ここでは、Windows 10でポートを開放する方法をご紹介します。

Windowsファイアウォールのポート開放

受信の規則
ポート開放、受信の規則

Windows 10を開きます。

①【スタート】、②【設定】を選択します。

ネットワークとインターネット

「設定」ダイアログボックスが表示されます。

【ネットワークとインターネット】を選択します。

Windowsファイアウォール

①【下へスクロール】し、②【Windowsファイアウォール】を選択します。

詳細設定

「Windowsセキュリティ」ダイアログボックスが表示されます。

【詳細設定】を選択します。

ユーザーアカウント制御ダイアログボックス

「ユーザーアカウント制御」ダイアログボックスが表示されます。

【はい】ボタンを押します。

セキュリティが強化されたWindows Defenderファイアウォール

「セキュリティが強化されたWindows Defenderファイアウォール」ダイアログボックスが表示されます。

①【受信の規則】を選択し、②【新しい規則】を選択します。

新規の受信の規則ウィザード

「新規の受信の規則ウィザード」ダイアログボックスが表示されます。

①【ポート】を選択し、②【次へ】ボタンを押します。

ポート番号の入力

①【「TCP」または「UDP」】を選択します。今回は【TCP】を選択します。

②【特定のローカルポート】を選択後、③『解放したいポート番号(例:3389)』を入力し、④【次へ】ボタンを押します。

接続を許可する

①【接続を許可する】を選択し、②【次へ】ボタンを押します。

規則の適用範囲

【次へ】ボタンを押します。

名前の入力

①『任意の名前(例:3389のポート開放)』を入力し、②【完了】ボタンを押します。

受信の規則のポート開放の完了

規則(例:3389のポート開放)が追加されたことを確認します。受信の規則の設定が完了しました。

送信の規則
ポート開放、送信の規則

Windows 10を開き、「セキュリティが強化されたWindows Defenderファイアウォール」ダイアログボックスを表示します。

①【送信の規則】を選択し、②【新しい規則】を選択します。

ポートを選択する

「新規の送信の規則ウィーザード」ダイアログボックスが表示されます。

①【ポート】を選択し、②【次へ】ボタンを押します。

特定のリモートポートの解放

①【「TCP」または「UDP」】を選択します。今回は【TCP】を選択します。

②【特定のリモートポート】を選択後、③『解放したいポート番号(例:3389)』を入力し、④【次へ】ボタンを押します。

接続を許可する

①【接続を許可する】を選択し、②【次へ】ボタンを押します。

規則の適用範囲の選択

【次へ】ボタンを押します。

名前の入力

①『任意の名前(例:3389のポート開放)』を入力し、②【完了】ボタンを押します。

送信の規則のポート開放の完了

規則(例:3389のポート開放)が追加されたことを確認します。送信の規則の設定が完了しました。

ポート開放後の確認方法

ここでは、ポート開放後の確認方法をご紹介します。

ポート開放後の確認方法

Windows 10を開き、解放したポート番号を使用するプログラムなどを起動します。

ポート開放の確認 – KAGEMARU-infoへアクセスします。

①『確認したいポート番号』を入力し、②【ポート開放の確認をする】ボタンを押すとポート解放の確認結果が表示されます。

ポートの開放ができない場合

ポートの開放ができない場合は以下をご確認ください。

  • グローバルIPが提供されるプロバイダと契約しているか確認する
  • ローカルIPを固定する
  • TCP/UDPのプロトコル設定を確認する
  • IPv6を無効にする
  • スカイプが起動している場合は閉じる
  • ルーターでポート開放の設定を確認する
  • セキュリティソフトのポート開放の設定を確認する
  • ファイアウォールを一時的に停止しポート開放の確認サイトで確認する
  • 無線LANと有線LANの両方を繋いでいる場合はどちらかを無効にする

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top