Office Hack

Windows 11から10にダウングレードする方法

  • Release
  • Update

「Windows 11にアップグレードしたけど、やっぱりWindows 10に戻したい!」と思う方はいらっしゃるでしょう。

本記事では、Windows 11から10にダウングレードする方法について説明します。

なお、Windows 11にアップグレードした後、アップグレード前の状態に戻すことができるのは10日間である点にご注意ください。

Windows 11から10にダウングレードする方法

下記では、Windows 11からWindows 10に戻す方法について説明します。

作業時間:20分

設定を選択する

設定を選択

Windows 11の画面で、①【スタート】、②【設定】の順に選択します。

詳細のオプションを選択する

詳細オプションを選択

「設定」ダイアログボックスが表示されました。①【Windows Update】タブ、②【詳細オプション】の順に選択します。

回復を選択する

回復を選択

①スクロールバーを下に【スクロール】し、②【回復】を選択します。

復元ボタンを押す

復元ボタンを押す

【復元】ボタンを押します。

以前のバージョンに戻す理由を選択する

理由の選択

「Windows 10に復元する」ダイアログボックスが表示されました。ここでは、①「その他の理由」に【チェックマーク】を入れ、②【次へ】ボタンを押します。

アップデートを確認するかどうか選ぶ

アップデートのチェックは行わない

「アップデートをチェックしますか?」画面が表示されました。【行わない】ボタンを押します。

知っておくべきことを確認する

知っておくべきことは次へ

「知っておくべきこと」画面が表示されました。これを確認し、【次へ】ボタンを押します。

ロックアウトの注意事項を確認する

ロックアウトされないようにご注意くださいは次へ

「ロックアウトされないようにご注意ください」画面が表示されました。ロックアウトの注意事項を確認し、【次へ】ボタンを押します。

Windows 10に復元するボタンを押す

Windows 10に復元する

「Windows 11をお試しいただきありがとうございます」画面が表示されました。【Windows 10に復元する】ボタンを押します。

復元が行われる

復元中

「以前のバージョンのWindowsを復元しています…」画面が表示され、復元が行われます。実験では、復元までに約20分かかりました。

Windows 10に復元される

Windows 10に復元完了

Windows 10に復元されました。

[Windows 11 基本情報]の関連記事

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top