Office Hack

Windows 10のタスクバーに関する様々な設定方法

  • Release
  • Update

「Windows 10のタスクバーを編集したい」、「Windows 10のタスクバーのトラブルに対処したい」とお困りの方はいらっしゃいませんか?

本記事では、Windows 10のタスクバーに関する様々な設定方法について説明します。ユーザーの皆様のお好きなようにタスクバーをカスタマイズできれば、作業の効率化を進めることが可能になります。

タスクバーを隠す(非表示にする)

ここでは、Windows 10でタスクバーを隠す(非表示にする)方法について説明します。

タスクバーの設定

Windows 10を開きます。①【「空白のスペース」で「右クリック」】し、②【タスクバーの設定】を選択します。

タスクバーの非表示の設定

「設定」ダイアログボックスが表示されました。①【タスクバー】タブを選択し、②【デスクトップモードとタブレットモードの「タスクバーを自動的に隠す」をON】にします。

タスクバーが非表示

Windows 10の背景を見ると、タスクバーが非表示になったことがわかります。

マウスポインタをタスクバーに移動

マウスポインタをタスクバーがあった位置に近づけると、非表示になっていたタスクバーが表示されます。

タスクバーを表示する

ここでは、Windows 10でタスクバーを表示する方法について説明します。

タスクバーの設定

Windows 10を開きます。①【「Windowsの画面の下部」に「カーソル」】を置くと一時的にタスクバーが表示されるので、そこで【右クリック】します。

②【タスクバーの設定】を選択します。

OFFの状態にする

「設定」ダイアログボックスが表示されました。①【タスクバー】タブを選択します。

②【デスクトップモードとタブレットモードの「タスクバーを自動的に隠す」をOFF】にします。

タスクバーの表示

タスクバーが表示されました。カーソルをどこに動かしてもタスクバーが非表示になることはありません。

タスクバーを固定する

ここでは、Windows 10のタスクバーを固定する方法について説明します。

タスクバーの高さ変更

Windows 10の画面とタスクバーとの境界線にカーソルを合わせると、「サイズ変更ハンドル」と呼ばれる両矢印のマークに変わります。

【「サイズ変更ハンドル」を「上にドラッグ」】すると、タスクバーの高さを変えることができます。

タスクバーの固定

タスクバーを変更した高さで固定するには、①【「タスクバーの上」で「右クリック」】し、②【タスクバーを固定する】を選択します。

サイズ変更不可

タスクバーが固定されました。カーソルをタスクバーとの境界線に合わせても、サイズ変更ハンドルでタスクバーの高さが調節できないようになりました。

タスクバーにフォルダのショートカットをピン留めする

ここでは、タスクバーにフォルダのショートカットをピン留めする方法について説明します。

フォルダーを用意

Windows 10を開きます。ショートカットでピン留めしたいフォルダーを用意します。

ショートカット

①【デスクトップ上で「右クリック」】し、②【新規作成】、③【ショートカット】の順に選択します。

参照ボタン

「ショートカットの作成」ダイアログボックスが表示されました。【参照】ボタンを押します。

テストを選択

「ファイルまたはフォルダーの参照」ダイアログボックスが表示されました。①【ショートカットでピン留めしたいフォルダー(例:テスト)】を選択し、②【OK】ボタンを押します。

参照の表示

「ショートカットの作成」ダイアログボックスに戻りました。参照が表示されました。

explorer

①参照の前に『explorer+半角スペース』を入力し、②【次へ】ボタンを押します。

名前の決定

①「このショートカットの名前を入力してください」に『名前(例:テスト)』と入力し、②【完了】ボタンを押します。

タスクバーの上にドラッグ

Windows 10の画面に戻りました。【「テスト」のフォルダーをタスクバーに「ドラッグ」】します。

タスクバーにピン留め

タスクバーの上に「テスト」のショートカットのフォルダーがピン留めされました。

タスクバーのカスタマイズ

タスクバーの位置を移動する(横から縦にする)

ここでは、タスクバーを横から縦にする方法について説明します。

タスクバーを縦にしたい

Windows 10を開きます。画面下部にはタスクバーが横向きになっていますが、これを縦向きにすることができます。

タスクバーを固定するのチェックマークを外す

①【「タスクバーの空白部分」で「右クリック」】します。②「タスクバーを固定する」にチェックマークがついている状態であれば、【タスクバーを固定する】を選択してチェックマークを外します。

タスクバーの空白をドラッグする

【「タスクバーの空白部分」を矢印方向に「ドラッグ」】します。

タスクバーが縦になった

タスクバーが縦向きになりました。

タスクバーの色を変更する

タスクバーの色を変更するには、以下の記事をご覧ください。

タスクバーの透明度を高める

タスクバーの透明度を高めるにはいくつかの方法があります。レジストリを操作する方法はWindows 10が起動しなくなるおそれがあり、フリーソフトを使用する方法はダウンロードの際にセキュリティ上のリスクにさらされる危険性があります。

したがって、ここではWindows 10の設定で透明効果をオンにしてタスクバーを透明度を高める方法について説明します。

設定ボタン

Windows 10を開きます。①【スタート】、②【設定】の順に選択します。

WIndowsの設定から個人用設定

「設定」ダイアログボックスが表示されました。【個人用設定】を選択します。

タスクバーの透明度が高まる

①【色】タブを選択します。②【「スクロールバー」を下にスクロール】します。

③【「透明効果」をオン】にするとタスクバーの透明度が高まり、Windows 10の背景に合わせてタスクバーがやや青くなります。

タスクバーのアイコンについて

アイコンを表示/非表示にする

ここでは、タスクバーのアイコンを表示/非表示にする方法について説明します。

タスクバーの設定

Windows 10を開きます。①【「タスクバー」を「右クリック」】し、②【タスクバーの設定】を選択します。

タスクバータブから選択

「設定」ダイアログボックスが表示されました。①【タスクバー】タブを選択します。

②【タスクバーに表示するアイコンを選択します】もしくは【システムアイコンのオン/オフの切り替え】を選択します。下記では、2つの選択肢それぞれを見ていきます。

タスクバーに表示するアイコンを選択します

「タスクバーに表示するアイコンを選択します」を開くと、インストールしたアプリのアイコンなどが表示されます。タスクバーに表示させたいアイコンはオンにします。

システムアイコンのオン/オフの切り替え

「システムアイコンのオン/オフの切り替え」を開くと、「時計」や「入力インジケーター」や「アクションセンター」を含むWindows 10既定のアイコンが表示されます。タスクバーに表示させたいアイコンはオンにします。

アイコンサイズ(大きさ)を変更する

ここでは、タスクバーのアイコンサイズ(大きさ)を変更する方法について説明します。

タスクバーのサイズを変えたい

Windows 10を開きます。Windows 10の画面下にはタスクバーがあります。

これからタスクバーのアイコンサイズを小さくする方法について説明します。

右クリック

①【「タスクバー」を「右クリック」】し、②【タスクバーの設定】を選択します。

小さいタスクバーをオン

「設定」ダイアログボックスが表示されました。①【タスクバー】タブを選択します。

②【「小さいタスクバーボタンを使う」をオン】の状態にします。

タスクバーのアイコンのサイズが小さくなった

タスクバーのアイコンサイズが小さくなりました。同時に、「ここに検索して入力」のテキストボックスも省略されました。

アイコンが消えた

ここでは、アイコンが消えた場合の対処法について説明します。PCを再起動して症状が変わらない場合は、下記の方法をお試しください。

タスクマネージャーの選択

Windows 10を開きます。①「ここに入力して検索」に『タスク マネージャー』を入力します。②表示されたメニューから【タスク マネージャー】を選択します。

新しいタスクの実行

「タスク マネージャー」ダイアログボックスが表示されました。①【ファイル】タブ、②【新しいタスクの実行】の順に選択します。

新しいタスクの作成

「新しいタスクの作成」ダイアログボックスが表示されました。①「開く」のテキストボックスに『explorer』と入力し、②【OK】ボタンを押したらタスクバーのアイコンを確認してみてください。

タスクバーのプレビュー表示について

ここでは、タスクバーのプレビューを表示/非表示にする設定方法について説明します。

アイコンのプレビュー

Windows 10のタスクバーのアイコンにカーソルが触れると、プレビューが表示されることがあります。ここでは、タスクバーのプレビューを表示/非表示させる方法について説明します。

タスクバーの設定

①【「タスクバー」を「右クリック」】し、②【タスクバーの設定】を選択します。

タスクバーの端にある[デスクトップの表示]ボタンにマウスカーソルを置いたときに、プレビューを使用してデスクトップをプレビューする

「設定」ダイアログボックスが表示されました。①【タスクバー】タブを選択します。

②「タスクバーの端にある[デスクトップの表示]ボタンにマウスカーソルを置いたときに、プレビューを使用してデスクトップをプレビューする」の【オン/オフ】を切り替えることでプレビューの表示/非表示の調整が可能です。

タスクバーの検索を非表示にする

ここでは、タスクバーの検索を非表示にする方法について説明します。

検索ボックス

Windows 10を開きます。画面下部に検索ボックスがありますが、これを非表示する方法について説明します。

検索を表示しない

①【「タスクバー」を「右クリック」】し、②【検索】、③【表示しない】の順に選択します。

検索の非表示

検索ボックスが非表示になりました。

タスクバーが反応しない場合は?

タスクバーが反応しない場合は下記の方法をお試しください。

  • Ctrl+Alt+DelからPCを再起動する
  • 「タスクマネージャー」を使ってエクスプローラーを再起動する
  • 「タスクマネージャー」からSFCスキャンを実行する
  • Windows 10を再インストールする

タスクバーが表示されない場合は?

タスクバーが表示されない場合は、下記の方法をお試しください。

  • カーソルを画面下部に移動しタスクバーが隠れていないか確認する
  • Ctrl+Alt+DelからPCを再起動する
  • 「タスクマネージャー」を使ってエクスプローラーを再起動する
  • Windows 10を再インストールする

このページを見ている人におすすめの商品

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top